ラインシステム
HOME > 11月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年11月03日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


【鳥羽沖カワハギ乱れ食い】
鳥羽沖漁礁でのカワハギが調子いいという連絡をもらい、先日釣りに行ってきました。

この漁礁、夕方3時過ぎになるとカワハギが集まって来て、猛烈な勢いで捕食活動を行うという

知る人ぞ知るカワハギの爆釣ポイントなのです。

去年は外れ年でイマイチでしたが、2年前は猛爆な釣れ具合で食いっぱなし。

15時から17時の2時間で60匹近く釣れました。

今年はその2年前に匹敵する食い具合だそうで楽しみです。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

鳥羽・相差の魚勘丸にお世話になり

仲間6人と他3人のお客さん(合計9人)でレッツゴー!

 

午後2時 アンカリングされて釣り開始。

カワハギの猛烈捕食タイムにはまだ少し早いので、スイッチが入るまでぼちぼちやることにします。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

しかしこの日は潮が速く、おまけに二枚潮。

私の釣り座は右舷の胴の間だったのですが、仕掛けがどんどん船下に流されてしまい制御不能。

漁礁だけに根が荒く、根ガカリ頻繁。

とりあえず釣りになりません(泣笑)

 

あまりに根ガカリがひどいのでアンカーを上げて「流し」の釣りに変えてもらいますが

ポイントには左舷から入っていくそうで、右舷側は変わらず厳しい状況が続くのでした…(T△T)

株式会社ラインシステム 釣行写真

そうこうしてる間に15時が過ぎ、そろそろカワハギたちが例の場所で荒食いを始めるだろうということで再び漁礁に戻ってアンカリング。

仕掛けを垂らすと…

 

やっぱり速潮で、また船底に流されていきます。

 

しかし!
そんな状況にも関わらず、それを凌駕する勢いのカワハギの乱食いタイムが始まっていました!

 

着底と共にモゾモゾ…
なにやら気配を感じます。

気配を感じつつ、一応タタキを入れてステイ。

すると、即・ガガガッ!とした激しいアタリあり。

カワハギヒットです!

次も、その次も、仕掛けを入れれば100%カワハギがヒット。

あれほど根ガカリしていたのに、根ガカリするまでにサカナが食いつくので根ガカリもなし!

まさしく乱れ食い!
この漁礁特有の猛爆超ジアイです。

 

またこのジアイ中はサカナのサイズが全部良くて、25センチクラスがばんばん。

ハリがのばされたり折れたりするバラシも何度かありました。

 

もう何をしても食ってくる。釣れてしまう。
そんな乱食いジアイですが、日が暮れるとピタッと食いがストップ。

そうなるともうどんなに誘っても、どんなにテクニックを使っても全く食いません。

それもここの漁礁の不思議なのです。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

なんだかんだで私はジアイだけで23匹釣ることができました。

根ガカリを回避できた右舷の名手は45匹と爆釣!

船中ほとんどの釣り人が20匹越えの釣果で、カワハギの気持ちいいアタリと引きを堪能できたのでありました。

潮がもうちょっとおとなしければ2年前のようにジアイだけで50枚越えも可能だと思います。

鳥羽沖漁礁での午後カワハギ釣り。
今年は結構たのしめそうですよ~♪

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
mark カワハギ専用ロッド
mark 小型両軸リール
カワハギ マルチ8 0.8号
その他 リーダー : SHOCK LEADER TAI-RABA 4号
使用仕掛 : ■仕掛け…自作カワハギ仕掛け ■オモリ…30~50号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.