ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 神吉央

モニター釣行記

1 / 612345...最後 »
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年06月07日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

森水産カップ第2戦エバーグリーンカップ報告!


5月20日に京都府の日吉ダムで開催された森水産カップに挑んできました。
前日より季節外れの寒気による低気温にみまわれ爆風と低水温⤵⤵⤵当日の朝もかなり冷え込みダウンを着込まないといけない寒さ、スタート前から厳しい雰囲気が満開でした。

参加は42名!エバーグリーンカップだけにゲストには菊元プロ、サタン島田さんを初めエバーグリーンテスターが多数参戦で豪華☺

写真1 写真2 写真3

前日プラ情報では現役チャプター選手や現役JB選手も意気込みが半端ない様子ですが・・・一筋縄では行かないのが森水産カップ!

先ずはエリア選択に悩むが、季節的にもいい出会いがあるのか?を確認する為、風裏の世木林エリアを目指しエースとほぼ併走しながらのスタート。どっちに行きますか?と少し前を進む自分に森水産らしい粋な計らい☺左右に分かれ最奥に進んで行くが爆風でシャローは壊滅的だったねぇ⤵

そして最奥からUターンしてくるエースの動きが止まると同時に、数投目にはあっさりとランディングという驚愕の光景を見せ付けられ、サイトテクの格差を思い知らされる現実❗

最初から決めていたけどやはりブラインド勝負ですね👍中流域を目指し三種類のジャークで進んで行くが全くのノーバイト。早くも諦めモードに突入か😅自分にとっては相性のいい実績のあるエリアに入り、一段下のラブラブエリアを丁寧に探り、自分としては異例の1時間以上もタコ粘りをしたんだけど反応無しで、既に時間は11時を過ぎてて諦めモードに拍車が掛かり万事休すか・・・遅すぎる決断とも言うが既に手詰まりとも言うね😭こうともなればいつも通りの自分の一番得意な釣りをして、狙いはビッグフィッシュ1本をウエィインなんだけど、そぅは簡単に行かないのが大会であり森水産カップだね

エリアを大きく変え、ラウンド型のジグで怪しいレンジを探ると、3メートル付近でファーストバイトがあり1本目をキャッチするもオスの40センチ⤵⤵⤵
なるほどねぇ~この場所でこの水深でオスって事ならもぅ少し深くだね👍~って感じであくまでもママ狙い。今度は5メートル付近で押さえ込む違和感を捉え渾身のフッキングしたけど、これまた微妙な40アップ

写真4 写真5 写真6

これはメスだと半ば確信したんだけど、中々上手くいかない現実~⤵これが野池とリザーバーの違いだねぇ😭何人かとスライドするがみんな口を揃えて厳しい様子です。今日のリミットはレイクコンディションを考慮しての3本なんだけど『揃ってる奴いるの!?』って感じの厳しさではあるけど、ここまで来たらビッグママさん交えてのリミットメイクしか無いねぇ❗

相性が良く尚且つ魚の絶対にいるキャスティーク岬付近に移動。チームマルキンのメンバーと出会い自分なりのうんちくを少し語りながらの試行錯誤(笑)宣言通りと言いますか出来過ぎ感もあるがキッチリとバイトを捉える事が出来リミットメイク👍

ギャラリーさんいてたので『これはメスやろ❗』って叫びながら思いっきりフッキングしたんだけどこれまたオスな始末⤵⤵⤵フォールスピード、ボリューム、シルエットなど試行錯誤だったんだけど、エリアやレンジを含め結局はメスの反応を得られず帰着時間。

写真7

森水産カップ参戦史上、最も自分らしいジグの釣りでのリミットメイクではあるがウエイトは超ローウエイト⤵⤵⤵予想通り厳しそうなウエィイン会場も盛り上がりがあまり無く・・・

結果的には42名中唯一のリミットメイクを達成出来たんだけど、ウエイト的には2740グラムと伸ばせず、勝者とは100グラム差で2位止まりに終わってしまったけど、各地の猛者やサイトの達人が競う中、完全ブラインド勝負❗内容的には自信の持てる大会だったねぇ👍

自信にも繋がったので大大大満足です💖

写真8 写真9 写真10

表彰式でのインタビュアーは菊元プロ☺少し緊張したんだろぅねぇ(笑)あまり上手く釣り方の解説が出来ませんでした~😅
次回のdepsカップも頑張ります👍

写真12 写真13

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月22日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


