ラインシステム
HOME > > ヘラブナ

釣り入門講座

■ ヘラブナ釣りとは

ヘラブナ釣りは淡水魚の中でも非常に奥が深い釣りのひとつで、ベテランをはじめ多くの愛好者がいます。40cmオーバーの大型になるとフナとは思えない強烈な引きで楽しめることも愛好者が多い理由のひとつです。ヘラブナ釣りは管理された池での釣りとダムや湖、野池などでの野釣りとやばれる釣りの2種類があります。
今回は比較的誰でも楽しめる管理釣り場でのヘラブナ釣りについて紹介します。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHING

■ 基本的なヘラブナ釣りの仕掛け

1.浅いタナ(1メートル)での両ダンゴの釣り(宙釣り)
ヘラブナ釣りができる管理釣り場ではタナ(釣ってよい水深)の規定が設けられています。多くの場合1メートルに設定されていることもあり、中層魚のヘラブナには比較的釣りやすいタナと言われています。しかし、多くの釣り人がこのタナを狙うためにヘラブナが学習をして釣りづらい場合もあり、非常に高い技術が必要でありテクニカルな釣りが楽しめることから多くのファンはこの釣り方で楽しんでいるようです。特に両ダンゴの釣りは餌のバラケ具合と持ち具合のバランスが重要。比較的バラケの良い餌をしっかりハリに持たせるためにややサイズの大きいハリを使うのが餌使いの幅をいっそう広げるコツといえるでしょう。また、魚の反応に応じてハリスの長さをアレンジするのことも必須でしょう。

□1m両ダンゴの仕掛けの概要
竿:規定いっぱいの短竿(8尺程度)~13尺
道糸:極弦0.8~1.2号
ハリス:極弦0.35~0.6号、長さ上鈎8~30cm、下鈎15~40cm
ハリ:5~7号(水深が深くなる場合や魚の活性が高いときは大き目を使用する)
ウキ:CrucianSR-1(5.0~6.5cm)、CrucianSR-2(5.0~6.5cm)

HOW TO FISHING

2.チョウチンのセット釣り(宙釣り)
竿の穂先近くにウキが来る「竿テンテン」や「チョウチン釣り」という釣りにも浅ダナ同様、固形の食わせ餌などを使った「チョウチンセット」というスタイルの釣りが存在します。基本的な仕掛けの構成は浅いタナのセット釣りと大きな違いが見られませんが、より深いタナを狙うので使用するウキのサイズが大きくなります。また、しっかりとヘラブナを寄せるために500円玉大のバラケ餌を使うケースもあります。そのため餌やウキのサイズに合わせてハリ、道糸といった仕掛けの主要な部分はやや大きく、太いものを使うのが高切れや糸絡みといったトラブルを未然に防いでくれるでしょう。特に近年では8~9尺といった短竿を使い桟橋直下に居つく良型を狙った釣りが流行中。ビギナーでも気軽に楽しめる釣りなので大いに試してみてはいかがでしょうか。

□チョウチンセット釣りの仕掛けの概要
竿:規定いっぱいの短竿(8尺程度)~21尺
道糸:極弦0.8~1.2号
ハリス:極弦0.35~0.6号、長さ上鈎5~15cm、下25~80cm
ハリ:3~8号(水深が深くなる場合や魚の活性が高いときは大き目を使用する)
ウキ:CrucianMR-1(7~10cm)、CrucianMR-2(7.0~15.5cm)



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.