ラインシステム
HOME > 11月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年11月02日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


季節は晩秋。
冷え込む夜は、鍋など囲んでほっこりしたいものです。

てなわけで、鍋ネタ確保に三重県は鳥羽・相差の魚勘丸さんにフグ釣りに行ってきました。

この時期狙うのは“ショウサイフグ”

釣り方は「食わせ」・「カットウ」どちらでもいいですが、私はカットウ仕掛け1本で狙います。!

エサは1年熟成させたアオヤギ・ブラックタイガーエビ・バナメイエビ

ただでさえ臭いアオヤギが、1年の時を経てさらに強烈なニオイを放っています
その激臭に浸かった1年もののエビたちも、同じニオイを放って臭いのなんの!(笑)

ちなみに本来のカットウ釣りのエサとしては、新鮮なアオヤギやアルゼンチンアマエビがよいようです。

【実釣】

今回狙っているショウサイフグは、反応を探し、反応に乗せて「流し」で釣ります。
(真冬になるとコモンフグ狙いになり、群れがかたまる浅場のポイントにアンカーを打って「カカリ」で釣ることもある。)

最初はあんまし反応よくなくアタリはポツンポツン…
右舷でだけ当たったり、左舷でだけ当たったり、前だけで当たったり後ろだけで当たったり…。

けど、塊の反応に当たったら猛烈な勢いでパカパカ釣れます!

仕掛けを落とせばスグに当たり、ちょいっとアワセると即ヒット!
これは楽しい!

上がってくるのはほとんどが良型のショウサイフグ。
まれにコモンフグも混じりますが、そのコモンも型がいいんです。

久しぶりのフグの重量感ある引き!
たまりませ~ん♪

けど、活発な塊反応はちょっとだけで
その後は濃い反応を発見できず、まれに現れるポツンとしたピンのフグを掛けたもん勝ち みたいな釣りになりました。

いつアタリが出るかわからないので、常に竿先に集中です。
根ガカリも多いので、タナ確認・底取りもマメに。
アタリがなくても、時々軽くしゃくり(空アワセ)を入れて誘ってみたり…

視力・体力・根性で釣る
釣れても釣れなくてもフグ釣りはなにかと疲労する釣りです(笑)

日が暮れて納竿。

釣果は15フグ。

良い群れにあたれば束超えもできるフグ釣りですので、ツヌケぐらいじゃ少ない釣果かもしれないけれど
釣れたのは良型ばかり。
10匹もあれば食べきれない量ですので、今回はこれでよしとします!

てなわけで、今シーズンのフグ釣り開幕戦はこんな感じ。
フグはまだまだこれからが楽しみです(^-^)v

 

 

fc2_2015-10-15_19-27-46-930 fc2_2015-10-15_19-29-06-454 fc2_2015-10-15_19-27-30-749 fc2_2015-10-15_19-29-34-111 fc2_2015-10-15_19-27-59-825 fc2_2015-10-15_19-28-38-395 fc2_2015-10-15_19-29-20-969 fc2_2015-10-15_19-27-07-247

mark 先調子の船竿
mark 小型両軸リール
PE:カットウ河豚 PEX8(1.5号)
リーダー:SHOCK LEADER FC 50(5号)
その他 仕掛け…自作カットウ針仕掛け(オモリ30号)
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年11月02日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


静岡県の焼津まで遠征してタチウオ釣りに行ってきました(^^)v

ホームである伊勢湾でもタチウオは釣れるんですが、駿河湾ではサイズのいい、いわゆる“ドラゴン”が釣れるんですね。
ドラゴンを釣りたくて、遠方から焼津まで釣りに来るアングラーは少ないのです。
現にこの日も、乗船したのは地方から来た釣り人ばかりでした(笑)

お世話になったのは焼津港の「貴政丸」

貴政丸のタチウオ船はAM1:00~AM6:00の深夜便。
夜はタチウオが浅場に出てくるので、そこを狙うのです。

港を出て10分ほど走ってポイント到着。
早速釣り開始。

水深は40メーターそこそこで、タチウオの反応は20メーターぐらいまであるみたい。

仕掛けは片天秤に1本針仕掛け。
エサは船支給のサンマの切り身。

船長より「最初はへたに動かさず、ただ巻いてくるだけでいいよ」とアドバイスをもらう。
指示棚まで沈め、アドバイス通りジリジリジリ・・とゆっくりな速度で巻き上げてくると…

ガツガツッとアタリあり。

すぐにアワセるのではなく、本アタリを待って、さらにジリジリと巻き上げていくと
ズコーーーン!!! と竿が激しく曲がる。
ここですかさずアワセ!

グイングインと曲がる竿。HITです。

気持ちのいい抵抗をみせるのですが、案外素直に上がってきます。
どうやらドラゴンではないようです。

上がってきたのは正真正銘のタチウオ!
細身。いわゆる指3~4本のペンペンといわれるサイズでした。

だけど釣れてうれしー♪

周りでも次々ヒット!銀ピカの魚体が宙を舞います!

幽霊魚タチウオはすぐに姿を消したり、反応があっても食わないということがあるのですが、
開始から景気よくアタリ、アタリが続きました。

でも、
いかんせんスレンダーなペンペンばっかり。

釣っても釣ってもペンペンペペペン、ぺぺペンペン!
指3~4本がアベレージ。
噂の駿河湾ドラゴンは姿を見せてくれません。

もしかしたら朝方にくるかもしれない…
と、朝マズメのジアイに期待して、ひたすらペンペンを釣りまくりました。


サンライズ。

待ちに待ったドラゴンタイム(仮)となったわけですが…
なんだか…ドラゴンどころか、ペンペンの気配さえも薄くなってきたよーな…

と、そんなときに
ずこーーーーーん!!! と!
仲間の竿が激しく曲がり、強烈な引きが!

あがってきたのは今日イチの大物!
ドラゴンとまではいかないものの、長さも幅も太さも立派なデカタチでした。

やっぱりデカイのは夜が明けてからくる!

竿を持つ手に力が入るも…

この後、ドラゴンは訪れることはなく
ペンペンも消息して、アタリなくなり終了の時間をむかえるのでありました。

当日の釣果:タチウオ45本
残念ながら目指していたサイズは釣れませんでしたけど、こんだけ釣れたら満足です。

14457263760141445726384695

14457263868621445726399815 1445726404599     14457264063641445726409338DSC_2796 DSC_2794 14457264144401445726416444DSC_2787DSC_2788 DSC_2790DSC_2791DSC_2797DSC_2802    DSC_2798 DSC_2804 DSC_2799   DSC_2807 DSC_2806  fc2blog_20151025073057476s   FB_IMG_1446027478088 DSC_2809

mark 錘負荷80号までの船竿(6:4調子)
mark 電動リール
PE:BOAT LIGHT GAME X8(2号)
リーダー:SHOCK LEADER FC 50(7号)
その他 仕掛け…片天秤1本針(管付タチウオ針2号)
オモリ…50~60号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.