ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 古澤英二

モニター釣行記

1 / 41234
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年06月26日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


せっかくの週末に限って、低気圧の接近で、
海はウネリと爆風で、渡船屋さんは船止めです(泣)
こんな時は、やっぱり天気の影響の受けにくい、海上釣堀ですよ〜!
てことで、
和歌山県は白浜のカタタの海上釣堀さんに、行ってきました!
こちらは、小物生簀、一般生簀、ゆったり生簀と、3コースから選べます。
今日は一辺が22メートルの、ゆったりコースを選択しました。
自分は朝イチから、ウグイを泳がせて、底付近で青物狙いです。
しかし、モーニングの反応は悪く、しばらく苦戦します。
反応が有ったのは、やはり潮が動き出す10時頃でした。
3号のウキがスッと海中へと消えていきました!
しっかり飲ませるため、少し間合いをおいて合わせると、
ガツンッと根掛かりにも似た重量感です!
青コールと同時にやり取りしますが、凄いパワーです!
しかし
今日の仕掛けは、クッションゴムは付けず、道糸はラインシステムの礒フカセサスペンドの4号を装着して、その強靭さと、ナイロンの伸びで衝撃を吸収し、確実に取り込めました
\(-o-)/
それで活性が上がったのか、
その後も終了の14時まで、
ヒラマサ、メジロ、ハマチ等良く釣れてくれました(^o^)
良く釣れて、釣り場まで歩いて渡れるカタタの釣堀さんは、オススメスポットですよ〜♡
mark 海上釣堀竿 4m
mark 5000番スピニングリール
ラインシステム 礒フカセサスペンド4号
ラインシステム 礒フカセハリス3号
その他 TAG'S  ウキ止め糸 シモリ玉
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年05月16日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


令和一発目は、
東京からフェリーで7時間の、三宅島に遠征です!
尾長グレパラダイスの三宅島、
黒潮直撃、尾長の乱舞!
…のイメージでしたが
黒潮は本島より離れ、天気も大荒れの最悪コンディション(T_T)

IMG_20190501_153827
風速20メートル程の雨風の中、なんとか竿を出せる場所でやってきましたョ!
しかし、魚の活性はイマイチで、釣れるのはイスズミ、サンノジ、ボラ(笑)等の外道ばかり。
納竿間際に、口太グレの40アップが釣れましたが、
この日は、本命尾長には、辿り着けませんでした(ノД`)

滞在最終日は、午前中のみの竿出しでしたが、ようやく天気は回復し、気合が入ります•̀.̫•́✧
そして想いは通じたのか本命尾長に出逢うことが出来ました(^o^)

IMG_20190502_104423
40アップ尾長のパワフルな引きにも耐えうる、ラインシステム磯フカセハリスは、信頼出来るタックルです。
三宅島は
タイミングが良ければ、40オーバー尾長の数釣りが出来るのですが、今回はそれではなかったようですネ。
また是非ともリベンジしたいです‼

mark 磯竿2.25-5.5
mark LB8000スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド5号
ラインシステム磯フカセハリス 3号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年04月26日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山は大引の磯釣りに、行ってきました!
上野渡船さんに、お世話になり、渡礁したのは一級磯のアシカの水道(^○^)
上り潮が入れば、ゴンゴンと沖に流れる潮に、
ラインシステム磯フカセサスペンドを80メートルほど潜らせていくと、急にラインが加速して走ります!
ずっしりとした魚信を感じながらやり取りし、
顔を見せてくれたのは、腹パンのクチブトグレ!
その後も、縦に横にと、広範囲に探り、数匹のグレに出逢うことが出来ました。
狙いのグレは、もぅ産卵期に入っており、望みは少ないかと思っておりましたが、顔を見れて、満足の釣行となりました\(-o-)/
mark 磯竿1.25-50
mark LB2500スピニングリール
ラインシステム 磯フカセサスペンド 1.5号
ラインシステム 磯フカセハリス 1.5〜1.75号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年04月26日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山県は有田の、海上釣り堀紀州さんに行ってきました!
海水温も17℃台に急上昇し、今まで居残っていた魚たちが、目を覚ましたように、爆釣しているようです(^o^)
そんな状況なんで
お客さんも超満員です!
開始の合図とともに、底付近から探っていくと、
すぐさまウキに反応あり!
テッパンの真鯛をゲットヽ(`▽´)/
周りのお客さんも次々に竿を曲げ、ブリ、真鯛、ハマチ、シマアジを釣り上げて、生け簀は大賑わいに!
潮の状況で、食い渋る時間帯は有りますが、
際釣りや、棚や餌の種類を変えるなどで、魚は反応してくれました。
終了時刻まで、活性は良く青物、赤物、共に大漁でした。
特に紀州さんの魚は美味しいと、周りでも評判ですょ!
mark 海上釣り堀専用ロッド
mark スピニングリール
ラインシステム海上釣堀マーク1 3号
ラインシステム磯フカセハリス2〜5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年04月19日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山は湯浅の磯フカセチヌに、行ってきました(^○^)

釣れてます!
只今、乗っ込みチヌが爆ってます‼

連日好釣果が続いており、
お客さんの中には、2桁釣りの方もおられ、
更には20枚以上釣られる方もおられました!(@@)

