ラインシステム
HOME > 12月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年12月17日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


【愛知県新師崎発・旬のヒラメ釣り】

今回のターゲットは「ヒラメ」

仲間と二人で、愛知県は片名・新師崎の石川丸さんにお世話になり行ってきました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真

石川丸ではヒラメ釣りは定員10人と決められていて、まあまあゆとりのある釣り座で釣ることができます。

絶対数が少ないターゲットで「博打釣り」といわれる釣りですので、少しでもヒット率が上がる人数限定はありがたいことです。

釣り座はクジビキで決め、私たちは右舷の7番・8番に。

7番(胴の間)に友人が入り、私は8番(後ろから2番目)に入ったのですが

この場所分けが後の運命を大きく変えることになろうとは二人は知るよしもなく…(謎)

 

AM7:00 出船
天気は悪なれど、波低く気温高めでなかなかいい日和。

船は順調に進んで、本日のポイント伊良湖沖に到着。
ポイントは水深20メートル以内で浅く、島の上やらブロック漁礁を流してゆくようです

エサはピチピチの活きイワシで、おかわりOK!
なくなれば中乗りさんが随時バケツに入れてくれる大名釣りシステム。

高額高級魚釣りはこうでないといけませんなあ(^皿^)♪

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真

釣り方は底をとってイワシをうまく泳がせておくだけ。実に簡単。

しかしボウズ当たり前と言われる釣りですので、アタリの数は非常に少なかったりします。

それでもイワシを泳がせる釣りというのは、なにかしらロマンがあって待ち時間もなかなかヨロシイもんなのです。

 

しばらくしてミヨシの方がヒット!
さらに2番目の方もヒット!

どうやら前からポイントに入ってるようです。

順番通りいけば、次に友人が当たるかと思いましたが…そこまで届かず。

アタリ途絶えます。
残念。

またしばらくして、ざわめく船上。

今度はトリカジ前方(左舷前)でヒット連発の模様。

ううむ… どうやらこの度はミヨシ席が有利のようだなあ…
なーんて思ってたらモゾモゾピコピコ!私の竿にアタリあり!

ヒラメは早アワセは禁物。
竿先がグィ~~~ンと絞りこまれるまでアワセは我慢。
いわゆるヒラメ40ってやつですね(^w^)

しかしこのたびは40待たずしてグィ~~~ンっていっちゃいました♪

平たいカラダをグネグネくねらせて暴れるヒラメの引きは激しく強く、バレるのではないかとハラハラしながら巻き上げます。

茶色い魚体が見え、中乗りさんがタモ入れをしてくれて、ようやく一安心。

そんなに大きくないけど嬉しい1枚が上がりました。

株式会社ラインシステム 釣行写真

それからしばらく間があいて…
2回目のアタリあり!

今度は40どころか10くらいでグインっていったわ。

そして今度のはさらに強い引き。
またドキドキしながら巻き上げて、タモ入れ完了!

2枚目はサイズアップ。
お腹真っ白な超天然ヒラメGETん!

 

アタリは前からか後ろからか。
唐突にやってきますので気がぬけません。

まあアタリがあればいいほうで、一緒に来た仲間は未だアタリなし。

釣り座によってアタリの出方が大きく違うのもヒラメ釣りが博打といわれる由縁です。

 

結局この後、良型のマゴチを1匹追加して、その後は1回も当たることなく終了となりました。

仲間は1アタリのみ。
それも甘噛みだけでHITならずだったので、アタリがあって獲物をGETできただけでもよしでしょうね!

 

今が旬の寒ヒラメ。
沢山釣れるターゲットではないけれど、イワシに食いつくまでのワクワク感と食いついてからのドキドキ感がたまらないターゲットです。
しかも抜群に美味しい!

この冬おすすめの釣りですよ!

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
mark オモリ負荷60号の船竿(6:4か7:3調子)
mark 電動リール
小舟PE(2号)
その他 リーダー : ショックリーダー7号
使用仕掛 : 胴突き1本針 オモリ 60号統一
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年12月15日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


【鳥羽・相差でのフグ釣り】
今シーズン初のフグ釣りに、ラインシステム社メンバーと一緒に行ってきました(^^)

場所は鳥羽・相差
船は「魚勘丸」

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

ターゲットのフグは「ショウサイフグ」に「コモンフグ」に「ヒガンフグ」
カットウ釣りで狙います。

LSTメンバーはフグ釣り初体験。
はてさて初フグGETとなるか!?

 

AM6:00 出船

天気は超快晴!
1年の釣行通してもマレな凪の釣り日和。

やはり普段の行いが◯◯だとこういう時に出るわよね( ´艸`)キシシ
あとはフグのご機嫌よろしく好釣果に恵まれればパーフェクト( ´艸`)キシシ

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真

そして船はフグ反応っぽいものを見つけて停止。

いよいよフグ釣りスタートです。

エサはアオヤギとバナメイエビのハッピーセット。
カットウオモリにたっぷりとつけて底まで沈めます。

水深は10メートルそこそこと浅く釣りやすい感じ。
釣り方はアタリを待ってちょいっとしゃくってひっかけるだけ。簡単簡単♪

 

…しかし反応に当ててるはずが、反応なし。

フグさんまだお目覚めではないのか?
それともフグ反応ではなかったのか?

 

流し直しすること数回。
ようやく我がメンバーがヒット!

LST社・Iくんが初フグGETです!

つづいて私もヒット!
今季初フグは小さめのコモンフグでした。

株式会社ラインシステム 釣行写真

そしてここから全員HIT・HIT・HITの嵐!

ショウサイ・ショウサイ・ショウサイ・たまにヒガン!

連チャンヒットもさることながら、掛かるフグがでかい!

これまでのフグ釣りで見たこともないキングサイズのショウサイも釣れてびっくり!

さらに外道もでかかった!
クワセ釣りではなかなか釣れない尺カワハギやでっかいマゴチがHIT。

みんな初カットー釣りとは思えぬほどHIT連発で、きちんと釣ってくれましたよ♪

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真

中盤以降はアタリが遠のき移動を繰り返す時間になってしまいましたが、ぼつぼつ釣れて10~20匹の釣果。

シーズンはじめ、初フグ釣りでなら十分な釣果かなと思います。
なんといってもフグのサイズがいいですからね。食べきれません(笑)

 

フグ釣りはこれからが本格的シーズン。
食べるにしても、てっさにてっちりが美味しい季節です。

ズシンと重量感が病みつきになるフグ釣りに、ぜひ行ってみてくださいね!

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
mark カットウ専用竿 もしくはオモリ負荷30号の先調子の竿
mark 小型両軸リール
カワハギ マルチ8 0.8号
その他 リーダー : SHOCK LEADER TAI-RABA 4号
使用仕掛 : カットウ仕掛け(カットウオモリ30号・自作カットウ針)

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.