ラインシステム
HOME > 1月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年01月17日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


年末はこれでタチウオもシーズン終了かなぁ~という感じでしたが、

年明けて10日前後から復調の兆し

 

 

慌てて仕舞かけた竿を引っ張り出して釣りに行きました。

勤務終了後、職場の武庫川一文字にいきました。

 

 

タチウオはイメージでは夕マズメというイメージですが

曇っている時は、特に釣れ始める時間が早く14時半に釣れ始めました。

 

 

水温が下がり季節的には底狙い打ちです。

色々な釣り方がタチウオではありますが、関西独特のテンヤ釣りが武庫川一文字では主流です。

 

Unknown Unknown-1

しかも、エサはドジョウ

テンヤに縛りつけます。

季節によってドジョウの針から出る長さを変えアピール重視や、針掛かり重視

など色々調整します。

 

 

 

ラインはPEラインがオススメ

私はエギングスーパーPEX8 0.8~1号を使用しています。

 

リーダーには、タコ用ナイロンがオススメしなやかで摩擦に強く

武庫川渡船に来られる名人殆どがお使いになられています。

Unknown-2

 

冬場の釣り方は、タナが深く底周辺7m~10m前後を着水からカウントして

底をイメージしてシャクってカーブフォールを繰り返しコツンというアタリ、喰い上げのアタリを

待ちます。

 

 

この時にエギングスーパーPEの1mピッチがとても見やすく釣り易いです。

Unknown-3

コツンという小さなアタリでガツンとおもいっきりアワセを入れるので

ストレス解消に最高の釣りです。

Unknown-4

 

指5本・6本クラスのタチウオも釣れています。


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.