ラインシステム
HOME > 6月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月08日掲載 川口愛氏からのレポートが届きました。

川口愛氏からのレポートが届きました。


仲間と遠征に行きました。

行先は何度もお世話になっている千葉県は内房・勝山港の「宝生丸」さんで
マルイカ(ケンサキイカ)狙いです。

【1日目】
ポイントは館山沖
水深50~60メートルで、棚はだいたい底から10メートルの範囲。

船はマルイカの群れの反応を探してひたすら走ります。
反応を発見すると急停車。
すぐに船長からの合図があり、釣り開始となるのです。

しかしこの日はなかなか船が止まりません。
群れを見つけられず、クルージングが続きました。

途中で僚船からの連絡が入って大きくポイント移動。
ようやくマルイカの群れを発見した模様。

船が止まり戦闘開始です!

マルイカは群れが移動しない間に仕留めなければならないので、なるべく早くに仕掛けを落とす必要があります。
ですので、私はオモリはタングステンを。
ラインは水抵抗が少なく糸立ちの良い、ラインシステム社の「かわはぎPE8」を使用しています。
かわはぎ専用PEですが、マルイカ釣りにもgoodです♪

着底したらスグ糸ふけを取ってゼロテンションでイカの乗りを確認。
イカが乗っていれば即巻き上げます。

イカが高活性になると仕掛けが落ちていく段階で触りアタリを感じますし、超高活性になると仕掛けが途中で止まって落ちていきません。

まあそのようなウハウハするような状態にはなりませんでしたが、着乗りは一番簡単にイカをキャッチできるチャンスなので、神経を集中させて確実に獲るようにしました。

着乗りチャンスタイムが終われば、次はマルイカ特有の小さな小さなアタリを取って掛ける釣り方になります。
オモリを底から離した状態で掛ける「宙の釣り」と、オモリを底に着けたままで釣る「ゼロテンションの釣り」と2種類の釣り方がありますが、今日はオモリを切る宙の釣りでチャレンジ。
穂先に出るわずかなアタリを見て掛けるのですが、これが難しい。
アタリがわずかでも出ればいいのですが、違和感程度にしか感じないようなアタリだったり、違和感さえ感じないアタリがあったりで非常に視力と神経を使います。
しかしアワセが決まったらものすごーく気持ちよかったりもします。

そんなこんなで神経すり減らしつつ、快感のアドレナリンも放出しつつで15杯のイカをGET。

マルイカは生で。外道で掛かったムギイカは沖漬けのたれに漬けこんで保存。
無事1日目が終了しました。

【2日目】
同じく館山沖へ。
昨日見つけた群れがいたポイントへ直行です。

そして今日はオモリを底につけるゼロテンションション(以下ゼロテン)の釣りでチャレンジしてみます。

ゼロテンの釣りは宙で釣る釣り方よりイカの触りを感じやすく、アタリがよく出ると言われています。
しかしこれも簡単ではありません。
穂先の柔らかい専用ロッドでないとアタリを出すことが難しいですし、そのアタリもやはり違和感程度のわずかなアタリ。
それを常にゼロテンションの状態にして出すわけで、海がナギならまだゼロをキープできますが、波やウネリがあるとかなり困難になります。

それでもものにできれば圧倒的に数釣れるのがゼロテン釣法。
ぜひとも覚えたい釣り方です。

そして実釣開始。

朝のうちは着乗りで麦イカがちょいちょいHIT!
麦イカは乱暴なアタリを出すので比較的簡単に釣ることができます。

そのうち麦イカの気配が消え、本命マルイカの登場となるんですが、これがまた渋い!

船は反応に向かって前から入っていくので、前の釣り座にいる仲間には着乗りありアタリありでちょいちょい掛けています。
胴の間近くまでまわってきてくれたらいいんですが、群れが小さいのかイカの脚が速いのか、低活性なのか…
よーわからんのですが、とにかくこっちまでイカまわってこなくて全然釣れません。
もしかしたらイカの触りがあるのかもしれませんが、まだまだゼロテン釣法未熟者の私ではその微かなアタリがわからないんですねえ…。

たまにイキのいいイカが触ったりすると、穂先にはっきりとしたアタリがでるので、それはすかさずキャッチ!
穂先が沈むアタリだったり、逆に浮くようなアタリだったり、わずかにブレるようなアタリだったり…
一瞬ですが、あきらかにイカのそれとわかるようなアタリが出ます。
これは宙の釣りでも同じなんですが、アタリを見極めて掛けるのは本当に気持ちがいいです(^^)

この日もトータルキャッチ15杯と、前日と同じ数で終了。
結局今のところ私の技術では、宙で釣るのもゼロで釣るのも大して変わらない結果でしたね。

まあどちらの釣り方にも面白さがあるので、時と場合によって釣り方を変えてみるのもいいかなと思います。

これで2日間のマルイカ遠征は終了。
数は釣れなかったけど、色々と勉強にもなったし、なにより楽しい釣りができました。
6月から地元 伊勢湾でもマルイカ釣りがスタートしますので、この遠征の経験を活かしてまたばんばん釣りに行きたいと思います。

 

c99bf5ca 0631815c91bde1e5e8a72b07dfe7c536    0187914e 9b3b7bc4558a483d   0cfd32e7ded72ceb795fcd591062b79c39b0d612130fbe7078a2c0fb842e093b18d371cde37994cbb4bb1e957316357bbfdf8b2e8c675d9e5ee95f975b8c38fd

mark マルイカ専用ロッド
mark 小型両軸リール
かわはぎPE8 0.8号
その他 ■オモリ…40号
■仕掛け…直結5本スッテ

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.