ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 北林賢一

モニター釣行記

1 / 212
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年03月15日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


少し気温も上がって来て春めいてきましたね。
そこで春の魚、鰆狙いで出港してきました。
去年は不調だったのですが今年はサワラやサゴシが入って来てるみたいなので楽しみです。
ポイントに着いてベイトの感度を探しましたが中々いい反応が無く、薄い反応でしたがやってみました。
鰆釣りはガンガンしゃくらないでもいいのでラインは少し細めのボートライトゲームX8 1.5号
リーダーは歯が鋭いので少し太めでショックリーダーFC50LBを使用。
ジグをボトムからスローなワンピッチでしゃくってくると早速HIT!
ロッドもライト系のロッドなので良く曲がって楽しくやり取りができます。
上がって来たのは本命のサワラ。
続いて同行者もサワラHIT!
今日は絶好調と思いましたがその後が続かなく苦戦。
昼前ぐらいになってベイトの感度も良く映りだしサゴシも良く当たってきました。
サワラは歯が鋭いので小まめにチェックしながらシャクリます。
サゴシがポツポツ釣れてくる中からサワラもHITしてきたりで昼過ぎぐらいに
終了しました。
沖合ではメジロやブリの情報もあるので今度は青物狙いに行ってきます。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年11月09日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は青物を求めて舞鶴沖に出港しました。
天候も良く波も無くいい感じです。
ナブラも出たりしてました。
最初は深場でタイラバで真鯛狙い。
ラインシステム ボートライトゲーム1号 ショックリーダーFC20LBで狙います。
水深が120mぐらいあるので底から30mぐらい巻きあげての繰り返しで狙います。
10mぐらい巻きあげた所でゴツゴツ当たりがあり食い込むまで我慢しながら同じスピードで巻いてきて
フッキング!真鯛独特の引き方!楽しくファイトしてましたが掛が悪かったのかフックアウト、、、
気を取り直して本命の青物狙い。
ポイントでは中層までいい感度もありスタート。
青物狙いはジギングPE X8 3号 ショックリーダーFC 35LBで狙います。
ボトムから中層までを早や巻きからのロングジャークの繰り返し。
ロングジャークからのフォールでHIT!
青物も元気に走り回って楽しいです。上がって来たのは丸々したメジロ!
同行者もみんなHITしたりでみんなハイテンション!
バタバタ釣れた後、どんどん潮が遅くなってきて感度はあるのですがなかなか当たりが無くなって来て
午前の地合いは終了。
そこそこ釣れてたので今日は終了しました。
今から脂の乗ったブリなども良く釣れてくるので楽しみです。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年10月22日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は天候も良く波も無いみたいなので舞鶴沖に出港してきました。
狙いは青物!
ジギングメインでの出港です。
約1時間でポイント到着。
鳥山もあり少しナブラもなってて雰囲気は良さそうです。
ジギングPE x8 3号とショックリーダーFC 35LBの組み合わせで開始です。
ジグはメジャークラフト ジグパラ ショー180gを使用。
ボトムから中層まで早や巻きロングジャークで狙いますが無反応。
どうもベイトがシラスだったので反応が悪い感じです。
そこで今度はタイラバで真鯛狙い。
ジギングPE X8 1,5号とショックリーダーFC20LBで開始しました。
水深は120mぐらいなので流れる分もあるのでラインは300m巻いておきました。
ボトムからゆっくり巻いたりを繰り返すと真鯛の当たり! 当たりがあってみ食い込むのを我慢して
食い込んだ所でフッキング! ロッドも大きく曲がりいいサイズ! そう思った瞬間ばれてしまいました。
回収して確認するとフックが折れてました。
気を取り直してまた巻いてると当たりも連発!でもなかなかフッキングに持ち込めなくてイライラモードに!
でもこのままでは終われないので頑張ってるとHIT!水深も深いしラインも相当出てるので慎重にファイトすると
綺麗な真鯛が浮いて来ました!
その後、すぐにHIT!先ほどより良く引いてドラグも出てなかなかいいサイズ!
楽しくやり取りして上がって来たのは70cmの真鯛!
日本海の深い所でのタイラバは大物が狙えるので面白いですよ!
これから水温も下がって来て青物も活性が良くなって来るので狙いに行ってみます。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年07月06日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は舞鶴沖にイカメタルでマイカを狙って出港してきました。
天候も良く暑くも無く絶好の夜遊び日和
夕方ぐらいに出港して集魚灯を点けて狙います。
使用したラインはラインシステム メタルゲームX8 0.6号
鉛スッテは15号。このラインは伸びも無くしなやかで小さなイカの当たりも取れて非常に
使いやすい専用ラインです。
開始して直後は底付近を狙ってしゃくってストップ!すると早速HIT!
良く引いて上がって来たのはマイカ!
面白いです。同行者は初心者でしたが少しコツを教えるとHIT!2人で笑顔です。
どんどん日が暮れて来てベイトの感度が上がって来たので狙う水深も上げてきてシャクルとよく乗ってきました。
イカ釣りは夜なので涼しくていいですよ!食べても美味しいし!
皆さんも狙いに行ってみてください。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年05月16日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日はサンテレビ 四季の釣りの取材のお手伝いで 堺のシーマジカルさんでタイラバで真鯛狙いです。