驚愕の野池調査編❗

メイストームが吹き荒れたGWに最近マイブームの同船釣行に行ってきました☺
午後からのトライでしたが、今回も過酷な準備を済ませ午後2時ごろからスタートするが、風に煽られるボートの速度が早すぎ1週目は攻めきれずノーバイト😅

大荒れでやや水温低下はしてるけど、バリバリ釣れそうな予感はする!2週目は風に逆らい丁寧にジグを撃っていくが、無反応でどうやらバスは深そぅな感じ?
ボートポジションをやや沖にとりジグでミドルレンジをボトムパンプで探っていくとバイトが発生し、渾身のフッキングが決まり本日1本目の50アップ捕獲成功👍

写真1 写真2

いつものよぅにランディング後は速やかに沖に出て写真撮影なんだけど、なんせ本日は大爆風にて対岸の岬の芦にささってボートを固定する作戦でした。岬の先端を通過する時にビッグママの上を通過してまい万事休すか😭いかにもママの差してきそぅなポイントだったけど・・・。
写真撮影を済ませ再びリグり直している時に、なんと同船者が抜かりなくそのバスを掛けている!しかしスピニングでのノーシンカーだった為、潜られブッシュに巻かれ残念な結果に😭とても対応出来るサイズではなかった模様ですが、改めてフィールドポテンシャル別のタックルセレクトの大切さを痛感したんだけど、何を隠そうオレ様もあまりの爆風にキャストミスで1軍ジグタックルが既に大バックラッシュしてる現実😭
そろそろ夕方のゴールデンタイム突入でしょうか?トレーラーをボリュームアップしリスタート。数投目のファーストフォールで小さく鋭いバイトを捉えフルフッキングしたんだけど、ロッドが撓ったまま一瞬止まる程の重量感❗そのまま溜めて2度目の追い合わせをしたんだけど、ホントに超パワフルなファイトで伸ばされそうだったけど、ギリギリでクラッチワークで耐える事ができランディングに成功👍

写真3 写真5

パワフルファイトの主は比較的まだ若そぅなビッグママ💖これぞゴージャップ❗最近若い子の間ではゴージャス系50アップの事をそぅ呼ぶらしい(笑)。ホントに小さなフィールドだけど
そのポテンシャルは計り知れないね😲実は今日は『Bait  Strong  Style』だったんだけど正にその名の通り、パワー重視で絶対信頼強度を唄ってるだけのことはあるね❗❗❗

写真6 写真7 写真8 写真9

タックルデータ

※depsスペックルレーサーGP
※depsフラットバックジグ3/8
※depsデスアダーグラブツインテール
※ラインシステムBASS  HARD FC
Bait Strong Style14lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月10日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


GW同船釣行に行ってきました。前々から熱望されていたDくんと初のセッションですが果たして釣って貰えるのしょうか?可能性の高いフィールドをチョイスしましたが・・・笑

先ずは十八番の『三種の神器』でお手本となる魚を獲りたいのが本音です!
今日はキャストが頗る好調で御座いまする~笑☺
そして当然の様に起きるビッグバイトにて50アップをあっさりとゲット👍

写真1

先ずは一安心ですが、同船者Dくんも負けてはいませんねぇ👍同じくジグのカバー撃ちにてナイスフィッシュです☺

写真3 写真4

その後は状況が変わりショートバイトが多発、そしてまぁまぁサイズをバラし苦戦でした😅

ベイトフィネスでの対応を余儀なくされ、ジグのウエイトは1/4オンス、同時にトレーラーも一口サイズにして対応し2本目の50アップを捕獲する事に成功しました。少しスリムだったけどベイトフィネスタックルだけに結構なファイト😲
Bait Strong Style 10lbでねじ伏す事が出来ました👍

写真5 写真6 写真7 写真8

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月07日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


初フィールドにトライしてきました。ボートでの釣行には困難をきたすフィールドですが思い切ってOクンとの同船釣行です。
二人で30分ぐらいかかり、まぁまぁ必死でしたが何とかスタート。
同船者は左きき、自分は左右どちらでも対応出来ますが、右廻りでやや急深なエリアから実釣開始。時期的にはまだまだサス
ペンド系のママを狙える季節!先ずは一番自信のあるジグタックルを握り、魚探を見ながら様子を見て行く展開でしたが、数
投目にはバイトを捉えカバーから引きずり出す事に成功👍苦労をして浮かんだ甲斐のある正に狙ってるタイプのママを捕獲。

