ラインシステム
HOME > > トラウト

釣り入門講座

■トラウトフィッシングとは?

トラウト、いわゆるマス科の魚を対象にした釣りは日本だけでなく海外でも広く愛好されている釣りです。狙うトラウトも非常に多岐にわたることから、そのスタイルも非常に多くあります。エサ釣りはもちろん、フライフィッシングやルアーフィッシングなど楽しみ方は様々ですが、ここでは手軽で誰でも楽しめるルアーフィッシングを中心に解説してみましょう。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHINGHOW TO FISHING

■釣り場は管理釣り場と自然の河川や湖沼の二種

トラウトが釣れるフィールドは日本国内では自然の河川や湖、池ですが、いずれも管理されています。その度合いによって比較的自然に近いフィールドなのか一般に「管理釣り場」と呼ばれる場所の2タイプに別れます。

●自然の河川での釣り/渓流・源流域

自然の河川での釣りは流域に応じて釣り方が異なります。河川の源流域では川幅もさほど大きくなく釣れるトラウトがヤマメ、アマゴ、イワナといったサイズが小さいトラウトなので小型のルアーが中心。川下側から川上側にあるポイントに向かってキャストをして川を遡っていくのが基本の釣り方で、大きな石、エンテイ、瀬から淵へとの変わりめといった流れに変化がある場所を正確なキャストを繰り返して狙います。使うルアーはスプーン、スピナー、小型のミノープラグです。いずれも障害物やボトムの近くを正確にトレースすることがヒットへの近道です。

○源流域のタックル

ロッド:4.6~5.5ftウルトラライトのスピニングロッド
リール:1000~1500番のスピニングリール
ライン:ナイロンライン3~5lb

●自然の河川での釣り/中・下流域

水温の関係で日本のトラウトは渓流や源流域を中心に生息しますが、河川によっては中流域よりも下側でも釣ることが可能です。その場合魚のサイズもやや大型化し、25~30cmぐらいから場合によっては40cmを超えるサイズになっていることもあります。また、海から遡上するサツキマスやサクラマスならば50cm以上のものも釣れるので専用のタックルが必要でしょう。
これらのトラウトは主となる川虫などだけでなく栄養価の高いコアユなどの小型の魚などもエサとなるため大型化が進むものと思われます。狙い方の基本は源流域とおおきく変わりません。中流域に見られるエンテイやテトラによる護岸された場所、瀬と淵の変化、大きな岩など障害物がポイントの目安となります。また、高ポイントが点在していても水位が下がったりするとルアーへの反応が極端に悪くなる傾向が強いでしょう。身の安全を感じられる雨による適度な増水や濁りの出始めなどは好釣の前項のチャンスといえます。

○中流域のタックル

ロッド:6~7.6ft ライト~ミディアムライトアクションのスピニングロッド
リール:1500~2500番のスピニングロッド
ライン:ナイロンライン4~8lb
ルアー:5~10gのスプーン、5~7cmのミノープラグ

○中~下流域のタックル

ロッド:7~8.5ft ライト~ミディアムライトのスピニングロッド
リール:2500~3000番のスピニングロッド
ライン:ナイロンライン6~10lb(障害物の多い場所ではリーダーを結束する)
ルアー:10~28gのスプーン、7~13cmのミノープラグ

●管理釣り場での釣り

以前から「エリアフィッシング」と呼ばれるジャンルの釣りです。規模はまちまちですが、池や小型ダム、河川、プールなどを利用し、そこに大量のトラウト(ニジマスを中心にブラウントラウト、イトウなど)を大量に放流した人工的な釣り場で、だれでも気軽に釣りが楽しめる場所です。しかし、数を釣るとなると独特のテクニックが必要となり、今では一つのジャンルとして確立されています。
管理釣り場では釣った魚を持ち帰れるところもありますが、キャッチ&リリースがルールの場所もあるので、おのずと学習を積んで簡単には釣れません。そこで、細いラインとソフトなロッド、管理釣り場に効果的な小型のルアーを使用します。警戒心を持ったトラウトはルアーに興味を示してもなかなか口を使ってくれませんし、ルアーに反応しても一瞬だけ加えすぐに吐き出すので、加えたルアーを弾かず確実にハリガカリさせるためにソフトなロッドと伸びの少ないラインの組み合わせがいいようです。
釣り方の基本は、使用するルアーがアクションする最低速度で一定のリトリーブをするだけです。アタリが来ても慌ててあわせずに、リールを少し早く巻く程度でフックアップします。何より、ルアーへアクションを加えることやキャスティングのしやすさなど総合的にバランスしたタックルが必要でしょう。

○管理釣り場のタックル

ロッド:管理釣り場対応スピニングロッド(専用のベイトロッドでも可) 5.5~7.6ft
リール:1000~1500番スピニングリール(ベイトロッドには小型ベイトリール)
ライン:ナイロンあるいはフロロカーボンライン2~6lb、PE0.3~0.4号(ショックリーダーはフロロカーボン1.25号をMIDノットなどで結束する)

おすすめ使用製品
rfc
rnl
fc
nl

TROUT RIVER FC
(フロロ)

TROUT RIVER NL
(ナイロン)

TROUT AREA FC
(フロロ)

TROUT AREA NL
(ナイロン)



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.