磯チヌはパワフルで重量感も有り、やり取りも最高です(^o^)
サイズも年無し混じりで申し分ないですよ。

使用ラインは、ブラックシーブリームのナイロンサスペンド、1.5号です。
ホワイトカラーで視認性も最高、
撥水加工で水切れが良く、操作性も抜群です!

mark 1-53
mark LB2500
ブラックシーブリームナイロンサスペンド1.5号
磯フカセハリス1.5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月07日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


大阪は小島の、船タチウオに行ってきました(^o^)
連日の釣果も絶好調の、小島丸さんにお世話になり、小島沖に出航です!
出航から10分程で、水深約60メートルの通称アカマツ沖へ到着。
船頭さんの合図を聞いて、仕掛け投入。
スローで巻き上げていくと、45メートル程で早くもアタリが出ました!
合わせを入れると、ガツンと竿が大きく曲がり、タチウオ特有の強烈な引き込みがたまりません!
上がってきたのは、指4本ピカピカのタチウオ
一投目にして出会えましたヽ(=´▽`=)ノ
その後も、一投一釣、ダブル有りの高活性!
水深80メートルポイントではサイズもアップ〜!
タナは変化するものの、
12時の納竿まで、アタリは止まりませんでした。
道糸はラインシステムの
JIGGING PE X8の3号を使用しました。
深い水深でも、8本編みで水の抵抗が少なく手返しが早く、釣果に差が出ます!
今回ドラゴンは出ませんでしたが、
私一人で中型が50本を超える釣果となり、大大満足の釣行となりました。
今年のタチウオは大当たり年ですよ٩(๑´3`๑)۶
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年02月19日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山県有田の
海上釣堀 紀州さんにお邪魔してきました〜(^o^)
2月は青物祭りを開催されており、いつもより青物の放流量がアップするらしいので、ブリ、カンパチに期待です!
朝イチのマダイのモーニングサービスは、パラパラでしたが、
それを追うように青物の魚影がチラチラと視認出来ます(゚∀゚)
やる気の有る魚が、浅い所まで浮いてきてるので、オモリを外し、軽いエサでゆっくり落としていくと、ラインをひったくるアタリが!
80センチオーバーのまん丸ブリをゲットンヽ(=´▽`=)ノ
その後もブリカンパチを、ラインシステムの海上釣堀 PEX8マーク1の3号で確実にキャッチ。
8本編みで強度は勿論、巻き上げ時もガイドの干渉も少なくスムーズです!
ブリクラスの強烈なやり取りを、手軽に楽しめるのも、海上釣り堀ならでわですね〜。
ネット際での釣りでは、マダイやシマアジも順調に釣れ、お土産は十二分に確保し、大満足の釣行となりました!!
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年01月17日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


新年あけましておめでとうございます。
新年磯釣りスタートは、三重県の錦に行ってきました!
平島周辺の磯で、満潮時には沈んでしまう低い磯ですが、
足元を洗われながら、38センチ迄を2桁と、連日の水温低下にも関わらず、まずまずの釣果でした。
竿1本程の所には、根が張り出していましたが、ラインシステム磯フカセハリスは、根ズレにも強く、寒グレの強烈な引きにも強引に、やり取り出来ました。
mark 磯竿1.3―5m
mark LBスピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5
ラインシステム磯フカセハリス1.75
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山県日置郡は、市江の磯釣りに、行って来ました!

吉丸渡船さんにお世話になり、渡礁したのは通称ハシタテ
地方寄りですが、水深のある磯です。

撒エサが効いてくると、アイゴ、イズスミ、サンノジ、青ブダイ等のパワー系のお客さんが遊んでくれます。

本命のグレも、手のひらサイズから徐々にサイズアップを狙い、35.5センチまでをキャッチ!

また、お昼が過ぎると上り潮が入り、一気に海の中の様子が変わりました!
活性が上がり、入れ食いに!

ウキが入る瞬間は、たまりません❤
こんな釣り、久しぶりです‼

去年から黒潮の大蛇行とかなんかで、関西の磯はホントに釣果が出ませんでしが、ここに来てやっと釣れだし、秋磯シーズンも楽しめそうですヽ(`▽´)/

mark 磯竿 1.3-50
mark LB2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯フカセハリス1号
その他 針 グレ針3号〜5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


お友達のクラブの、磯釣り大会に、お邪魔させてもらいました。
和歌山県は湯浅の磯です。

30人程の参加者で、なぎ丸さんを利用し、私が渡礁した磯は、通称ツル。

エサ取りが多いとは聞いてましたが、一投目よりチャリコの嵐です。

本命のグレに出会うべく、撒き餌を打ち続けると、小型ですがグレを浮かす事が出来ました。

矢引き程のタナまで、喰い上がるようになってきましたが、中々型が上がりません。

差しエサの種類、撒きエサ、仕掛けの投入の場所、タイミングを試行錯誤し、なんとかサイズアップに成功。

結果5枚重量で、一等賞頂きましたヽ(`▽´)/

季節は秋ですが、海の中はまだまだ高水温で、グレに限らず、魚の活性は高く一日中退屈せずに、遊べました(^^)

mark 磯竿 1.25-47
mark LB2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯ハリス1号
その他 針 グレ針3〜5号
1 / 41234

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.