写真1 写真2 写真3

一旦沖に出て写真撮影を済ませ、改めてリグり直し再トライ。ゆっくりと静かに近づきロングキャストでしたが、フォール途中
に違和感!?少しずつ前へ前へ~って感じでしたが今日もMark1がいい仕事をしてくれています。してやったりの50アップ2連発❗❗❗
速やかに静かに離れ、また同じ様に慎重にエリアに戻る習慣こそが、実は長年のボートフィッシングで培われ自然と身に付いている
スーパーテクニックですね☺

写真4 写真5 写真6

狙っているとは言え若干出来過ぎな展開で笑いが止まらんとはこの事ですが、同船者のOクンからは『まだ15分も経ってません!
あんな所からこんなサイズ出てくるんですか~!』って当然のブーイングですが、それでも笑ってしまう現実~笑
それでは釣って頂きましょう!って事でシャローエリアでのシャッド操作等をlecture中に沖に黒い魚影を発見してしまう展開(汗)、
エリアその他を考慮すると完全にプリメスだと確信でした。スライドスイマー145をシンクロさせリアクションを入れるとあっさ
りとバイト!こんな時は何をやっても上手く行くもんですね。

写真7 写真8 写真9

既に3連発で大満足すが、ここでOクンの出番で本領発揮しましたねぇ~☺シャッドテクニック炸裂の50アップは決して侮れない
存在です!森水産カップでは手強い相手になる事は間違いないでしょう☺

写真10 写真11

こぅともなれば一発狙いに転じてしまいます👍そして自ずと結果は出るのが釣りの最大の醍醐味では無いでしょうか?文字通りの爆釣。
ブラインドのスライドスイマーでダメ押しの一発❗
僅か2時間半で驚愕の調査結果でしたが、大大大満足でした~👍

写真12

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月02日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


連日の野池調査ですが、いよいよスポーニングが本格化してきているよぅですね。午前8時前に浮かぶ事が出来ましたが既に先行者ありな小規模なフィールド、毎年この時期には数回訪れますが、今年は冬の減水のせいか水質が悪くブラインドで騙すには好都合って感じですかねぇ笑

シャローを観察しながらシャッドを巻いて行く展開ですが、岬を曲がるとすぐにフローターの先行者さんと接近😅そろそろ迂回しようとした時に魚影を確認してしまう現実。とりあえず遠目にルアーを通して反応をチェックすると、ピクッと一瞬反応👍やがて深場へと消えて行くけど是非ともお相手つかまつりたいサイズ!

進行方向にロングキャスト後にグリグリグリ~って巻きでステイを繰り返すと、浮上途中にスーッとチェイスでバクッっと丸呑みバイト❗フローターさんの目前で大ジャンプは出来過ぎながらも、鳥肌ものの快感を感じてしまう釣り人です💖

その後小さなフィールドは満員御礼にて僅か1時間の早上がりですが大満足でした☺

タックルデータ

✳depsバーディックGP/プロト
✳depsイヴォークシャッドMR
✳アルデバラン
✳ラインシステムBASS HARD FC
Bait finnesse8lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月01日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


今期のこの時期もベイトフィネス絶好調です!Oクンとの同船釣行でシャッドテクニックをレクチャー中にお手本フィッシュ☺

ブラインド&見えバスへのアプローチやアクションや角度やスピードと、ホントに奥が深いバス釣りは実に面白いですね👍

実際に目で見る事が、ブラインドシーンでも水中では起こっていますよねぇ?想像やイメージを膨らませながらルアーを操作するよぅに心掛けています。サクッと2本目をキャッチ出来ました👍

タックルデータ
✳depsベイトフィネス/プロト
✳depsイヴォークシャッドMR
✳newアルデバランBF
✳ラインシステムBASS HARD FC
Bait finnesse8lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月27日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


先日とはうって変わり本日はビッグベイターなり👍
今期はMark1に頼りっきりになっています💖
やはり豪快な釣りでの会心の一発は痺れます~❗

タックルデータ

✳depsアウトクロスGP改
✳depsスライドスイマー175
✳シマノ/メタマグXG
✳ラインシステムG7トーナメントジーンMark1

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月24日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


