ラインシステム
HOME > 4月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年04月30日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


森水産カップ第2戦報告!

4月26日京都は日吉ダムで開催地された森水産カップ、ダムコンディションは減水がかなり進み徐々にプアーな湖と化しつつあり、予定していた戦略は一切通用しない現実に目を醒まされる中、参加26名でのスタートでした!

写真1

先ずは上流へ向け進んで行くが3メートル以上も減水し全く景色が違うに戸惑うが、クランクやジャークベイトで流して行き、やがて実績の高いワンドへ

ショア沿いをジャークしてると沖側の立木が目に入りバリソンミノーをキャストしジャーク&ポーズ、回収時にビッグバスのチェイス!

全てはこのチェイスから始まっていたのです(^-^;折り返しフォローの態勢での観察をしていると発見?この時期特有の動きなのか半径5メートル付近を行ったり来たりしている。

直ぐにもう1本も発見し確信に変わるが微妙である。
またこんな展開を強いられるのか?と葛藤が入るがサイズ的には初戦にバラした2本に匹敵する5キロ弱?
大会と名の付く競技に出ている以上はやらねばならないと自分に言い聞かせトライ!

時間は1時間ぐらい掛かってしまったがウロウロしているママは捕獲し推定2500オーバーでウェイン権利獲得し直ぐにもう1本を追加、2本で5キロ弱を揃え決心するが本来のスタイルを諦め切れないのが本音(^-^;

水深のあるカバーを廻り、テキサス&ラバージグを撃って行くが・・・水質はクリアアップされ、またこの時期特有の動きをするバスにとってカバーに着く必要性など全く無い事を直ぐに実感させられるハメになる

もぅ完全に想像パターンは崩壊、いや?スタート前には想像力もしていたがやはり(^-^;

それにしてもタックルが無い!ラインも太く10lbが一番細い。念の為持って来ていたプロトベイトフィネスにセットアップし出逢いの旅に出ました。

過去一度も行った事の無い下流エリア、温まりが早くそのシーズンがより早く始まるエリアは昇降スロープから数十メートル付近の小さなワンドと島周り、ブラインドで流しながらの見えバス発見にダウンショットのシンクロが成功しプリのナイスワンをget!この時点で推定6500にもなり、こうともなれば勝ちに拘るしかない!10本の強靭なタックルはほぼ封印決定。

写真2 写真3

その後も出逢いを求めロングランの旅にも出るがエリアが違い、結果的には元のエリアに戻りDSシンクロで推定1500のプリを追加、やがて3㌘スモラバでリミットメイクを達成するも・・・・・

絶対と言う言葉は存在しない森水産カップだが、デッキの上に並べられたストロングタックルやルアーを見ると、そのギャップに何とも言えない思いに駆られ、諦める?って言うのかやり切ったと言うのか(^-^;表現しようも無いが・・・

大会としての役割は十分に果たし新ルール後のリミットメイクも出来た、それに収穫もあったのも事実!10lbでもタイミングが合えば口を使う現実、大会用のアルミボートの機動力も存分に味わえました。確実に2倍以上の範囲を廻れるともなると、これからの戦略的にもかなり有利であり勉強も出来た!

写真4

写真5

余裕のウェインを済ませ、唯一のリミットメイク5本9370㌘で二位とは4キロ以上の大差を持って優勝する事が出来ました(^-^; これが大会である!これでやっとスタートラインにも戻れました。自分のスタイルからいくと3月の初戦、秋の1戦、冬の最終戦ぐらいしか勝機はありません。

自分らしく、自分styleのストロング釣りでの優勝を目指して頑張りたいと思います(^.^)

 

 

 


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.