ラインシステム
HOME > > タイラバ

釣り入門講座

■タイラバとは?

タイラバという釣りはもともとは長崎県や徳島県の漁業で使われていた「鯛カブラ」をアレンジして完成した釣りです。日本の伝統的な漁法で、鉛玉(ヘッド)に数センチのハリスを付け、それにウタセエビなどの餌をつけて釣る方法から、ビニールやラバーといった素材を使った擬似餌(ルアー)となり関西方面から全国へ広がりました。現在ではさまざまな形状のものが研究実釣され、効果的なタイラバ(疑似餌)が開発されています。このヘッドを使いダイレクトなアプローチでタイをヒットさせるところからゲームフィッシングとしての要素が高まり人気のある釣りへと認識が広まっています。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHING

■タイラバの基本的な釣り方

タイラバの基本的な釣り方はさほど難しいものではありません。タイラバ(ヘッド)は一定の速度で巻くだけでアクションを発生するのでタイを誘いヒットへ導きます。ヘッドは水流を受けフラフラとダートしマダイを誘うのです。さらにヘッドの持つアクションをより効果的に見せるためにラバーでできたネクタイやラバースカートが装着されています。
ボートからの釣りとなりますが、ポイントでは垂直に狙う方法(バーチカル)とヘッドをキャストして狙う二つの方法があります。バーチカルの基本は真下に落として着底したら巻き上げる。そして再び着底させ巻き上げる。」という単調な動作の繰り返しで十分です。また、ヘッドを真下に落とす際は、必ずリールのスプールを親指で押さえて抵抗を与えてラインの出をセーブするとヘッドが海底に着いたかどうかがわかるので必ず行いたいテクニックです。これを行うことで根ガカリやオマツリを防げるので必ず行ってください。
続いてキャスティングをして狙う場合ですが、ヘッドをキャストし着底したらすぐにリールでの巻き取りを始めます。およそ10mリーリングしたらリールのクラッチを切ってヘッドを着底させます。そのあと再びリーリングをします。
この操作を2、3回繰り返すと自分の真下までヘッドが来ればヘッドを回収して再度キャスティングして同様の操作を繰り返せば良いでしょう。釣果を左右するのはヘッドの巻き上げスピードですが、バーチカルに狙う場合よりも巻き上げ速度が速くなることが多いようです。

■タイラバのタックル

ロッド:タイラバ専用ロッド(長さ6.3~7.0ft(約180cm~210cm)
リール:ベイトキャスティングリール(両軸リール)でPE0.6~0.8号が200m巻き込めるサイズのものでギヤ比が1:62ぐらいのもの。
ライン:ラインシステムタイラバ0.8~1号200m
リーダー:ラインシステムタイラバショックリーダー12lbを1ヒロ程度
※リーダーとメインラインはシステムを組んで接続する。
ヘッド:基本的に「水深50mの場所では50g」というふうに、水深1mに対して1gの重さのものを選ぶと良い。最近では比重が高く全体のシルエットが小ぶりになって操作性が高くなるタングステン製のヘッドに人気が集まっています。



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.