ラインシステム
HOME > > Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年07月06日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


約1年ぶりのとあるフィールドは、友達のNさんのバックシートにちょいとお邪魔しまして・・・(笑)
彼との同船釣行はに5年振りぐらいになるのかなぁ?
ここ近年ではこのフィールドで一番実績を挙げていると言っても過言ではないでしょう👍

午前5時スロープを離れガイド開始(笑)ピンポイントをランガンしていきNさんはフロントよりトップ&クランクでフィーディングフィッシュを狙うスタイル、同じ事をやっても仕方がないので自分はそれより下をジグで攻めていくと、早々に回復系のヨンパチくんをゲット出来たねぇ👍

写真1 写真2

次なるポイントは大場所の水通しのいい大きな岬です(彼のポイントなので一応はモザイクね笑)同じく4㍍強のボトムをジグで探ると小さいけれど鋭くパチッっとバイトしてきたので、グリグリグリ~ってラインスラッグ取りつつ、思いっきり仰け反りながらフッキングすると、如何にもって感じの重量感がロッドに伝わりナイスファイトしたけどさぁ~Bait  Strong  Style16lbなので安心ですね👍

完全回復系(メス)の54㌢2500㌘はありそうなナイスワンを追加できましたが、バックシートならではの釣果とも言えるでしょうね😄

写真3写真4 写真5 写真6

そしてNさんも同じくジグで48㌢をゲット!魚の動きを良く捕らえていて流石ですね😄短時間ですがもぅ完全にハマってる感じです。そのまま上流域に向かい定番の大場所でまたもジグに明確な反応を得られました👍流れのあたるバックウォーターに近いこのエリアのBASSは尻尾の付け根が太く毎回いいファイトするんだけどさぁ~、水温も本湖より5℃も違うのでまだプリのママ!ダメ押しの52㌢は更にウエイトが乗り超パワフルだけど、圧倒的なラインパワーで楽勝でした

正に狙ってるタイプのBASS❗❗❗コイツらを掛けた時に余裕で勝負出来なくてはなりません👍ラインに対して少しでも不安があると消極的なフッキングになったり、必要以上にファイト時間も長くなりBASSへダメージも与えます、自分がランディングネットを使うのもその理由の一つなんですよねぇ(笑)

そして大大大満足の3連発にて自分は早々に上がらせて頂きました~ご馳走様でした~Nさん💘王道の大場所でも、すべき事をキッチリやれば結果は出るという事を再認識出来て勉強になりました😄

タックルデータ

✳depsアウトスロスGP
✳depsフラットバックジグ1/2
✳depsバルビュータ4インチ
✳メタマグMGL・XG
✳ラインシステム
BASS HARD FC
ベイトスロングスタイル16lb

写真8 写真7


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.