ラインシステム
HOME > 3月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月20日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


3月9日 武庫川渡船の毎年春限定

恒例のカセ釣りを設置したので試し釣りに行きました。

 

 

 

大きなカセで最大10人乗りの大きなカセです。

基本的な狙い物がキビレをメインで狙いますがスズキ・カレイなども釣れます

 

 

今年1匹目の釣果はなんとカレイしかも良型が釣れました

初めてチャレンジしたファミリーさんも大満足でお帰りになられました。

 

私も昼から1時間半前後乗り エサは青コガネで岸向きをねらいました。

開始30分待望のアタリ竿先がコツコツという前アタリ

 

その後一気に胴から入る本アタリ!!

アワセもバッチリと決まり柔らかな喰い込み重視の竿にヒットしたので竿が凄い角度
で曲がります。

体高のある良型キビレでした。

 

ラインは磯投げ 3号を使用しました。

トラブル少なく色んな釣りで使えるオールマイティーなラインです。

 

 http://www.amagyo.com/kibire-hunne.html

以上 

 

武庫川渡船  守田
mark ロックフィッシュロッド7ft
mark 2500番
磯投げ 3号
チヌハリス トリック1.75号
その他 オモリ  6号
針    チヌ針 4号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月20日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


3月14日 今年2回目の渓流釣り、解禁からかなり早いペースで釣りに行っています。

一度釣りに行くと楽しくワクワクして前日寝れませんでした。 いくつになっても遠足気分になります。

 

 

 

今日もゆっくり釣行奈良県、五條市舟の川に現場に8時そこから、歩いて30分川に入ったのは9時前でした。

釣る気あるのか!?という時間!!でも、のんびりと川を楽しめます。

 

 

山はまだまだ寒く 山は山頂は白く雪が残っていました。

 

 

川を釣り上るも前日に名人が入った後なのか・・・

アタリが遠くテンポを上げて釣ります。ここは絶対にというポイントが出てきたので少し上流にオモリを投げ込み

底まで沈めイメージでは、底の石の上をイクラを転がす感じで流します。

 

 

流れが少し緩くなった場所で目印がカン!!!

本日1発目のアタリ少しサビが出ていましたが、綺麗なヒレの天然アマゴでした。

 

 

同じ溜まりで2匹目今度の魚も朱点パーマークがなんとも言えない綺麗な魚うっとりします。

 

水質が良く川の底が白いので水深が分かり難いですが、深く1m以上あります。

底までしっかり仕掛けを入れ底の流れ流すとコツンという力強いアタリアワセもバッチリ決まると落ち込みに向いて一気に走ります

 

重量感のある引き!!

本日最大の24cmの朱点の少ないアマゴでした。

 

 

半日掛けて沢を上がり無事に車まで戻り、嫁さんの作ったおにぎりを頬張り山を下りました

 

 

渓流釣りは危険を伴う釣りです。必ず複数での釣行で安全に無理をしない釣りを心掛けて下さい。

家族・山を管理している方にも心配を掛けてしまう事になります。

 

 

 

以上

武庫川渡船守田

mark シマノ 渓峰 SX硬調53
LS   渓流FC 0.4~0.6号
塩イクラ
その他 ガン玉     B~3B
針 ガマカツ ハイパー渓流5~7号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月07日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


暖冬の影響で今年は、雪も無くポイントに到着出来ました。数年前までは、ホームグ
ランドにしていた川ですが台風の被害で谷が埋まり天川に行っていましたが、のんび
りと釣りがしたく今年は舟の川に行きました。

DSC_0893_resize_20190306_132851

まだまだ、山が崩れた場所など沢山ありますが、水質は抜群に綺麗です。

解禁当初の狙いは水温がまだまだ低い為、活性が低く落ち込み・淵などを狙います。

赤い矢印が川の流れです。白泡の切れ目奥の流れに乗せて反転流で岩戻って来た時に
ヒットしました。

オモリは3Bと重た目です。底の流れに仕掛けを入れる為に重いガン玉を使います。

DSC_0894_resize_20190306_132850
ハリスは、渓流FCの0.3号を使用しました。

摩擦に強く鋭い歯にも負けません。感度も良くしなやかな使い易いラインです。

水温が今年はやや高めの為、天然魚でもサビは出ませんでした。

ここも同じ様に流れが緩やかでエサが溜まりそうなポイントを釣ります。

手前の流れの内側を流し反転流で仕掛けを内側に来た時目印がカツン!!

DSC_0898_resize_20190306_132831
目の覚めるアタリ!!

上流は水温が低くサビが出ていました。

DSC_0900_resize_20190306_132830
エサはイクラを使用しました。

今年はダイエット兼ねて山を歩きに行こうと思います。

渓流釣りは危険を伴う釣りです。滑落・落石・熊・蛇など必ず2人以上での釣りで安
全に無理せず釣りを楽しんで下さい。

mark 3月6日
mark (シマノ) 渓峰53
天糸 (LS)   クルージャンヘラ道糸PET 0.5号
(LS)   渓流FC 0.3~0.5号
イクラ
その他 ガン玉(ヤマワ) ゴム張りガン玉2B~3B
針  (ガマカツ)ハイパー渓流 5~7号

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.