ラインシステム
HOME > 3月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年03月26日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

神吉央氏からのレポートが届きました。


そろそろ春めいてきましたね~釣り具業界もこぞって新製品の発表ですね

リールはシマノ派ですが、あの名機と言われたメタマグXT(ガンメタ)の後継機モデルらしい?バンタムを撃ち物系に導入。やや小ぶりににはなってるが金属製のパーツが多数で重厚感があり剛成には期待が出来そうです

先走りとりあえずラインを巻いてみました(笑)
カバー撃ちを多様するこの季節、花粉症歴28年に加え加齢による視力低下は釣り人にとってはダメージは大きく、ラインメンディングには大変苦労します😭

迷わずサイトマーキング入りのトーナメントジーンMARK1をチョイスしました!
90㌢毎に10㌢の蛍光ピンクのサイトマーキングは非常に見易く、ラインメンディングに優れバイトマーカーにもなり最適ですね。

写真1  写真2 写真3

 

単純なもので翌日には自然とスイッチが入り野池を巡りですが、今年は大減水でフィールドに困る現実!
ほぼ満水のとても小さな野池は、大雨の影響をモロに受け水質はマッディー 気味。そして毎年のよぅに話題となる季節の進行状況ですが、水温10℃ちょいまだまだ早そぅな予感です😭
先ずは巻きで様子を見ながら1週してみましたが、まだまだ活発にルアーを追える状態では無さそう。

2週目からバンクのキツいシャロー隣接の怪しいエリアを中心にカ撃っていく展開です。オーバーハングした小さなワンドの出口付近、レイダウンと植物の蔓が垂れ下がる複雑なピンポイントをジグで誘う。軽めのジグのスキッピングだけど
ここからって時にも、もぅひと伸びあり小気味よく決まるキャスト。こんな時は釣れますねぇ(笑)

垂れ下がる蔓にもたれながらゆっくりとバイトマーカーが水中に入って行きフォールするのが良くわかり、途中で違和感?ゆっくりスイープ気味にきき合わせると蔓に絡んでるが重い!ドラグも少し弱かったので締め込みながらのファイトでした。

写真4  写真6
後れ馳せながら今年は釣行3回目にしてやっと初バスに有り付けた訳ですが、強靱なタックルパワーに耐えれる信頼性のあるMark1がいい仕事をしてくれました。

タックルデータ

✳depsアウトクロスGP
✳depsフラットバックジグ3/8
✳depsデスアダーグラブツインテール
✳バンタムXG
✳G7トーナメントジーンMark1/16lb


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.