ラインシステム
HOME > > Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年07月04日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


先日フィールドで知り合ったNくんに同船釣行に誘って貰いました😄

先々週だぅたのかなぁ?後れ馳せながら今季初のブラキオフィッシュでしたが
、やはり水面炸裂時の捕食音には鳥肌が立ちますね!

サイズは40半ばぐらいでしたが、特大サイズと2匹での奪い合いにはホントに興奮したねぇ😄

写真2

さてさてここでタックル紹介をしたいと思います👍

✳depsコンシトリクターGP
✳depsブラキオスティック
✳メタマグHG
✳ラインシステムBASS HARD
オールラウンド14lb

とてもしなやかで飛距離も出て強度も抜群!ライトブラウンカラーはラインメンディングもし易いんですね

このタックルセッティングでは止めて誘いバイトを誘発させる時やソフトに艶めかしい動きを演出する時などに多用します👍

写真3

そして次にご紹介するのは

✳depsハザードマスターGP
✳depsブラキオスティック
✳メタマグHG
ラインシステムBASS HARD FC
ベイトストロングスタイル12lb

これに関しては連続ドッグウォークや高速トゥイッチなど、止める必要のない場合やフロロカーボンラインの特性を生かしたキビキビとした動きを演出する時などに多用します

その他、正式にはあと3種類ぐらいの組み合わせも時と場合により有りですね👍

堅めのロッドでトップウォータープラグでカバーを撃つ時にはベイトストロングスタイル16lbだったり、引きしろが2~3㍍もあれば十分バイトは得られます!それにPEセッティングなどなど👍それについてはまた機会があれば書くとしましょう笑

使用タックルによりラインセレクトは変わってきますので、あくまでもご参考程度に宜しくお願い致します
写真4


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.