ラインシステム
HOME > 12月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年12月04日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は三重県鳥羽へライトジギングに行って来ました。
夏のジギングではイワシに着いた青物や真鯛、イサキ、サバ等多彩な魚が狙えます。
ライトタックルでのジギングになるのでラインの選択は重要になります。
特にホール中のバイトが多発するので、ベイトタックルでホール中の当たりを逃さないようにサミングしながらホールさせます。
ラインシステムはLST boat light game PE X8 1号にLST ジギングショックリーダー FC 20lb。
根廻り等では、LST JIGGING PE X8
1.5号にLST ジギングショックリーダー FC 30lbを使用しました。

朝からまだまだ暑さの残る中ライトジギングスタートです。この日は真鯛が絶好調でダブルヒット有り、トリプルヒット有りのお祭り騒ぎ。80cmオーバーも上がりました。
他にも、マハタやヒラメ、イサキ等、大にぎわいの釣行でした。

『LST boat light game PE X8』『JIGGING PE X8』は8本編みでしなやか、伸びも少なく ライトジギングには最適PEラインです。

LST boat light game PE X8 1号
LST JIGGING PE X8 1.5号
LST ジギングショックリーダー 20lb、30lb
80~300g
その他 偏光グラス
BOUCHE BLACK CHOPPER
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年12月04日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は伊勢志摩の『へいみつ丸』さんに今秋初の中深海スロージギングに行って来ました。
秋の中深海スロージギングは水深も比較的浅く、中深海デビューしやすいシーズンです。

当日、朝は少し風が残っているようで遅めの出船。ポイントに到着するとなかなかの風が吹いています。タックルをセットしていると一投目からヒットの声(まだ私は準備出来てませんが...)。幸先良く上がってきたのは黒ムツです。大急ぎで準備をして取り敢えず投下➰❗。
水深は150~180m。ジグの重さも250~350g位あればOKです。タックルはベイトタックルにLST JIGGING PE X8 1.2~1.5号+LST ショックリーダー16~20lb(リーダー短め)。
ボトムから3m位までを1/2ピッチジャークで探っていきます。何度か落として反応がなければ 一度20m位巻き上げてもう一度入れ直します。基本 フックがジグに絡んだり、重さやカラーを変更する時、潮でジグが流される時以外ちは極力回収は少なめにします。

数回落とし直しすると、こちらにもアタリ。黒ムツでした。黒ムツの活性が良いらしく船中ポロポロ釣れています。黒ムツに混じって太刀魚、稀に赤ムツが釣れる状況。私も赤ムツ2本頂きました❗。

今回のスロージギングでも大活躍な『LST JIGGING PE X8』 。しなやかでガイドの滑りも良く、アタリも取りやすいハイポテンシャルなラインです。

PEライン
LST JIGGING PE X8 1.2~1.5号
FCリーダー
LST SHOCK LEADER 16~20lb
ジグ 250~350g
その他 偏光グラス
BOUCHE BRACK CHOPPER

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.