ラインシステム
HOME > 3月

ラインシステム フィッシングアドバイザー

小山圭造

モニター釣行記

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2020年03月31日掲載 西山英司氏からのレポートが届きました。

西山英司氏からのレポートが届きました。


ライトタックルの部。
ザルツ、バスハードFCとザ・ブラックFCの2種を使い込んで釣りまくってみました!
バスハードはシャキッと貼りがあり、直進性が高いフロロカーボンライン。
ザ・ブラックFCはしなやかで、かなりソフトな仕上がり。
例えるとすれば、乾いた感じと潤ってる感じ。
どちらを選ぶかはあなた次第です。
どちらもいい所があって、どちらもオススメしまーす!
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2020年03月17日掲載 西山英司氏からのレポートが届きました。

西山英司氏からのレポートが届きました。


2月末〜3月始めの釣果。
まだまだ寒いです。
基本的には晩冬を意識したパターンでまとまった釣果が出てました。
動いてるバスに確実にアジャスト。
絞り込みやすい冬バス爆釣シーズンでした!ボコボコ!
スピニングタックル、ベイトタックルともに、バスハードFCです。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2020年03月04日掲載 西山英司氏からのレポートが届きました。

西山英司氏からのレポートが届きました。


積雪も無く、全く冬らしくない今季。
気温は高めですが水温はそれなりに低くて、真冬のセオリーに少しだけアレンジを加えて釣りまくってみました。
魚はよく動いていてオールレンジで食いますが、タイミングが極端に短い。
特にクリアアップしたエリアではセレクティブながら、食ったらデカい。
釣れるパターンが存在しにくい時期ながら、だいぶ読みやすい冬だったかと思います。
メタルバイブには、オールバスフロロカーボン。
フットボールとミドストには、バスハードフロロカーボンを使用しました。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2020年03月02日掲載 西山英司氏からのレポートが届きました。

西山英司氏からのレポートが届きました。


凍てつく山陰の海は良型爆釣中。
ベイトタックルでの使用ラインは、ザルツ/バスハードFCです。
ゴツゴツした岩礁帯でのファイト、ラインがガサガサになりながらも切れない!耐えてくれてます!
尺超えクロソイも尺超えカサゴも余裕のやり取りでした♪
スピニングタックルでは何も障害物が無い開けたエリアでは、ロックフィッシュFCを。
ちょっとややこしいエリアでは、ベイトフィネスFCを使い分け。
2月後半になりましたが、まだまだ楽しめます!
手軽に楽しめる釣りですが安全第一。ライフベルトやライフジャケットを着用して楽しみましょう!
釣ってよし食べてよし♪


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.