ラインシステム
HOME > 6月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月27日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


先日の事ですが例のごとくワンバイトだけのプチ釣行(笑)レポートサイズでも無いけれどさぁ~魚の大きさだけじゃない喜びってあるのよねぇ~👍

このフィールドでこのタックルでなど・・・色々と想像と妄想の世界(笑)

もしイメージ通りにバイトを得られたらある意味100点満点なんですよ~👍これでも大満足なBASS

mark depsハザードマスターGP
mark メタマグHG
ラインシステム/バスハードFC
ベイトストロングスタイル12lb
depsサカマタシャッド8インチ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月22日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


だんだん季節は進み小規模フィールドでのプリのみを狙うのも難しくなってきましたねぇ(困)

一方で先日フィールドで知り合ったNクンに同船釣行をリクエストされ未知なるフィールドや、普段より森水産カップに出場している日吉ダムも案内人として釣行は重ねているけれど・・・・・3連敗中にてストレス

釣り部屋でタックルを整理したりライン巻き返えたりしていると自然とスイッチの入る単純な釣り人です笑。したがって本日もワンバイトを求めて出撃です。

農業用水として利用されているフィールドは中央のポンプが全開で回り減水傾向にあり、一人でのボートの上げ下ろしには少々難ありって感じですが、そこは気合ですね(笑)

露わになったショア沿いのレイダウンや地形把握、シャローには生命観は無く、おまけに一級ポイント付近にはパッドが生え出してきていて、ただでさえ小さなフィールドにややプレッシャーを感じる現実

時期的に考えるとまだほんの少数だけどプリはいる筈、妖しそうなエリアの水深6㍍付近までをジグで探る作業を続けていると、ボトム付近で抑え込む違和感?ホントはバイトって理解出来てるんだけど、そんな時は一応フッキング(笑)

水深あるので中々の重みがロッドに伝わり確信ですがパワフルなファイトしたよ~👍何度も突っ込まれたけれど難無くゲット😄長さもまあまぁのブリブリ系のママさんにはうっとりし痺れました~💘💘💘

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月20日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


小規模フィールドでの1発狙いは続いています!

今日のテーマは新作ジグの使用感を色々と試す事にしました。

フォール姿勢や着底姿勢、障害物回避性能にボトム感度などなど、チョイスするトレーラーによっても異なるのは当然なんだけど色々とお試しです(笑)

普段より多用しているジグタックルは二種類なんだけど、先ずは3/8オンスジグに大きめのトレーラーをセットし、フォールでのバイトを期待するイメージですね👍

オーバーハングに滑り込ませてのフォール待ち、絡んだラインをメンディングしてるとコツンってバイトがあり、ブッシュに潜られながらもグリグリ引きずり出しての追い合わせ。一瞬抜けた?って思ったけれどデカめのフックに助けられ55アップをあっさりとゲット出来ました

ラインは最も信頼性の高い
『BASS  HARD  FC
Bait Strong Style 14lb』
まぁまぁ強烈なファイトしましたが圧倒的なパワーで勝利でしたねぇ~👍👍👍

すぐに答は出ましたが例の如くワンバイトのみ❗
釣れればデカいがかなり魚影の薄いフィールドであり、このワンバイトを得る為に一体どれだけの労力を使ってるんだろう?そぅ考えると掛けたら絶対に獲りたいねぇ!信頼性の高いラインセレクトを自由に出来る喜びを実感じています👍

BASS HARD FC Bait Strong Style 14lb
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月08日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


少々鬱憤が溜まるこの時期の大会ですが、小規模フィールドでの自分らしい釣りをしてきました(笑)

ややオーバーハングし複雑に交差したレイダウンエリア。選択肢は何通りかあるけれどキャストさえ決まればって事でnewスライドスイマー175👍

やや出来過ぎな感じですが
予想通りの反転バイトにて55アップをゲット❗
昔は良く釣れたビッグベイトの釣りだけど、悲しいかな近年ではブラインドでの勝負では、1年に何度か程度しか起こせないシーンに
出逢えました😄

魚を触ろうと思えば触れる現実ですが、あくまでも自分らしくストロングスタイルで出来る限り勝負をして行きたいねぇ👍

mark ✳depsアウトクロスGP改
mark ✳メタマグHG
✳ラインシステム/バスハードFC
ベイトストロングスタイル20lb
✳depsスライドスイマー175
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月02日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


森水産カップ第2戦報告

5月14日に開催された第2戦は参加38名でスタート
時期的な配慮により今回は3本リミット

プラ情報ではネストだらけ!という報告を受けていてやや気が重いが、先ずは世木林エリアにて早々にいい出会いがあり7㌘DSプロトのテールスライダーで40半ばの推定1600㌘をゲット👍

同じエリアで立て続けに小さいながらリミットメイクし本流から上流へ出会い系の旅に出るが・・・何度かいい魚とシンクロするがバイトには至らず超苦戦😅

午後になり風のタイミングで夢の架け橋の橋脚にサスペンドする特大級を狙いに向かうが、橋の上にはギャラリーさん達が橋脚を覗き込み湖面を指差しながら何か話している模様?

やはり特大級がサスペンドしているのか?それとも?
とにかく勝負です。魚のポテンシャルを考慮しサカマタシャッド8インチのノーシンカージャーク選択👍

沖めからゆっくりと風に吹かれながらナチュラルにボートポジションが決まると同時に遠投での勝負、キャストはまあまぁ決まり1発目のジャークを入れると橋の上のギャラリーさん達が叫ぶ声が

『来た!来た!来た~!』

最後は

『うわ~っおしい~!』

強風で全く見えては無かったが大チャンスだったらしいけど・・・人間という者はその叫び声には悲しいかな反応してしまう生き物ですね😅不覚にもノーシンカージャークを選択しているにも関わらず、来た!っと叫ばれる度に強いジャークを入れてしまう始末で万事休すです。せめて見えてさえいればタイミング合わせれたかも?とにかくメンタル面の強化ですね(笑)

結果は2770㌘で3位入賞しましたが1500強で届いていた試合でしたね⤵あの一本が悔やまれる思い出に残る大会でした(笑)

mark 5月14日

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.