ラインシステム
HOME > > ショアジグ

釣り入門講座

■ショアジギングとは?

日本沿岸でよく釣れる青物を中心とした釣りで、防波堤などからジグをキャストして狙う釣りです。対象魚はイナダ(ハマチ)、カンパチ、サワラ、シイラなどの回遊魚が中心です。いずれも遊泳力のある魚が対象なので、常にルアーをキャストしリトリーブするので体力勝負の釣りでもあるといえるでしょう。ヒットする魚はいずれも良く引く魚ですし、ときには1m近いものがヒットすることから身近でありながらビッグゲームが楽しめる非常におもしろい釣りです。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHING

■釣り場は沿岸部の防波堤がメーン

陸からジグをキャストして釣ればそれでショアジギングになるわけですが、ここでは比較的気軽に釣行できる防波堤からのジギングを中心に採り上げてみましょう。
防波堤ならば足場もよく、青物の回遊もあるので発生したナブラに向けてジグをキャストするというのがこの釣りの基本的な釣り方です。一般的に釣りやすいとされている40~50cmの青物を対象にした場合以下のようなタックルが基本となります。キャスティングと高速リトリーブを繰り返すので体力的に無理のないタックルを選ぶのがとても大切。パワーや長さだけで選ばず、自分の体力にあったバランスタックルを選びたいところです。また、ラインはナイロン、PEラインの2タイプがありますが、最近ではPEラインを使用するアングラーが多い傾向が見られます。やはりラインの細さによるジグの飛距離の出しやすさや感度、ルアーの操作性などの面からもPEラインのほうが優位なのでしょう。

ロッド:キャスティング可能なルアーウエイトが40g程度で長さが12~13ft
リール:シマノさんの場合4000番程度、ダイワさんの場合は3000~3500番程度でPE2号が200m以上巻けるもの。
ライン:ナイロンの場合は3号、PEラインの場合はLIGHT JIGGING PE ULTRA X4の1~2号にSHOCK LEADER LIGHT JIGGING5~7号を1.5~2mの長さで結束。根の多い場所ではフロロカーボンのSHOCK LEADER LIGHT JIGGINGがよい。
ルアー:メタルジグ28~60g

おすすめ使用製品
JX8
BX8
PEX8

JIGGING PE X8 200/
JIGGING PE X8 300

BOAT LIGHT GAME X8

CASTING PE X8

NL
FC

SHOCK LEADER NL

SHOCK LEADER FC 50/
SHOCK LEADER FC 30



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.