未知との遭遇です(笑)
ブルフラット2インチが着弾!そろそろこんなトレーラーが必要になるのか~😅

森水産カップの練習にプチテストでしたが、ベイトフィネスのダウンショットで一撃のバイトにて検証終わりました『餌ですね!』
まあまぁサイズでしたがベイトフィネス専用設計のラインで安心ですね☺

タックルデータ

✳depsバーデイックGP
✳depsブルフラット2インチ
✳シマノ/アルデバランBF
✳ラインシステムBASS HARD FC
ベイトフィネス8lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月20日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


冬季に大減水していた小規模フィールド群は、全てほぼ満水状態に回復し一気に春めいてきています☺

これからのローテーションが楽しみですが、今日は今年2度目の比較的南部に位置する野池へ調査👍水温は13~14℃ちょい位ありそろそろラブラブモードな雰囲気満載でした。

スポーニングエリアに隣接する深く掘れたクリーク沿いに、イヴォークシャッドでジャーク&ポーズを繰り返すとコツン❗って絵に書いたよぅな理想的な展開👍
まあまぁ~な50アップ捕獲成功でした。

写真1 写真2 写真3 写真4

タックルデータ

✳depsサイドワインダー/ベイトフィネス(プロト)
✳deps・イヴォークシャッド
✳シマノ・newアルデバラン50HG
✳ラインシステム・BASS HARD FC
ベイトストロングスタイル10lb

帰り道に少し寄り道をし、久しぶりの陸っぱり👍シェードにキャストしたnewスライドスイマー175を引ったくる元気なオスをゲットで大満足でした☺

写真6

タックルデータ

✳depsサイドワインダー・アウトクロスGP改
✳deps・newスライドスイマー175
✳シマノ・メタマグXG
✳ラインシステムG7トーナメントジーンMark1/20lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年04月12日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


いよいよ春本番ですね☺
冬時期に心配になるほど大減水していた野池に調査に行って来ました。

今年初の小規模フィールドはやっと満水になったが、魚が生存しているのか疑問を感じながらのスタートでした。

満水でカバーがあちこちに点在し、先ずは3/4オンスのテキサスリグで濃いカバーを撃ち抜いて行くとすぐに反応があり、まぁまぁサイズを捕獲成功し最先のいいスタートと同時にBASSの生存確認も出来て一安心☺
写真1 写真2
狭いパントでのセルフタイマー自撮りに苦戦しながらも、自然と笑顔になりますねぇ~笑。続けてショアラインはジグで、凹みのカバーにはテキサスリグで攻めて行くとジグがスタック😅
大事なポイントを潰してしまわないよぅに気配を殺し静かに近付き回収機で素早く回収!
その際に隣接する怪しいポイントがあれば、エレキを踏まずにそのまま撃って行くのは経験上とても大切は作業です。回収時にボートの真下から黒い魚影が飛び出しひったくりバイト👍ホントしてやったりだねぇ~回収後の縦のフォローには口を使わないんだけど、回収してる最中の横の動きには好反応でした💮

写真3 写真4 写真5

タックルはdepsサイトワインダー/ベノムファングFE63の短かめなフリッピングモデル➕新規導入したシマノ/バンタムXGなんだけど。タックルの強靱なバランスは確認済みですが、ラインとのバランスも最重要課題ですね❗カバーや背景と同化してしまう時のラインメンディングやバイトの確認の手助け、また水深の確認やスピード把握にも最適ですね👍
写真6 写真7
色んな確認作業が出来た後は釣りたい(曲げたい)タックルセットがいつも出てきます笑

それは言うまでもなく一番得意としているジグタックルですが、こんな時には簡単に釣れるんだよねぇ👍

ジグをくわえて前へ前へって感じの賢い食い方したけど逃しませ~ん☺バイトマーカーのお陰でラインの動きが良く分かりお勧めですよ👍
写真8
僅か1時間あまりで3連発は上出来でした。貴重なフィールドでの乱獲はいけません。大満足で終了です。

タックルデータ

✳テキサスリグタックル
✳G7トーナメントジーン・Mark1/16lb

✳ジグタックル
✳G7トーナメントジーン・Mark1/14lb

1 / 612345...最後 »

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.