ラインシステム
HOME > 5月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年05月08日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


『春のライトジギング』

お久し振りの釣行レポートになります。

自宅倉庫の改修工事も やっと先が見えてきたので、鳥羽の友船『アクア丸』さんにスロージギング&ライトジギングに行って来ました。

天気も良好なので、まずは中深海で高級魚狙いからスタートです。

スロージギングは通常のジギングと違い、より細いラインを使用します。

ラインは、LST boat light game PE X8 1号+ジギングショックリーダー7号。ジグは200~350g。

シャクリ上げる時のバイトよりホール中にバイトが集中するので、より細く海流に流されにくい 強度のあるラインが必須です。

釣りスタートして間もなく、小さなアタリがあります。重みも少々あるので巻き上げてくると赤い魚体が!上がってきたのはユメカサゴでした(泣)。

気を取り直してジギング再開です。何度か流し直していると、ポーズ中にバイト。ゆっくり巻き上げてくると、またユメカサゴです。

この後、アタリも無くなりスロージギングを断念(泣)、ライトジギングに変更です。

ポイントを大きく移動して、ライトジギング開始。まずはジギングからスタートです。タックルはスロージギングと同じものでジグを100gからスタート。ベイトは映っているようなのですが無反応。

何度か流してみましたが、ジグの反応が悪いようなので、タイラバにチェンジ。

120gのタイラバにラインは LST boat light game PE X8 0.8号+ジギングショックリーダー4号。

リトリーブ速度を変えながら何度か流していると、速い巻きにアタリが!。もう一度 速い目に巻き上げていると、ボトムから5m位でバイト。上がってきたのはホウボウでした。タイラバの反応が良いようなので、カラーチェンジしながら流しているとボトムから10m位でバイト。慎重に巻き上げてくると綺麗な真鯛です♪。

この後、真鯛とガシラを追加して納竿となりました。

最近、使用している『LST boat light game PE X8』シリーズは、全ての近海ボートフィッシングに多用出来る超万能PEラインです。一度試してくださいね。

タックル1
ロッド  vagabond
ライン  LST boat light game PE X8 1号+ジギングショックリーダー7号
ジグ  100~350g

タックル2
ロッド  vagabond  ARCDBSP 390 XX 621
ライン  LST boat light game PE X8 0.8号+ジギングショックリーダー4号
タイラバ 100~120g

偏光グラス BOUCHE  マードック


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.