ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 古澤英二

モニター釣行記

1 / 212
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年09月13日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


船からの、タチウオのテンヤ釣りに行ってきました!

今回は大阪泉佐野 漁幸丸さんにお世話になりまして、釣り場は淡路島の洲本冲です。

シーズン突入とあって、タチウオ狙いの船が、数多く浮かんでいます。
水深は100メートル程で、テンヤにイワシを巻いて、底まで投入します。

この時期特有の、強烈な二枚潮で、難儀しますが、8本編みのPE ライン、ボートライトゲームX 8は、より真円に近い為、潮の抵抗も受けにくく、着底もスピーディーですね!

底からしゃくりながら10メートルほど巻き上げると、コツコツと前アタリが、
そしてガツンと、竿先が水面に突き刺さります‼
大きく合わせて、フッキング。

巻き上げの途中でも、ギュンギュンと締め込み、シルバーメタリックの、魚体が姿を見せます。

その後も、よくあたり、仕掛け回収時でも、喰い付いてくるほどです!

この日は、ドラゴンサイズこそ出ませんでしたが、1メートル程が、十数本の釣果でした。

シーズンも始まったばかりなので、今後に期待して、又、通いたいと思います\(^-^)/

mark タチウオテンヤ専用1.7
mark 電動リール
PE ボートライトゲーム2号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年09月06日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


磯釣り後半戦の、第1弾は
小豆島の磯で行われた、SFC近畿大会に参戦してきました。

9月といっても、日中は、まだまだ気温が高く、
もちろん水温も、最高レベルでしょう。
餌捕り、木っ端グレも超元気!

その包囲網を突破し、
少しでも型を上げるべく、挿し餌のローテ、仕掛けの投入ポイント、タイミング等を意識して、打ち続けると、ポツリポツリと、型が上がってくるように🎵

やり始めのハリスは、ラインシステムのストラテジックフィネスの3lb でしたが、型が上がるにつれ、磯フカセハリスの1.2号にチェンジ。
これで良型グレがきても、強気でやり取り出来るでしょう!

まずまずのグレが、規定の5枚揃ったので、港での検量に持ち込みました。

結果は2080グラムで、準優勝です‼\(^-^)/

磯運が良かったのと、ラインシステムの細くても強度の有るハリスに、助けられました‼

磯トーナメント後半戦も、開幕しました。
今回もラインシステムのラインと共に頑張っていきます‼

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニング
磯フカセサスペンド1.5号
磯フカセハリス1.2号
ストラテジックフィネス3lb 
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年08月24日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


明石のタコ船釣りに行ってきました‼

梅雨明けから、右肩上がりの釣果が出ています。
三桁釣りも、夢ではありません🐙🐙🐙

連日、満員御礼の乗り合い船、
ラインシステムの船PEの3号を巻いて、二見沖まで出船です!

水深は浅く、4メートル~9メートル。

定番のテンヤから、最近流行りのタコエギでも、どちらでも、ガンガン乗ってきて、船上は盛り上がります‼

底を切らず、アタリを取れるかが、ポイントですよ😁

魚のような、強いやり取りは有りませんが、
誘う、乗せる、引き上げるまでの、過程はスリリングです。

お盆を過ぎると、数こそ減りますが、型が良くなってきます。

釣って良し、食べて良しのタコ釣りです。

12時までの、竿出しですが、初心者でも、充分なお土産が期待できるでしょう✨

釣果・・・ オモリ 40号

mark タコ用ロッド
mark 船用両軸リール
ラインシステム船PE3号
タコエギ タコテンヤ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年08月03日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


今回は
和歌山県は白浜の、市江の磯に行ってきました。
初めてのフィールドで、ワクワクです!

今回は大島という磯に、渡礁しました。
低いですが、大きな磯です。

先端に釣り座を構え、スタート。

足元には、チョウチョウウオ等、エサ取りが早くも反応してきます。

早々に遠投モードに切り換えて、
数投すると、ラインを引ったくるアタリが‼

37センチ、クチブト逮捕(^o^)

これは活性が良いのかと、思いきや、後が続かず、苦戦します。

潮が動き始めると、チョウチョウウオの層の下に、良型のグレの姿が‼

タイミングを見計らい、35センチのまん丸尾長を、逮捕!

