ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 神吉央

モニター釣行記

1 / 812345...最後 »
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年12月14日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

2018森水産カップ・トップ10戦報告


今期絶不調ながら辛うじて8位にランクイン。文字通り選ばれし者達の頂上決戦で一矢報いたいのが本音です❗
この時期に過去に例を見ない大減水の中ランチングにも時間が掛かり午前9時前に遅めなスタートでしたが、スタート直後よりリアエレキの調子が悪くスピードが出ないと言う不穏な雲行き少し巻きながら中流の第一目的エリアにやっとの思いで到着しサーチ開始でしたが、全く反応は無くノーバイト⤵⤵⤵

写真1

そして次なるエリアに移動中に、大減水により露わになった沖の立木軍や、前回大会で大爆発した水中島周りをサーチしながら魚探にマークを打つ作業に没頭してしまい。大会中にも関わらず2時間もの時間を費やし既に12時残りの時間は上流域で勝負と決め移動。
エリア手前からバンク際を並行に巻きで流してくと、やがて上流の立木軍エリアへ到達。大きな変化の1つ目はチャンスゾーン❗群生する立木は奥行きもありボートポジションは沖目の選択撃つのか巻くのか悩みはありましたがクランクをチョイスし、水中の立木の枝ぶりや長さを確認しながら想像力も働かせキャストを繰り返していく作業。複雑な立木軍を軽快に抜けてくるコリマグ350ですが、やや直角気味にコンタクトし次の枝を越え平打ちの瞬間にバイト発生❗魚だと確信はしたものの一向に動かなく次の枝に巻かれてる様子テンション抜かずにエレキで駆け寄ると直ぐに抜けファイト開始。
同時にランディングネットを忘れる事に気付き焦るが勝負しかない現実❗抜き上げに余裕で成功したんだけど、ベイトストロングスタイル14lbを巻いてて大正解でした

写真2 写真3 写真4 写真5

遅過ぎる一本目は推定46㌢1500㌘は楽々ありそぅな綺麗なBASSいつものよぅにプレッシャー考慮し沖に出て写真撮影とラインチエック巻かれて擦れているであろうラインは全くも問題無しなんだけど、念のために3㍍位はカットしリグり直す作業も必須ですね☺
午後になり気温上昇と共に少し風が吹き始め、やはり浮いて来てる模様。先程のヒントを基に縦、横、斜め方向にキャストしていくと直ぐに同じく直角気味に抜け出し姿勢が戻った瞬間にガツンっ❗2連発目は遙かにパワフルなファイトをし、さすがに抜くには躊躇するサイズ?思い切って鷲掴みでキャッチ成功☺
50あるんじゃないの!?
大会中の魚は大きく見えます(笑)まぁ推定48㌢1800㌘にしておけば間違い無いサイズですね

写真6 写真7 写真8 写真9

やや出来過ぎな感じはあるが、自分なりに日吉ダムで最も難しいと思うヘルシーな45㌢アップ❗こんなの連発でテンションも上がります☺この日のルールは30㌢以上の3本リミット!こうともなれば当然目指すはリミットメイクですが・・・しかしそうは簡単には行かないのが大会であり、また釣りでもある現実
そしてまたついつい悪い癖が出てしまう有様、最後の留めは得意なジクで獲りたい!最上流に向け手を替え品を替え撃っては巻きを繰り返すがジグを巻き気味に使い枝に当てリアクションバイトを誘ったり、ジャークベイトを用いたりスピナベを平打ちさせたりとやってる事は同じ!?だとは思うんだけど・・・やや手詰まりな感と同時にノコサレタ時間が余りにも少なく焦る
覚悟を決め散々マークをした水中島周りで最終クランキングですが、入れ替わり立ち替わり攻められた後のエリアだけに?マーク作業の時に気付いていた、中心部より外側の浅いエリアのハンプや小さな立木に狙いを絞り、ロングキャストでボトムを叩いて行くと障害物を回避直後にテンションが掛かり、これまたナイスファイトであっさりとリミットメイク達成~
クランキング3連発でミラクルとは正にこの事!帰着時間ギリギリで写真撮影も出来ず、ダメ押しエレキは遅くホントにギリセーフのウェイインでしたが既に勝利を確信(笑)?本日は贅沢にもトレーラーウェイインなり

写真10 写真11

結果は8名中4名ウェインでウェイイン率50%
唯一のリミットメイク達成
3本5620㌘でぶっちぎりの優勝を飾る事が出来ました

写真12 写真13 写真14 写真15 写真17

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月27日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

森水産カップ最終戦報告


今年は台風の影響で合計4戦しか開催されていない森水産カップですが、最終戦に参加してきました。参加約40名で意気揚々と気合いも入りスタートし、先ずは巻きの展開からでしたが
全くノーバイトが続き、遂に昼を過ぎてしまい万事休す😅

残り少ない時間をベイトフィネスで勝負していくと、握り変えてすぐに呆気なくあっさりとバイトがあり、貴重な40アップを手中に納める事が出来ましたが既に遅く撃沈😭⤵43㌢1300㌘のみのウェインで終えた最終戦でしたが、戦略・エリア・技術面も含め全くアジャスト出来ませんでした(泣)

結果は石本氏が驚愕の7キロオーバーを持ち込み優勝❗スタート前は今期1400㌘足らずの圏外から一気に8キロ超えの年間優勝をも奪い去る快挙😲改めて本大会の凄さを思い知らされました❗これだから森水産カップは辞められません。

残すは年間トップ10戦ですが8位にランクインしており、最後にいい釣りが出来るよぅ切り替えて頑張りたいと思います👍

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月09日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


エギ師匠に誘われ久しぶりに淡路島にエギングに行って来ました☺
大潮の初日で潮が早く軽いエギでボトムを取るのに少々苦戦しましたが何とかイカを触る事が出来ました👍

タックルデータ
✳depsサイドワインダーEM832MLRエギングモデル
✳ラインシステム・CASTING  PE0.6号
✳ラインシステム・BASS HARDベイトフィネス 7lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月07日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

野池釣果報告!