今日使用したのはラインシステム ボートライトゲームX8 0.8号 ショックリーダーFC 16LB で1日巻きたおして来ました。

タイラバが着底してから10mほどを巻いて下しての繰り返しです。

釣りが始まって早速底から5m付近で当たりがあり食い込んだのを待ってフッキングです。

真鯛独特の引き方で面白いです。 上がって来たのは小型でしたが綺麗な真鯛。

その後も周りでもポツポツ上がって来て順調に取材も進みました。

終盤になって僕にドラマが!

ボートライトゲームがいい仕事をしてくれました。

感度も良く強度もあるので安心してファイト出来ました。

詳しくは5月29日 サンテレビ四季の釣りでお楽しみください。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年04月01日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は大物を求めて沖のポイントに向かいました。
早速ポイントについてジギング開始。
ラインシステム ジギングPE X8 3号 ショックリーダーFC40LBを使用します。
ジグがボトムに着いてから早や巻きからのロングジャークでフォールを入れるとHIT!
出足から絶好調!でも本命の青物ほどファイトしません。上がって来たのはシーバスでした。
それ方しばらくHITも無くウロウロして青物の感度を発見。
地合い突入です。
ボトムから早や巻きからのロングジャークを入れてやるとHIT!今度は青物!良く引いて楽しませてくれます。
上がって来たのはメジロ!その後は入れ食いタイム!
メジロのダブルHITやブリも上がったりでしんどいですが面白いです。
午前中でバラシも入れると2ケタHIT!
昼ぐらいになり活性も落ち着いてきたので早めに港に向かいました。
帰る途中にタチウオポイントを探索したら感度があったので今度はタチウオジギング開始。
ボトムからゆっくり上げてくるとHIT!青物とは違う独特な引き方で面白いです。
30分ぐらいの時間でしたが2人で10匹程度釣れました。最大は指4本ぐらい。
いいお土産になりました。
青物真っ最中の日本海!早く釣りに行ってくださいよ。

 

mark メジャークラフト NPジャック NPJ 54/5
mark ステラ8000PG 10000PG
ラインシステム ジギングPE X8 3号
ラインシステム ショックリーダーFC40lb
シャウト ステイ 160g
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年03月23日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は久しぶりに舞鶴から出向してきました。
今年は舞鶴でタチウオが釣れてるのでまずはタチウオからスタートしました。
タチウオ狙いにはボートライトゲームX8 0.8号にショックリーダーFC 4号+18号を使用します。
ジグがボトムに着いてからゆっくりワンピッチでシャクリ上げてきます。
するとボトム付近でガツンとタチウオの当たりです。タチウオ独特の引きこむような引きでファイトも楽しいです。
上がって来たのは指4本サイズのタチウオ^^ 日本海のタチウオも面白いです。
いい感度のある所では当たりも連発で面白いです。
お土産も確保した所で沖に青物の様子を見に行きました。
何箇所か青物のポイントを回りましたが異常なかったのでまたタチウオの場所に帰ってきました。
そこでまた感度のある所を探してスタート!
でも朝と同じシャクリ方をしても当たってこないので、ワンピッチから変化を加えたりストップを入れたりすると
当たりが連発しだしました。
その中から指5本サイズも上がっていい感じの1日になりました。
タチウオは歯が鋭いので太いリーダーを使用していてもラインチェックは小まめにしてください。
これからどんどん水温も上がって来ると青物も動きだすのでまた狙いに行きます。

mark メジャークラフト ジャイアントキリング GKJ-B68M/tach
mark オシアカルカッタ200
ボートライトゲームX8 0.6号 0.8号
ショックリーダーFC 16LB+80lb
シャウト ライテン
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年10月12日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は今年初のテップランに行ってきました。
アオリイカも大分大きくなっている情報もあったので楽しみで出港してきました。
ポイントについて早速開始です。水深は20mぐらいで始めました。
1投目から同行者がHIT!しかもいいサイズ!

少し焦る。。2投目でまた同行者HIT!さらに焦る。3頭目、、、また同行者!もっと焦るけど慎重にボトムからシャクッてエギをステイ状態で竿先に集中!すると竿先がフッと軽くなったので軽く合わせるとHIT!するとボチボチのサイズでロッドもバットから曲がり良く引いて面白い!
テップランのアオリイカ最高です。
その後も2人とも順調にHIT!ノリノリ状態もあったりで非常い面白い!
ラインはラインシステム アオリイカスーパーキャスト0.6号!水切れも良く感度もいいです。
細かな当たりも逃しません!

