ラインシステム
HOME > 2月

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2020年02月25日掲載 南 豊和氏からのレポートが届きました。

南 豊和氏からのレポートが届きました。


今回は、ビンチョウマグロのジギングゲームに伊勢志摩の「トロ丸」さんに行って来ました。

最近は冬場のビンチョウマグロジギングが結構盛り上がっています。ビンチョウマグロに混じって、キハダマグロや大判カツオも釣れたりするのでタックルはそこそこしっかりした選択が必要です。
今回、PEラインはLST JIGGING PE X8 2.5~3号 300Mに、リーダーはLST SHOCK LEADER FC50~60LB。
基本的にスロージギングで攻めたいので、ベイトタックルのみでやりきりました。
魚をフッキングした後は、ロッドの反発で魚とのやり取りするのではなく、リールのドラグ性能とラインの強度のみでのファイトになります。
ロッドとラインの角度はほとんど真っ直ぐでやり取りします。

PEラインは強度と柔軟性があり、摩擦抵抗の少ない8本編みのLST JIGGING PE X8は最適なラインです。

今回は12~15kg前後のビンチョウマグロ3本と、9kg前後のカツオ1本釣りましたが、ラインブレイクも一切なく安心してやりきることができました。

LST JIGGING PE X8 2.5~3号 300m
LST SHOCK LEADER FC50~60LB
ジグ 180~250g
その他 偏光グラス
BOUCHE BLACK CHOPPER

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.