ラインシステム
HOME > 12月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年12月10日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は初冬の寒鰤を求めて三重県鳥羽へジギングに行ってきました。

朝から強風のため、出航を少々遅らせての出発です。ポイントに到着すると凄い船団。かなりのフィッシングプレッシャーがかかっていそうな予感…。
水深は80~100m。ジグは170~250gを使用します。ラインはスピニングタックルにはLST ジギング PE X8 3号にリーダーはジギングショックリーダー40lb。ベイトタックルにはLST ジギング PE X8 1.5号にリーダーはジギングショックリーダー25lbをセット。いずれのタックルもリーダーは4~5ヒロ位取ります。

ジギングゲームスタートです。先ずはスピニングタックルで軽くキャストして広く探ります。ベイト反応がボトム付近なので、底から20mまでを丁寧に探ると…ラインに変化が!すかさずフッキングするもミスフッキング(泣)。追い食いもなくリトライ。
もう一度ボトムからシャクリ出すと直ぐにバイト!
グリ巻きで上がってきたのはコンディションの良いワラサ。鰤とは行きませんでしたが、綺麗なワラサでした。
ポイントを少し移動して、つぎはバーティカルに攻めると、食い上げるようなアタリ。乗り合いなので、少々強引に巻き上げます。上がってきたのは同サイズのワラサ。ライトラインでしたが、ラインの強度を信じてグリ巻きでゲット出来ました。

この後、更にワラサとマトウダイを追加しましたが、
ミスフッキング、バラシの多い釣行となってしまいました(汗)。

今回は満船の中、ほとんどドラグを出さずの釣りになりましたが、LST ジギング PE X8 、ジギングショックリーダーは、強度抜群!安心して使用出来ました。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年12月10日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は三重県引本のエヌテックマリンさんでのレンタルボート釣行です。

ここ最近、台風との相性抜群で4回連続出船中止~(泣)
今回は天気予報も良さそうなので急遽釣行してきました。

エヌテックマリンさんのレンタルボートはGPS付き魚探なのでポイントもバッチリ!レンタルボートでの釣行エリアもかなり広く、いろいろな魚種が狙えます。
今回はライトゲームで五目釣りです。
ライトジギングにはLST boat light game PE X8 1号にライトジギング ショックリーダー4号、タイラバにはLST boat light game PE X8 0.8号にシーバスショックリーダー3号をセット。
テンヤタックルにはLST boat light  game PE X8 0.6号にシーバスショックリーダー3号をセットしました。

朝イチのポイントに到着。先ずはタイラバ、ライトジギングで狙ってみます。水深は30~45m、ジグは80g、タイラバは60gを選択。
開始早々タイラバにモーニングコール!上がってきたのは真鯛です。今日は爆釣か???っと思いましたがあとが続かずポイント移動。
根まわりのポイントを巡回して、アカハタ、オウモンハタ、ガシ、カワハギ等を追加して朝イチのポイントに戻りました。
ポイントに帰ってくると、朝とはまったく違うベイト反応です。80gのジグ(ベムズ)を投入するとホール中にバイト。フッキングするも痛恨のバラシ(泣)。ジグを回収してみるとリアフックが伸ばされていました。フック交換してもう一度落としてみるとまたバイト。しかしミスフッキング。
何度もアタリは有るもののフッキング出来ないので、タイラバを投入してみると直ぐにアタリが。
上がってきたのは25cmほどの鯛焼き~(笑)。
間もなく50cmほどの真鯛を追加して、同行者の岡田氏にはイトヨリ。
さらにハマチを追加してラストは岡田氏のBIG ESOで『夢と笑い』を貰って修了しました。

今回も大活躍のLST 『boat light game X8』細いラインでも強度抜群。
レンタルボートで色んな釣りを1つのタックルで楽しむ方にもお薦めですよ。


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.