ラインシステム
HOME > 4月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年04月19日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


DSC_0658
『真冬の鳥羽ジギング』

今回は真冬のジギング、まさに修行(T0T) でも釣れたらメチャ旨の極寒ジギングに行って来ました。

冬の鳥羽沖はシーバス、鰤、鰆等色んな魚種が狙えます。今回はライトタックルとジギングタックルを二種類用意して行ってきました。

ジギングタックルはLST JIGGING PE X8 3号+LST ジギングショックリーダー40lb。
ライトタックルには、LST boat light game X8 1号。リーダーはLST ジギングショックリーダー16lbと25lbをそれぞれセット。
ポイントと魚種によって使い分けます。

先ずは、鰤、鰆狙いからです。ジギングタックルでボトムから広く探ります。200gのジグを鰆狙いなら表層までジャークします。アタリが無ければ、テンションホールさせます。アタリがあればラインのカラーマーカーを覚えておいて、その棚を重点的に探ります。
前半戦は3バイト1フィッシュ(鰆)でした。
後半戦はシーバス、メバルポイントです。
ライトタックルに140gのスロー系ジグをセット。ボトムを中心に丁寧に攻めます。5m程リフトさせてホールするとバイト。シーバスやメバルとは全然違う強烈な引きです。
ライトタックルなので、あまり無理は出来ませんがLST boat light game X8 1号とジギング ショックリーダー16lbの強度を信じて、少々強引にやり取りして上がってきたのは立派な鰤!。
10kgには届きませんでしたが、ラインのポテンシャルをフルに使った1匹でした。

『JIGGING PE X8』は8本編みでしなやか、伸びも少なく ライトジギングには最適最強PEラインです。

PEライン
LST boat light game PE X8 1号
LST JIGGING PE X8 3号
LST ジギングショックリーダー 16lb、25lb、40lb
ジグ80~300g
その他
偏光グラス
BOUCHE BLACK CHOPPER

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.