ラインシステム
HOME > 8月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年08月06日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は釣行レポートではなくイベントレポートです。

今年も開催されました『アオリイカパラダイスプロジェクト』に今回も参加させて頂きました。
LST ラインシステム様には、今年も協賛して頂きました(ありがとうございます)。

今年で8回目となるこのイベント。
多くの協賛メーカーさん、テスターさん、ショップさんが参加されました。

産卵床は、地元の山から伐採したウバメガシという木を利用しています。ウバメガシは比重が大きく、水にいれると沈む特性があります。この木に砂を詰めた土嚢袋を縛って海底へ沈めます。

近年のエギングブームでアオリイカも減少傾向に感じる今日この頃。

人工的に産卵床を設置し、アオリイカが安心して産卵出来る環境を創れば、何時までもアオリイカ釣りが楽しめると思います。

今回は産卵床設置から産卵された卵の様子です。元気に育ってほしいですね。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年08月05日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は福井県若狭の『かどや丸』さんへマイカのスッテゲームに行って来ました。

今年の日本海は水温が上がりきらないのか、スルメイカとマイカが同じ棚で釣れているという情報。
例年ならスルメイカは低水温を求めて深場へ落ちているはずなのですが…。

ポイントに到着して、いつものように日没までタックル準備と情報交換タイム。やはり台風通過後とあって水潮気味で釣果は不安定らしいです。

タックルをセットして潮の流れをチェックしようとボトムまでスッテを落としてみると、フワッとロッドティップに変化が…。想わずフッキングしてみると何やら生命感。上がってきたのは小さなマイカです。
今日は期待出来るかも♪ っと思わせる1杯でした。

日没後、ライト点灯 スッテゲームスタートです。
間もなく、ファーストバイト。上がってきたのはスルメイカ。しかもgood size。
さらに2投目もスルメイカ。棚を変えてもスルメイカ。5投連続スルメイカで、6投目やっとマイカゲットです。
しばらくスルメイカ先行の釣果でしたが、後半マイカも巻き返して何とか同じ数位にまとまりました。

今回使用したLST Metal game PE X8は、しなやかで滑りも良く、ライトタックルでもトラブルレスです。夜間釣行では必需品ですね♪。

タックル1
ロッド  vagabond クラーケン760
ライン  LST Metal game PE X8 0.5号
LST エギング  ショックリーダー  2号

タックル2
ロッド vagabond クラーケン プロト
ライン  LST Metal game PE X8 0.6号
LST エギング ショックリーダー2.5号

偏光グラス BOUCHE  WRAP EIRE ライトブラウン


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.