ラインシステム
HOME > > Fishing Reportor 古澤英二氏からのレポートが届きました。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年03月23日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reportor 古澤英二氏からのレポートが届きました。


仲良しクラブ合同例会として、和歌山は、南紀勝浦に行って来ました。

いつもの、トーナメントのようなピリピリ感はなく、フレンドリーな感じが、◎です。

参加人数50名で、沖磯組、湾内組の半数で別れて乗船。
水温15.6℃
良いんでないでしょか。

自分達は、ライオン磯に、五人で降りました。

開始早々から、25センチ程の、勝浦サイズゲッツ(^-^)v

暫くやっていると、際のシモリから、グレが浮いてきたのが、目視出来ました。
矢引程に、見えておるのは、小型のグレ、その下に、良型がおるのではないですか?

少し撒き餌から、離して仕掛けを投入、

あたりこそ、小さく、渋いですが、30センチあるなしのサイズが、釣れてきました。
ライオン、釣れますね。
三月なのに、この活性!

ハーフタイムで、釣り座交代、

ここは、遠投でしょ!という場所に。

磯バックから、マルキュー  グレパワー遠投を取りだし、コマセに半袋混ぜ込み、遠投性を更に強化し、藤原ウキの、0のLに、変更。

先程の状況からしても、
グレのタナは、絶対に浅い、
活性は、悪くないと判断し、針も大きめの、ヤイバXフカセ遠投モードの3号(グレ針の7号相当)に、チェンジ。

ハリスは、潮馴染みを考慮し、又、スルスルに対応出来るよう、ラインシステム磯ハリス1.2号を10メートルとりました。

前に見えるシモリの、その向こう側迄、ブッ飛ばします

仕掛けが、まだ馴染まないうちに、藤原ウキのLサイズが、一瞬で消えました。

イーですねぇ、1投目デスヨ(^O^)

30センチ。まずまずデスネ
イメージ通りに、釣れて気持ちいい‼

餌が入り過ぎると、たまにサシエサが残るような時もあり、そんなときは、遠投は遠投でもポイントを、あちこち変えていくことで、30センチ程のグレを、拾っていくことが出来ました。

サシエサは、マルキューさんのスーパーハードのMが、抜群に良かった。
きっと、
アミノ酸αに、漬け込んだからでしょう。

仕掛けとしては、喰うときは1ヒロのタナでも、喰ってくるし、かと思えばゼロスルで、4ヒロくらい入れてやると喰った時もあった。

そんなときは、型が良かったが。

一日を、通してタナは不安定な気がした。

今回のルールは規程寸法無しの、5匹重量です。
20匹程キープしましたが、
その中で、五枚をピックアップ。
さて、結果はいかに?

ナントナント!
自分は、湾内組で、個人優勝です!
更に最長寸でも、賞を頂きました~(^O^)

そして、我G―stageの、N会長は、
沖磯組の、最長寸、43.5センチゲッツ!
お見事
でかかったです。

見ず知らずの、他のクラブの方とも釣りを通して和気あいあいと、親睦が出来まして、サイコーサイコーでした。

御世話して頂いた、伸釣会さん有り難う御座いましたm(__)m

又、やりたいですね

mark ヤイバウルフロッドタイプ1 1.25-50
mark トーナメント磯2500
ワックスサスペンド1.5号
フカセ磯ハリス 1.2号

ヤイバX
釣闘競技 6~7号
フカセ遠投モード2~3号

ウキ
藤原ウキ S-00、M-0、M-G2、L-0


生オキアミ9キロ
マルキュー
のりグレ
遠投フカセTR
爆寄せグレ
グレパワーv9
グレパワー遠投

スーパーハードM
アミノ酸α

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.