ラインシステム
HOME > > 渓流レポート

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年08月28日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

渓流レポート


今年は台風10号の影響の雨以降奈良県 五條市周辺は雨が多く

水量が落ちません。毎日の様に雨も降り濁りが出ています。今回もホームグランドの舟の川に天然アマゴを狙いに行って来ました。

 

 

夜明けが少し遅くなり5時半に川に入りました。

少し濁りは取れてきていましたが良い感じの水量アマゴの活性が高そうです。

 

 

川の底は青白く川幅も削られていたので、台風の大雨でかなりの流れになっていたのだと思います。

今日は師匠と少しだけ釣らせて頂きました。

 

 

魚の付いている場所・石などアドバイス頂きながら釣りました。

流石、後ろを歩く師匠が私の釣った後をボコボコ釣り上げます・・・

 

 

『しっかり底の流れに入っていない!』 『底10cmをオモリが転がるイメージ!』

アドバイス頂いた事を実践しながら釣り上がりました。

 

 

大きな淵でも着底をイメージしてゆっくり竿を上げ仕掛けを張る目印がコツン!!

水流が有り体高もあるので凄い引き流心に突っ込み上がりません。

 

綺麗な背中が青白い綺麗なアマゴでした。川底が綺麗なので魚も白っぽいです。

どっしりとした重量感

 

 

春のアマゴとは全く違う引きでした。

釣り上ると小さな落ち込み奥に大きな石で反転流で流れが緩やかになっています。

 

その緩やかな反転流の流れに仕掛けを入れゆっくり流心に仕掛けを入れます。

川の流れと底に入った仕掛けのれ方が全く違います。

 

 

綺麗に流れているなぁと思っていると目印がツン

このアマゴも綺麗な幅のある天然のアマゴでした。雨脚が強まり10時で今回は川を上がりました。

地盤が緩んでおり、落石などが多いです。タイヤのパンクや増水など危険を感じたらすぐに上がりましょう!

 

 

また、複数での釣行を心掛けて下さい。

mark 渓流竿 硬調5.3m
天糸 クルージャンへら道糸 PET 0.6号
道糸 渓流FC0.3~0.5号
エサ イクラ
その他 オモリ ゴム張りガン玉 2B~5B
針  ハイパー渓流 5~7号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.