ラインシステム
HOME > 5月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年05月30日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は三重県鳥羽でのライトジギングレポートです。
春のターゲットで定番なのは真鯛やサワラです。
今回のメインタックルはタイラバとライトジギング。

タイラバタックルは、LST ボートライトゲームPE X8 0.6号にリーダーはジギングショックリーダー3.5号をセット。
ライトジギングタックルには、LST キャスティング PE X8 1~1.5号に リーダーはジギングショックリーダー35lb~40lbをセットしました。

前日から吹き出している爆風のなか出船。ウネリがないのが唯一の救いですが潮も早そうなのでジグは重い目でスタートです。
スピニングタックルで軽くキャストして、ジグが横になるようにワンピッチジャークでスタート。
キャスティングすることで、同じ層を少しでも長く見せるようにシャくります。しばらく流しているとホール中のラインに変化が!!(゜ロ゜ノ)ノ。
すかさずロッドを立てるとやはりバイトです。
サワラは歯がキツいので慎重に寄せてきてランディング。ナイスサイズのサワラでした。

サワラのアタリはホール中のバイトも多いので視認性の良いラインがお勧めです。
LSTキャスティングPE X8はイエローラインなので視認性も良く、程よくコシもあるのでホール中のアタリも明確にでます。(オススメですヨ)
ポイントを移動して、2本追加しましたが、後が続かずタイラバに変更です。

産卵絡みの大鯛を求めて、ひたすら巻き続けますがアタリなく、時間だけが過ぎて行きます。
最後の一流しで待望のバイトがありましたが、上がってきたのは鯛焼きサイズの真鯛でした。(泣)
次回はビッグ真鯛を目指したいと思います。

 

ジギングタックル
ロッド 6.6ft
ジグ vagabond ベムズ140~200g
PEライン LST キャスティング PE X8 1号
リーダー LST ショックリーダー 35~40lb

ライトゲームタックル
ロッド 6.3ft
ルアー タイラバ120~150g
PEライン LST ボートライトゲームPE X8 0.6号
リーダー LST ショックリーダー 3.5号

偏光グラス BOUCHE


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.