ラインシステム
HOME > > ヤエン

釣り入門講座

■ヤエン釣りとは

ヤエン釣りとはアオリイカをターゲットとした釣法のひとつで、道糸の先端にセットした活きアジを自由に泳がせ、それを捕食するために抱きついたアオリイカをヤエンと呼ばれる専用の掛けバリを後から投入し、掛けて釣るというユニークな釣法です。主に西日本を中心にファンが非常に多く特に紀伊半島は毎年3kg以上の大物が釣られる事も珍しくありません。テクニカルなやり取りと掛けた後の引きの強さ、さらには食べておいしいなど多くの楽しみを有する釣りといえます。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHING

■ポイントはヤエン投入のタイミング

ヤエン釣りは他の釣りとは大きく異なる釣り方で成り立っています。通常の釣りと違い、エサを抱いたアオリイカをヤエンという専用のハリで掛けて獲り込むという仕組みになっています。警戒心が強く、目のいいアオリイカなどを釣り上げるにはこの釣り独特のテクニックが求められ多くのファンを魅了していますが、もっとも難しい部分がヤエンを投入するタイミングといえるでしょう。最初のうちはどのタイミングでヤエンを投入すればいいのかがわからず難しいように感じるものですが、イカさえいれば頻繁にエサを抱きにくるので何度もチャレンジしてヤエンの投入タイミングを感じ取りましょう。

道糸を十分に出しイカを安心させたらゆっくり巻いて手前に寄せ、道糸にヤエンが投入しやすい角度がある程度付いたらいよいよ投入です。この時に色分けされているラインを使うと投入のタイミングがわかりやすため非常に便利です。 投入時は道糸が絡まらないようにヤエンをセットして竿を立てます。ヤエンの自重でエサを捕食しているイカまで到達します。その後大きく合わせてヤエンに掛かるという仕組みです。 この釣りではヤエンが非常に重要な役割を持つた市販品も非常に多く、自作する人も珍しくありません。いずれにせよ様々な工夫が施されたヤエンを揃えあれこれと試すのもこの釣りの楽しみといえるでしょう。

竿:磯竿1号~1.5号 4.5m~5.3m
リール:2000~2500番の小型スピニングリール
道糸:アオリヤエンN300
ハリ:チヌバリ1号~2号
ヤエン:35cm~40cm

HOW TO FISHING
おすすめ使用製品
アオリイカヤエンN300

アオリイカヤエンN300



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.