デカパンは有りませんでしたが、
南紀の海らしく、青や黄色の魚達と、楽しい時間が過ごせましたよ。

これからは夏本番です、
皆様も、釣行の際は
熱中症対策等、体調管理にお気を付けて下さい。

mark 磯竿1.3-50
mark スピニングリールLB 2500
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯フカセハリス1.2~1.5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年06月30日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


4,5,6,月と毎週末の試合、イベントで、プライベート釣行に行けてませんが、
某メーカーの親睦会で、
小豆島の磯に行って来ましたよ。

姫路からの出船で、小一時間揺られて、
使用した磯は、通称、ギャル波止です。

前日には、結構な雨も降り、水潮も心配しましたが、
3投目から、ライン当たりで、足の裏サイズの口太グレを逮捕(^o^)

小豆島のアベレージサイズですね。

型を狙い、差しエサのローテ、投入のタイミング、遠投等で、試行錯誤(-_-;)

途中の来客は、
年無し含むチヌ多数、真鯛、アジ等で、退屈しません。

なんとか、30センチ強を引き出すのが、やっとでしたが、
中々この型が、出ないんですよねぇ…f(^^;

今回は、親睦会ということで、瀬戸内海の、穏やかな海を眺めながら、久し振りに、のんびり釣りが出来ました(^〇^)

mark 磯竿1-53
mark LB 2500
ラインシステム 磯フカセサスペンド
ラインシステム 磯フカセハリス 1号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年05月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


三重県尾鷲の磯に、行ってきました。

湾内のオヤマの磯です。

小型~中型グレも、狙えますが、
この時期となると、ターゲットは、やはりノッコミのチヌでしょう。

当日は、2枚潮で難儀しましたが、
予想通りノッコミのチヌが、ガンガンアタックしてきます‼
型も40後半から54.5センチまで、
他の磯でも楽しめたようです(^o^)

又、非常に引きもパワフルで、
ラインシステムの磯フカセハリス1号でのやり取りも、楽しみました。

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニングリール
ラインシステム 磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム 磯フカセハリス1号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年05月03日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


福井県の田烏の磯に行ってきました!

当日は天気は良かったのですが、冷たい北風が強く吹き、
日本海は水温の低下が気になります。

ハリスは、ラインシステム磯フカセハリス1.2号
00の仕掛けで、やり始めました。

撒き餌には、オセンとフグが反応してます。

ウキにアタリは、出ませんが、
差し餌は残りません。
タナは2.5ヒロ程で深くはないようです。

針の重みを嫌がっているのか、ウキの抵抗を嫌がっているのか?

そこでハリスを、ラインシステムのストラテジックフィネス3LB に、
それにカヤウキを着けてやってみると、
カヤウキが、少ししもるような反応が出ました‼

そんなパターンを見つけると、
いつしか入れ食い状態に‼

サイズは30センチ前後と中型ですが、グレは真ん丸で、サイズの割に重量感があり、非常によく引きましたが、
3LBでも強度に信頼の有る、ストラテジックフィネスですから、強引にやり取りできました‼

アタリは超渋かったものの、パターンを見つけ出し、この時期にしては珍しく中型グレの数釣りが出来ました(^o^)

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニングリール
磯フカセサスペンド1.5号
磯フカセハリス1~1.2号
ストラテジックフィネス3LB 
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年03月27日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


日本グレトーナメント串本予選会に、参戦してきました。

当日は64名の選手にて、熱き戦いが繰り広げられます。

磯決めの抽選では、自分はなんと1番!
良いのか、悪いのか(笑)

船は港を出て、湾内磯の1番目に渡礁です。

天気は最高なのですが、
潮は動かず、潮色も悪いのです。

なんでも、前日にかなりの水潮だったらしく、期待が薄れます⤵

撒き餌には、フグ、キタマクラが反応しているのが確認出来ますが、
グレの姿は見えません。

足元から攻めてみますが、刺し餌を触ってるのは、キタマクラのようです。

仕掛けの投入するタイミングや、位置を変えるなど
何投も繰り返しますが、アタリもなく、刺し餌が捕られる時間が経過します。

少しのアタリでも、取りたいので、
ハリスをラインシステムのフカセハリスの1.2号から1号にダウン
ウキも円錐から、棒ウキにチェンジしました。

これが功を奏したのか、少し遠投ぎみに投げた仕掛けの、ウキが消えました‼
即座に合わせると、キタマクラではない重量感‼
慎重にやり取りして、浮かせた魚はグレでした(^o^)

無事に取り込みましたが、1枚では予選通過には不安です。

更にもう1枚と、打ち続けますが、海況は更に悪くなり、刺し餌をも残る状態になりました‥。
時間は経過して、そのままタイムアップ。

港に帰り検量します。
他の選手も釣れて無いようです。

自分の結果は33センチで、660グラム。
なんとそれでブロック一位になり、辛くも予選通過出来ました\(^-^)/

ほとんどの選手が1枚か、ノーフィッシュの非常に厳しい大会でした。

12月の決勝戦に向けて、精進します‼

mark 磯竿1-53
mark スピニングLB 2500
ラインシステム 磯フカセサスペンド1.5号ハリス ラインシステムフカセハリス1.2~1号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年09月09日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


