ラインシステム
HOME > 12月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年12月16日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


『12月の尾鷲釣行』
今回は三重県引本のエヌテックマリンさんへ『五目ジギング』に行った時のレポートです。

12月になると、冬型の天候で釣行出来なくなることも、少なくありません。
そんな時でも尾鷲湾のように北西風の影響を受けにくいエリアもあります。
当日も他のエリアでは強風なのに、尾鷲湾ではベタ凪ぎという状況でした。

今回は、テンヤとライトジギング。
テンヤでは真鯛や根魚、ライトジギングではフラットフィッシュや青物狙いです。

まずはテンヤゲームからスタート。
7.3ftのスピニングタックルに、ラインは、LST boat light game X8 PE 0.5号に リーダーはboat egging leader 2.5号、テンヤは5号をセット。
水深25~30mを、ボトムから10mまでをリフト&ホールでチェック。
早速バイト!。
ドラグを唸らせて上がってきたのはE・S・O(泣)。その後もエソの猛攻が続きポイント移動に。
次のポイントではエソの猛攻もなく釣れそうな予感。
早速 船首の友人が真鯛を1枚ゲット、隣の友人も真鯛らしき魚をバラシ。いよいよ僕にもバイトがあり、すかさず掛けるもエソ(泣)。

気を取り直してライトジギングタックルに。
ベイトがとても小さいので60gのジグにLST boat light game PE X8 0.8号、リーダーはLST ライトジギングショックリーダー4号をセット。
少しキャストしてカーブホールさせた後、軽いワンピッチジャークを繰り返していると食い上げるようなミスバイト。追い食いが無いようなのでもう一度ジグを落としてみると、ホール中に再バイト。次はフッキング成功です。上がってきたのはイトヨリ。しかもナイスサイズでした。

株式会社ラインシステム 釣行写真
次のポイントでは、最初からライトジギングでスタート。
間もなく隣の友人がテンヤで真鯛をヒット。見事に読みがハズレた感(泣)。
あまり潮も動かないので、軽くキャストしながら『軽ピッチジャーク』を繰り返しているとホール中にバイト。上がってきたのはヒラメでした。
株式会社ラインシステム 釣行写真
今回の釣行では潮も動かず、かなり厳しい状況でしたが、ジグを真下に落とし込むだけでなく、キャストして横方向(斜め)に広い範囲を攻めるようにしたことが良かったと思います。ライトジギングタックルですが、boat light game PE X8 &ライトジギングショックリーダーの組み合わせなら安心してやり取りが出来ますヨ。

タックル1
ロッド
Vagabond クラーケン732
PEライン LST boat light game X8 0.5号
リーダー
boat egging leader 2.5号
テンヤ 5~8号

タックル2
ロッド vagabond
ARCDBSP390XX621
PEライン LST boat light game X8 0.8号
リーダー ライトジ
ギングショックリーダー4号
ジグ vagabondベムズ40~80g

偏光グラス BOUCHE マードック

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年12月10日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


『晩秋のライトジギング偏』

11月に入り、一日の気温差が極端になり釣行時の服装が難しい季節になりました。
この時期は、とりあえず防寒対策をして気温が上がれば脱いでいけるようにして釣行することをオススメします。

今回は、鳥羽でのタイラバゲーム。

季節風が強い為、中深海は中止になり湾内のライトジギングに。限られたポイントでの釣りになるので、よりライトなタックルが効果的です。
Boat light game PE X8 0.8号にリーダーはショックリーダー2.5~3号。
リーダーの長さは4ヒロ位とります。

ポイントに到着『ライトゲーム』スタートです。
水深35~40mを60gのジグで探るもノーバイト。ジグを100gにサイズアップしてリアクションバイトを誘発するもカサゴ×2のみ。
ジグの反応がイマイチなので、タイラバに変更(ジギングと同じタックル)。
リトリーブの速度を変えながら巻いていると、バイトは有るのですがなかなかフッキングまで至りません。ホール中のバイトは無いようなので、少し速い目のリトリーブにすると、やっとフッキング成功。
慎重に巻いてくると赤い魚体。真鯛です。活性が低いのか、フックは2本とも唇の外に掛かっていました。

その後もバイトは有るものの、なかなかフッキングまで至らず、真鯛2匹、カサゴ2匹で終了(ToT)
友人×2も苦戦しながら何とか真鯛ゲットして納竿しました。

今回もライトラインでのフィネスフィッシングになりましたが、低活性のときこそ釣果に差が出ると思います。
LST boat light game PE X8とLST ジギングショックリーダー、最高の組み合わせを一度使ってみて下さい。

タックル ライトジギング
ロッド
vagabond ARCDBSP390XX612
ジグ vagabond ベムズorタイラバ
ライン LST BOAT
LIGHT GAME PE X8 0.8号
リーダー LST ジギングショックリーダー 2.5~3号
偏光グ
ラス BOUCHE

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

 


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.