ラインシステム
HOME > > 筏

釣り入門講座

■ 筏釣りとは・・・

釣りに使われる筏は、釣り人が乗っても安全なようにフロートと呼ばれるいくつかの浮力体の上に井桁状に木材を渡して組み、板材で甲板を張って作られています。
元々は養殖のための筏でしたが、筏やロープに居着いた貝や小生物を狙って、チヌが集まることに気が付き、自然発生的にこの釣りが始まりました。今回はこの筏に付くチヌをダンゴを使って釣る方法をご紹介します。
HOW TO FISHING HOW TO FISHING
HOW TO FISHING

仕掛けは非常にシンプル!
筏釣りはハリスを使わず道糸を直結したハリ一本で勝負するシンプルな釣りです。刺し餌が付いたハリを野球ボールよりやや小さめぐらいに形を整えたダンゴでくるみ海底に届け魚を集めます。
ダンゴはメーカー品や渡船屋さんが用意しているダンゴを使ったほうが初心者には使いやすく釣果も上るので利用しましょう。
刺し餌はボケ、シラサエビ、オキアミ、サナギ、アケミ貝、カニ、生ミック、コーンなどいろいろありますが、釣り場、季節によって当たり餌がありますから、釣行の際には渡船屋や地元の餌屋から情報を仕入れて、その上で自分の好きな餌を数種類余分に持っていくようにすれば良いでしょう。
筏に乗ったらすぐ仕掛けを作るのではなく、魚を集める為にちょっと大きめ野球ボール大に固く握ったダンゴを潮下に投入します。チヌは回遊していますから、撒き餌の臭いや濁りを嗅ぎつければ、必ず潮下側からやってきます。
おびき寄せ用ダンゴを投入したら、手をきれいに洗って仕掛けを作りダンゴをハリに付けて水深を測ってみましょう。水深がわかったらマジックやウキ止め糸などで目印を付けておくと、水深がいつでも分かります。水位は変化しますので時々は再チェックするよう心がけてください。
ここまでくれば準備万端、あとは刺し餌がついたハリをダンゴで包み投入するだけです。
アタリは微妙な竿先の動きや糸の動きでとることになるので、糸を張りたいところですが、張りすぎるとチヌに対して違和感を与えてしまい食いが悪くなります。逆に緩めすぎてしまうとアタリがわからなくなってしますので、適度なところを保ち続けると確実にアタリがキャッチでき結果的に釣果が伸びます。

竿:1.5m前後の筏専用竿
リール:筏用下向きリール
道糸:筏かせプレミアムマーク1 1.5号~2.5号
ハリ:チヌバリ3号~5号

おすすめ使用製品
m1
con
tec

筏 マーク1
(フロロ)

筏 コンペティション
(フロロ)

筏 テクニカル
(フロロ)

pg
pre

筏 パワーゲーム
(フロロ)

筏かせ プレミアム
(フロロ)



新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.