真夏の炎天下釣行を避け、ようやく出撃しようと思えば、お約束のように、週末は台風が接近します。
しかし、何とか湾内限定で、釣りが出来るというので、尾鷲の磯に、行ってきました‼

夜の豪雨が、出港時には嘘のように雨が上がり、久し振りの磯釣りに、胸が踊りますo(^o^)o

釣友トミーと降りた磯名は、トーフです。

道糸は定番の、ラインシステム磯フカセサスペンドの1.5号と、
ハリスは依然より気になっていた、同社バスフィッシングブランドの、G7よりリリースされている、ストラテジック フィネスの3lbを、チョイスしました。
号数でいうと、約0.8号でしょうか、しかし強度は2ランク上のスペックです‼

細糸でも、これだけの強度が有るとなると、非常に心強い武器になるのでは無いでしょうか!

早速、コマセを撒き、仕掛けを投入すると1投目より、ウキが消し込み、グレがヒット!
20センチ前後と小型ですが、この時期の湾内ですから、こんなところでしょう。

その後も20から23センチのグレは、入れ食い状態で、海中では、かなりの数のグレが沸いているのが想像できます。

又、タナも1ヒロから矢引と浅く、活性は非常に高いようです。

途中、キタマクラに、ラインとかじられ、タカ切れする事も有りましたが、ストラテジックフィネスも、問題なくこのクラスのグレを、バンバン抜いてくれます。

もう少し、良型を狙おうと、遠投で深いところを攻めて見ると、今までに無い重量感の引きが‼
やりとりをして、浮かせて見れば、良型チヌです‼

無事にタモに納めると、51センチの年無しでした\(^-^)/
グレとチヌの引きは違うとはいえ、0.8号で、問題なく捕れました。

その後、釣友トミーも良型チヌを、連続ヒット‼

チヌの多い磯とはいえ、この時期にこれだけチヌの活性が、高いとは思いませんでした。

湾内磯ということで、グレは小型でしたが、午後1時の納竿迄、グレもチヌも釣れ続き、気持ちよく消し込むウキと、竿の曲がりを堪能出来ました‼

ストラテジック・フィネスは少しハリが有るものの、引っ張り強度、結束強度共に問題なく、従来の磯フカセハリスとの使い分けで、十分なパフォーマンスを発揮してくれるものと思います。

これから始まる、秋磯シーズンが、楽しみです\(^-^)/

mark 磯竿   1.5-53
mark リール  LB2500
ラインシステム磯フカセサスペンド
G7ストラテジックフィネス3lb
その他 ハリ グレ針5~6号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年10月30日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

古澤英二氏からのレポートが届きました。


秋磯シーズン真っ最中の、
和歌山県は、大引の磯釣りに行って来ました!

潮通しバツグンの大引で、
グレは勿論、真鯛や青物等、どんな魚に出会えるか、非常に楽しみです!

使用した磯は、ケムリ。

朝からいい感じで、潮が走ります。

潮に乗せ、仕掛けを入れていきますと、ラインアタリが‼

寄せてくると、大型では有りませんが、
期待通りの、真鯛でした。

餌が、効いてくるにつれ、アイゴや、ボラ、チャリコ達が、退屈しのぎに遊んでくれます。

釣友達も、順調に竿を曲げ、場は盛り上がります。

そんな中、竿をもひったくるアタリが!

大ボラかと思いきや、走り方が違います。
これは青物ですね、
慎重に、やり取りして、タモ入れ成功☆

47センチの、ハマチでしたよ✌

そして午後からは、風が強くなりました。

しかし、ラインシステムの道糸、
磯ワックスサスペンドは、海面下を、程好くサスペンドして、風の影響を、ほぼ受けません。
仕掛けも、狙ったタナ迄、入りやすいのです‼

本命のグレはというと、どうも喰いが浅く、
違和感が有るのか、なかなか刺し餌を食い込んでくれません。

そこで、磯フカセハリスを、1,5号から1,2号に落としてみました。

するとウキに、はっきりアタリが出だしました❗

そこからは、ラッシュのようにグレが、掛かります。

本日最長寸の37,5センチも、ゲット☆

納竿迄、楽しめました。

タナが安定せず、1日中、考える釣りではありましたが、
期待通り、多魚種と出逢え、秋磯の醍醐味を、満喫しましたよ\(^-^)/

mark 1、25ー50
mark LB2500
磯ワックスサスペンド1、75号
磯ワックスサスペンド1、75号
1 / 212

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.