ラインシステム
HOME > > 奈良県東吉野・高見川の鮎釣り

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月08日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

奈良県東吉野・高見川の鮎釣り


奈良県は東吉野の高見川へ鮎釣りに行ってきました。

高見川は山間の小さな川ですが、水は綺麗ですし、変化に富んだポイントがあり、流れも穏やかで釣りやすい川です。

当日は渇水でちょっと釣りづらいかな~ という感じでしたが、とりあえずごく浅いチャラチャラから始めてみました。

すぐ1匹目が掛かりましたが… 小さい…。
水温が高いのもあってこの小さいオトリはすぐに弱ってしまい循環ならず。

このままチャラチャラを攻めてもデカイのが掛かりそうにない雰囲気だったんで場所移動します。

少し下に下って、岩盤のポイントへ。

そこがアタリでした。
釣れるわ釣れるわ。良型鮎がバシバシヒット!

いかにもという場所でしたが竿抜けになっていたのでしょうか!?
まるでサラ場のように釣れるからびっくりです!

いよいよ入れ掛かりモード突入!
というところで、強烈なアタリがきて、オトリが鼻カンからふっ飛ばされてしまいました( ̄□ ̄;)!!

これで循環ストップして入れ掛かり終了。
嗚呼惜しい!
でもおもしろかった~(^○^)

一旦昼休憩で戻り
午後からはちょっと冒険して、普段はまず釣りに行かない流れの強い瀬へ。

そしたらこれがまたまた大当たり!
デカイ鮎がガッツンガッツン!
連チャンで掛かるもんだからたまりません!

さらに、その元気オトリを持って、瀬の下の流れを泳がすと
これまたガッツンガツンの入れ掛かり!

そこは対岸に茂った木がワサワサあって、ちょっとでも気を緩めたら仕掛けが枝に絡んでしまうデンジャラーポイントで、非常に釣りにくい。
ゆえに竿抜けになってたのか?
とにかく釣れる釣れる。
たまりまちぇ~~ん(≧▽≦)♪♪♪

最後は仕掛けを引っかけてしまって連チャン終了~。

まだまだ釣れそうでしたが、調子にのって頑張っちゃうと翌日にハゲシク堪えるお年頃なので、ここらで納竿。
釣果は満足の35匹でした。

綺麗な川に癒されながら、いいサイズの鮎を釣って… 実に楽しい釣行でした。
鮎の夏ももう終わりですが、名残惜しんでもう少し鮎釣りを楽しみたいと思います。


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.