エギが着底したら少ししゃくってステイ状態でテンションをかけて当たりがあるのを集中して当たるとあわせを入れてやります。当たり方も持っていくような当たりもあれば、食い上げっる様な当たりもあるし触手でエギをパンチされるようないろいろな当たりがあるので面白いです。
ロッドも小さな当たりも取れる専用ロッドがお勧めですよ。
途中から同行者の釣果も抜いてご機嫌です。^^

午前中だけの釣りでしたが2人で約40パイぐらいでした。
これから水温も下がって来て安定していいサイズのアオリイカが狙えるようになって来るので面白いですよ。アオリイカは食べてもモチモチで美味しいし^^
また狙いに行ってみます。

mark メジャークラフト クロスステージ CKJ S702NS/TR
mark セルテート 2508
ラインシステム アオリイカスーパーキャスト0.6号 エギングリーダー2号
その他 使用仕掛 : マルキュー ダートマックスTR30g
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年10月05日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日はいつもお世話になっている加古川のビッグファイターさんで出港してきました。
予約した時はタチウオを狙う予定でしたが、最近タチウオが厳しいみたいなので青物狙いのジギングに変更で行ってきました。
出港して30分ぐらいで到着。
早速開始です。
ラインはラインシステム ジギングX8 2号 ショックリーダーFC35lbを使用しました。
潮が速いポイントなのであまり太いラインは流されていくので細めの方がいいですよ。
あまり細いとブリとかかかると切れたりもするのでほどほどに。
スタートしてすぐに同行者にHIT!ドラグもガンガン出ていいサイズ^^
間違いなくブリ!
の予定でしたが残念ながらバレれしまいました。
そのあと少し場所移動してシャクリます。
今はベイトが小さなタチウオなのでジグはシャウト ワイズ140g 180g アルミタチウオ などを使用しました。
ボトムから10回程度ワンピッチで誘います。
するとゴツンっと当たりで合わせるとHIT!
ジギングの楽しい瞬間です。
青物にしたらそんなに引かないけど楽しくファイトして上がって来たのはサワラ^^ おいしい食材GETです。
その後すぐに同行者にHIT!こちらも良く引いていて楽しそうです。
上がって来たのはメジロ!
みんな気合が入ります。
ボトム中心に集中してシャクリます。
僕も当たりも何度もありサワラにラインを切られたりもありましたがメジロもサワラも釣れて楽しかったです。
今日は活性が少し悪いみたいなので当たりがあっても乗らない時やバレたりもあったりでしたが全長の的確な操船と指示でみんな楽しく釣りができました。
これから青物本番になるのでみんな行ってみてください。

加古川 ビックフャイター
http://bigfighter.donburako.com/index.html

mark メジャークラフト ジャイアントキリング GKJ-B57/4
mark シマノ オシアジガー1500HG
ラインシステム ジギングPE X8 2号 シュックリーダーFC 35LB
その他 使用仕掛 : シャウト ワイズ 140g 180g
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2014年09月18日掲載 北林賢一氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 北林賢一氏からのレポートが届きました。


今日は同じラインシステムモニターの池田隊長と楽しく出港してきました。
狙いはタチウオ!ワイワイ言いながら出港して40分ぐらいでポイント到着。
タチウオにはLST ライトボートゲームX8 0.8号に、ショックリーダーFC16LBに80LBを連結させて使用しました。

ジグを底からゆっくりしゃくって来てストップを入れてやったり少しフォールを入れてやったりして誘います。
さすが隊長!早速いいサイズをHIT!続いて僕もHIT!やっぱりタチウオ楽しいです。
青物や、鯛とは全く違う引き方で面白いです。
そこから、シャクリを変えたり、ジグの色を変えたりでポツポツHITしてきました。
時間がたつにつれてどんどん潮が止まりだし活性が悪くなり当たりも少なくなってきましたが隊長と楽しくワイワイ言いながら釣りが出来ました。

タチウオは歯が鋭いのでリーダーを太くしたりしてますが、リーダーが傷ついたりしてるので
小まめにチェックして下さい。ドラゴンサイズがかかったら切れてしまったりしたらもったいないので。
タチウオはまだまだこれから釣れるので食べてもおいしいし狙いに行ってください。

今日は池田隊長との初めての釣りでしたが大変楽しく釣りが出来て良かったです。
またコラボして色々な所に一緒に行きたいです。

mark メジャークラフト ジャイアントキリング GKJ-B68M/tach
mark オシアカルカッタ200
ラインシステム ボートライトゲーム X8 0.6号 0.8号 
ショックリーダーFC 16LB+80lb
その他 使用仕掛 : シャウト ライテン
1 / 212

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.