珍しく早朝よりの出撃ながら、準備中に激しい雨に襲われ結局は午前6時スタート。
トップに出そうでしたが無駄な時間を費やしてしまいました。焦りも重なりインレット
をテキサスリグで勝負する事にしました。ややスリムな魚体ですが予想通り一投目でバイト👍
コレって狙ってるタイプとは全く違う種類の誰でも釣れるBASSだけど😅取りあえずはブログ&レポートネタを確保で一安心ってところですかぁ~笑

写真1 写真2 写真3 写真4

なかなかサイズを選べませんがその他数本をキャッチ👍今日もブルフラットに好反応だけどその後は少々苦戦しました。やがて低気圧が通り過ぎ、そして爆風が吹き荒れ晴れ間も覗き始め、濃いめのカバー中心な攻めにシフト。カバー最奥から狙ってるタイプの秋の捕食系ブリブリくん出現❗

写真5

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月02日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


秘境とも言える初フィールドにトライしましたが、水質はかなりクリアで実は昔から苦手なんですよねぇ~⤵
水深5㍍近くまで丸見え状態で規模がかなり小さく、浮かぶのか?悩みましたがせっかく来たんだからって事でトライ👍
やはり難易度は高くディープのフットボールで一発のみ❗

写真2

先日テレビを見ていると人気アイドルグループの番組で外来魚の駆除が❗❗❗
自然条件と人為的にもフィールドが失われて行く現実ですが、苦手意識のあるフィールドやハイプレッシャーフィールドにも対応出来る能力を養って行かなくてはなりませんねぇ~レッツトライ👍

写真3 写真4 写真5 写真6

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年10月24日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


サポート商品が続々と届き自然とスイッチが入る単純な『我釣り人なり』!珍しく早朝より野池リベンジですが、
タックルメンテの後はいつもこんな感じでエレベーターに乗り、駐車場までの移動に苦労します😭

写真1 写真2 写真3 写真4

フィールド到着時に激しい雨に見舞われ、待機を余儀なくされたんだけど一人で8分スタンバイを済ませ実釣開始👍
この日も小さい個体の反応が良すぎてラッシュ!コバスの猛攻に耐えながらウィードエリアでは明確にパツンっ!
って鋭い当たりを捉えて久々に腰を入れてフッキング👍やっとまともなサイズに出逢えました☺

写真5 写真7 写真8

タックルデータ

✳depsサイドワインダー・ベノムFE
✳depsブルフラット4.8ライトテキサス
✳シマノ・バンタムMGL/XG
✳ラインシステム・バスハードFC
Bait  Strong  Style16lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年10月22日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


強靱なタックルに見合うラインと魚の大きさが比例してないと😭前回レポートにも書きましたが、
以前としてコバスラッシュが続いてて頭が痛い今日この頃です❗野池の陸っぱり釣行記を一気にサラッといきますねぇ笑

写真1 写真2 写真3

何だろぅ~?釣れども釣れどもサイズが伸びません😭

写真4 写真5 写真6 写真7

今年は水位変動が激しく大きな個体はホントに反応が悪いよぅな感じがします!
いつどんなサイズを掛けてもいいよぅにベイトストロングスタイルなのですが・・・・😭

写真9 写真10

ホントに小さい個体の反応が良すぎてトレーラーの消耗もハンパないです(泣)

写真11 写真12 写真13

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年09月19日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


ブルフラット5.8インチ丸呑みバイト❗❗❗

強靱なタックルにも負けない、超ストロングなラインシステム製のラインでいつも勝負をしていますが、ここんとこいまいちサイズが、比例していなかっただけにこの一発は実に嬉しいの一言☺

ルアーサイズとバイトから想像出来る魚のサイズだけに、自信を持って思いっきり腰を入れてフルフッキングが絶対条件です❗❗❗

タックデータ

✳depsサイドワインダー・ベノムFE
✳depsブルフラット5.8inch
✳シマノ・バンタムXG
✳ラインシステム・バスハードFC
ベイトストロングスタイル16lb

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年09月19日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


久々に大減水の野池で陸っぱりです。噂によるとソーラーパネルが入る予定の減水!?只でさえフィールドに困ってる現実ですが、また一つフィールドが消えつつあります😭

範囲の狭くなったフィールドは絞り易く、怪しいブッシュをジグで撃って行くと直ぐに答は出ましたが、溶存酸素量の少なそぅな白濁した水、そして独特な白っぽい色をしたバスが少し可哀想でした😭

写真1  写真2

フィールドを変えリトライ👍トップで一発とジグではコバスが連発でした。たまには陸っぱりもいいですねぇ☺

写真3 写真4

✳バスハードFCベイトスロトングスタイル14lb
✳バスハードナイロン・オールラウンド14lb
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年09月11日掲載 神吉央氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 神吉央氏からのレポートが届きました。


ご無沙汰しております。台風ラッシュが続き予定されていた大会等も中止になり、同時に少し夏バテ気味で暫しの休息中でしたが8月の釣果報告です☺

台風の影響が心配なフィールドへ調査に行ってきました。雨雲レーダーと睨めっこをしながらのランチングを済ませ、小さなフィールドでの短時間勝負でしたが小雨モードでラッシュに入りジグで連発👍

雨と濁りの恩恵を受けましたが、高気圧が張り出してくるとパタっと沈黙・・・生き物って正直ですよねぇ笑

1 / 812345...最後 »

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.