ラインシステム
HOME > 6月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年06月24日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


手軽で楽しいキス釣りに行ってきました。

この季節になると、堤防やサーフからも手軽に釣れるキスですが、今回は船から狙います。

お世話になったのは鳥羽・相差の「魚勘丸」

午後からの3時間お手頃便に乗ります。

お客さんは私の他に小さな子供さん連れのファミリーに、カップルが1組。

そして三代目魚勘丸船長はるとくん(船長の息子)の、なんともほのぼのとしたメンバーです♪

港を出て5分ほどの湾内がポイント。

近くで楽ちん♪ 波もなく、おだやかで船に慣れてない人でもこれなら安心ですね。

それでは早速釣り開始。

仕掛けは片テンビンに市販のハリス付セイゴ針を付けたシンプル仕掛け。

エサは船宿さんが準備してくれた石ゴガイを使用します。

船釣りの場合、キスのいるポイントの上にいるので遠投する必要がありません。

下に仕掛けを落とすだけでいいのですが、私はあえて少し遠目に投げて少し離れたところから探っていきました。

ずるずる…ずるずる…と、ゆっくりさびいてくると、所々で、ぐぐっと砂もんに引っ掛かる手ごたえがあります。

ここでアタリが出ることが多いので、集中して、慎重に仕掛けを動かすと…

ピクピクピク!!!

ビンゴ!

竿先を震わせる小気味よいアタリ。

ヒットしたのはパールピンクの美しく可憐なボディのキスでした。

当たり前なんだけど「狙い通り」です。

この日は魚の活性がよかったみたいで、アタリだすと連発してヒットしました。

さびくスピードが遅すぎるとどろどろしたメゴチがヒットしたり、

なんだか硬いアタリにアワセると、お約束の外道キューセンがヒットしたりもしましたが

基本的にヒットするのはキスで、ほとんどが17、8センチのまあまあ良型。

楽しいです。

アタリが乏しくなってくると、違う筋に流しかえてくれるので、そこでまたアタリが復活します。

ほどよく釣れるので退屈することもなく、飽きることもなく、釣り初心者のカップルも、ファミリーもわいわい楽しそうに順調に釣っていましたね。

三代目船長のはるとくんはさすがに釣り慣れていて、大人顔負けの釣果でした。

この午後のお手頃便は普段の船釣りの半分の3時間なんですが、それでも十分な釣果をあげることができました。

釣り味も食味もいいキス。

ベストシーズンの今、狙ってみてはどうでしょうか。

mark 船キス竿
mark 小型スピニングリール
PE:0.6
フロロカーボン2.5号
仕掛け…片天秤に市販のキス仕掛け
オモリ…10号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.