ラインシステム
HOME > > Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年06月06日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


実は2連敗中で少しのdilemma!昨年より一向に改善されない野池の減水傾向で相変わらずのフィールド貧😭たまらず超温存の小さなフィールドにヒロシくんと同船釣行です。混在で気難しい季節ながら、予想通りなエリアにいいBASSは必ずいてタイミング次第です👍絵を見て自然と握り替える事が出来ると、あっさりとプリの50アップ。 

写真2

やはり釣れない時は釣れない😅釣れる時ってこんな感じでスムーズに釣れます!
釣れた時の結果を理論付けて解説しよ~とすると、理屈っぽくなり不自然にもなると自分は思います。そんな事よりも!?釣れた時のシーンを良く記憶しておく作業が大切だと思いますねぇ👍
その時の天気やエリア風景、風や音や水の色etc.釣れた経験や釣った経験、色々とあると思いますが、いつもいつも狙ってた通りにBASSが釣れる訳じゃ無いよねぇ?たまには予想外な釣れ方や、こんなに簡単に釣れるの?って思う事があると思うんだけど笑
経験上のそのシーンを自然と再現出来る事こそが、その人が持つ『スーパーテクニック』であり、釣り人なら必ず誰でも持ち合わせているテクニックの1つだと自分は思います。以外と気付いていない人が多いようにも思えます😁

同じ作業を繰り返し、少しだけルアーサイズを小さくしたり大きくしたり、少しの工夫と味付けで2本目のBASSをキャッチできましたよ!

写真3 写真4

タックルデータ

✳depsハザートマスターGP
✳depsサカマタシャッド8・6インチ
✳ラインシステム・BASS HARD FC
Bait Stlong Style12lb

写真5

写真6


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.