ラインシステム
HOME > 5月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年05月12日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

古澤英二氏からのレポートが届きました。


関西圏から程近い、
和歌山県は田杭の磯に行ってきました。

今日は「地のイカリのチョボ」です。

前日の情報では、餌捕りは、オセンと小鯖が少々だそうです。

足元に、撒き餌パラパラ。

すぐにオセンが、反応してきました。

噂通り、大量な数です。

でも、オセンはオセン。
撒き餌ワークで分離させます。

グレの、活性が、上がれば……!

しかし、朝イチの際狙いは不発。
さすがに、オセンにやられちゃいます。

直ぐに、遠投狙いに切り替えました。

刺しエサは、残ったり、かじられたり。
え~感じです。

自分が出来る範囲での遠投で、
しっかり撒き餌と、同調させると、
浮かせてるはずの浮きが!

大きく合わせると、なっかなかの重量感!

横にも走るし!
浮いて来た魚体は!

グレや~\(^_^)/

ワオ!いきなし40UP⭐

こんな簡単で、エーのでしょうか?

やはり、遠投。
オセンなんて、付いてこない。
メチャ釣りやすい‼

そんな調子で、ハマって来た(^o^)

喰えば、ほぼ35センチ以上で、グレ。

尾長も、混じる!

1投1釣って訳ではないですが、
まぁまぁの型揃いが、続きます

一般的に、田杭は下りの、潮が良いとされています。

沖に向いて、右に流れる潮。

しかし、今日は下りでも、昇りでも、止まっていても、食わすことができた。

仕掛けは、
遠投仕様、
藤原浮きL-0に、G5鉛、

ラインシステム磯フカセハリスを10メートルの浮き止めなし。

針は、ヤイバXフカセ遠投モードオキアミ3号

タナは、2ヒロ半からの遊動。
浮きは、浮かせてアタリをとった。
今日はほぼ、この仕掛けで通した。

10時頃には、ライブウェルは満員御礼。
たまには、こんな日も有るですね。
いや~、楽しッ!

お昼をまわっても、ぽっつらぽっつらと、浮きは入ります。

グレの型も上がりだし、一発に備えて1.5号のハリスを2号に、張り直した。

これだけ、活性が良いのだから、少々太くても、喰うのでは?という考えで。
やはり、2号でも、喰ってきました。

強度においても、文句なしのラインシステム磯フカセハリスだと、この時期の強引なグレの引きにも、強気でやり取りできますね。

田杭の磯は、18時迄やれます。
自分も、そのつもりでしたが、今回は非常に満足したので、あえて16時で、納竿することにしました。

グレの、お腹はまだ、真子や白子が、パンパンでしたよ。
もう少し出来そうです。

そして、
田杭の磯の次の楽しみは、尾長ですよ(^o^)

 

mark ファイアブラッド デクストラル
mark BBXハイパーフォース2500
磯ワックスサスペンド1.75
磯フカセハリス1.5~2.0

ヤイバX
フカセ遠投モード3号(グレ針7号相当)
渋グレヘビー6号


生オキアミ9キロ
マルキュー
海苔グレ
グレパワー遠投
v9
フカセ遠投TR
浅棚グレ

スーパーハードM L
喰わせオキアミ

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.