ラインシステム
HOME > 7月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年07月31日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

古澤英二氏からのレポートが届きました。


お疲れ様です、古澤英二です。

クラブの例会として、和歌山は串本の樫野の磯に行って来ました。

真夏の磯釣りということもあり、
港では、お客様もまばらです。

毎度御世話になります、池畑渡船さん。

5時の出航です。

本日の利用磯は、
樫野の名礁磯「コガツオ」

沖磯でロケーションも最高!
ワクワクです。

株式会社ラインシステム 釣行写真

四人で場所決めジャンケン

時間を決めて、ローテーションしていきます

私は水道側からスタート

磯際には、
オセン、タカベ、ムツ等の大量の餌捕り達。

足元に引き付けたいが、
餌捕り達は沖にまで、群がっているようです

しかも、毎年このシーズンは、25 30センチの中イサギが、餌捕りとなるんです。

少し、深く仕掛けを入れたりすると、
必ずと言っていい程、イサギが喰ってきます

クラブの仲間達も、早速イサギを掛けているようです。

株式会社ラインシステム 釣行写真

食べて美味しい魚なので、お土産にと必要な分だけキープ。

しかし、狙うはあくまでグレ

沖は、大量のイサギが湧いているようなんで、足元のサラシを攻めてみます。

浮き下は、矢引より浅いかくらい。

サラシが出るのを見計らい、仕掛けを投入。

なんと一発目で、浮きが消し込んだ!

 

今までとは違う重量感。
足元に、突っ込もうとするのはグレでしょう

28センチ程のグレをキャッチ。

株式会社ラインシステム 釣行写真

この後、同じパターンで、同型を3枚追加出来ました。

メンバー達もグレもポツポツ釣れますが、やはりイサギに手を焼いているようです。

場所交代の時間となり、
次は勝浦向きの、先端へ。

ここも大サラシが出るので、
これを上手く利用するしかありません。

浮き下はやはり、一ヒロ以内。

それより下は、イサギが喰ってきます。

 

サラシに飲まれた仕掛けを、張っていますと
竿先に変化あり。

まずまずの重量感。

浮かせたのは、先程より一回り大きくなり、35センチあります。

その後も、サラシ周りを細かく攻めて、同型を3枚、5枚と、追加していけました。

その間も相変わらず、イサギは食い上がってきますが・・・。
さすがにリリース

 

夏磯は、過酷なイメージが有りますが、周りは水面なんで意外と涼しく、この日も風がそよそよと、思いの外、快適でした。

他のお客さんは、少なくて希望の磯に乗 れるチャンスもあり、私は好きですけどね。

正午くらいでしょうか、手元までくるアタリが有りました。

沖に走ったので、型のいいイサギかと思いましたが、けっこうな引きです。

やり取りをしていますと、足元の根に入り込んで来ます。

「これはグレやな!」

結束強度が増した、ラインシステムのニューハリスを信頼し、強引に浮かせました。

この日の最長寸、39センチ、タモ入れ成功♪

株式会社ラインシステム 釣行写真

みんなの体力も考慮して、2時に納竿としました。

株式会社ラインシステム 釣行写真

小型のグレはリリース

イサギのお土産は数知れず。
25~39センチのグレも13枚釣れまして、夏磯を満喫出来ました。

mark ファイアブラッド デクストラル50
mark BBX2500
ラインシステム
ワックスフロート1.75
ラインシステム
磯ハリス 1.5 1.75
その他 ●ハリ

針 ヤイバX
グレリズム オキアミ 6号
釣闘競技 6号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.