ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 古澤英二

モニター釣行記

1 / 3123
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山県日置郡は、市江の磯釣りに、行って来ました!

吉丸渡船さんにお世話になり、渡礁したのは通称ハシタテ
地方寄りですが、水深のある磯です。

撒エサが効いてくると、アイゴ、イズスミ、サンノジ、青ブダイ等のパワー系のお客さんが遊んでくれます。

本命のグレも、手のひらサイズから徐々にサイズアップを狙い、35.5センチまでをキャッチ!

また、お昼が過ぎると上り潮が入り、一気に海の中の様子が変わりました!
活性が上がり、入れ食いに!

ウキが入る瞬間は、たまりません❤
こんな釣り、久しぶりです‼

去年から黒潮の大蛇行とかなんかで、関西の磯はホントに釣果が出ませんでしが、ここに来てやっと釣れだし、秋磯シーズンも楽しめそうですヽ(`▽´)/

mark 磯竿 1.3-50
mark LB2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯フカセハリス1号
その他 針 グレ針3号〜5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年11月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


お友達のクラブの、磯釣り大会に、お邪魔させてもらいました。
和歌山県は湯浅の磯です。

30人程の参加者で、なぎ丸さんを利用し、私が渡礁した磯は、通称ツル。

エサ取りが多いとは聞いてましたが、一投目よりチャリコの嵐です。

本命のグレに出会うべく、撒き餌を打ち続けると、小型ですがグレを浮かす事が出来ました。

矢引き程のタナまで、喰い上がるようになってきましたが、中々型が上がりません。

差しエサの種類、撒きエサ、仕掛けの投入の場所、タイミングを試行錯誤し、なんとかサイズアップに成功。

結果5枚重量で、一等賞頂きましたヽ(`▽´)/

季節は秋ですが、海の中はまだまだ高水温で、グレに限らず、魚の活性は高く一日中退屈せずに、遊べました(^^)

mark 磯竿 1.25-47
mark LB2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯ハリス1号
その他 針 グレ針3〜5号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年10月12日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


毎週末の台風で、磯にも船にも釣りに行けず、凹んでしまいますが、
そんな悪天候の中でも、海釣りが出来る所がありました(^o^;)

海釣りポート田尻さんっ
大阪はりんくうにある海上釣り堀です。

無理は禁物ですが、
高架橋の下にある釣り堀で、少しの雨なら、防げそうです。

この日は台風24号が、近畿にも上陸するとあって、お客様も少なく、普段は14時までの営業時間も、2時間短縮の12時まででしたが、
朝イチから終始、魚の活性も良く、マダイ、イサギ、シマアジ、カンパチ等、高級魚が竿を曲げてくれ、存分楽しめました!
お土産も十分ですヽ(`▽´)/

青物狙いの道糸はラインシステム社の海上釣り堀PEX8 Mark1の3号です。
強引なやり取りでも、
8本編みで絶大な信頼性があります。

マダイ狙いでは、ナイロンの磯フカセ サスペンド2号をチョイス。今回のような強風でも、仕掛けが舞い上がらず、操作性が抜群でした!

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年01月23日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


新年明けましておめでとうございます🎍
本年も全国のラインシステムファンの、
御安全と爆釣をお祈り申し上げます‼

新年はやはり、めでタイということで鯛狙いに、海上釣り堀に行ってきました‼

和歌山県は広川の、釣り堀紀州さんにお邪魔してきました。

朝のモーニングサービスでは、真鯛のラッシュ、
皆さん次々に竿が曲がります。

続いて高級魚シマアジが、釣れだし、
さらに青物の放流で、イケスが活性化し、ブリやカンパチが、豪快に竿を締め込みます。

自分も、タックルチェンジして、それを狙いますが、
残念ながら、空振りでした(ToT)
ラインシステム海上釣り堀mark1の、強度を実証するのは、次回に持ち越しです(苦笑)

今回は、真鯛数匹釣れたとはいえ、食いは非常に渋かったです。
やはり釣り堀と言えど、魚は学習し、すぐにスレてきます。
磯釣り等と同じように、
細糸や抵抗の少ない仕掛け、エサのローテーションで、対応しないといけないようですね。

mark 海上釣り堀ロッド 3.5 ~4.0
mark 海上釣り堀用スピニングリール
ラインシステム海上釣り堀mark1 2~4号
ラインシステム磯フカセハリス 2~3号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年12月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山は、南紀勝浦に磯釣りに行って来ました。

前日の水温低下の影響もあり、魚の喰い始めは、遅かったものの、
後半には、グレは視認できるほど、又、タナは矢引程までに、上ずってきました。

しかし、喰いは浅いようで、メバルハリスの0.8等を使用して、違和感なく喰わせるように、試行錯誤しました💦

勝浦でも、ぼちぼち40センチオーバーも出てきており、寒グレシーズンの、気配が感じられました😊

mark 磯竿 1-53
mark LB スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯ハリス1号 メバルハリス0.8号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年11月22日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


日釣連グレ釣りトーナメントの選抜予選を兼ねて、三重県は尾鷲の磯釣りに、行ってきました。

四人一組で、湾内磯を使用し、磯を変えながら、3試合行います。

どの磯も、魚の活性、型、数と、全く違いましたが、グレは釣れました。

餌取りも少なく、
ラインシステム社のメバルハリス0.8号等の細糸を使用し、
遠近投や浅深棚の釣り分けで、3勝0敗で、運よく来年の本選に、駒を進めることが出来ました🙌

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5号
ラインシステム磯フカセハリス1号
ラインシステムメバルハリス0.8号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年11月08日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


和歌山県は南紀勝浦で行われた、クラブ対抗グレスーパーカップに、参戦してきました。

抽選で、渡礁した磯は伝五郎です。

朝のモーニングサービスは、規定寸法に満たない木っ端グレが、パラパラと釣れましたが、長くは続かず、
刺しエサも残るようになってきました💦

ハリスをラインシステムのメバルハリス0.8号に、チェンジして、
張りを持たせながら、深い棚に差し込んでいくと、

ウキの頭を少し押さえたような、アタリ🎯

31センチと小さいですが
拾えた一尾に、やれやれです。

そのあとは、タカノハや、ヘダイが釣れ、冷たい底潮が入ってきたのかなぁと、想像ができました。

回収までに、規定寸法の魚は4枚と、
残念ながら表彰式では、名前を呼ばれることは有りませんでした😢

しかし
久し振りの勝浦での磯釣りは、天気もロケーションもサイコーで、これから水温も安定すれば、又、釣果も上がってくることと思います😁

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニングリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.5
ラインシステムフカセハリス1.2~メバルハリス0.8
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年11月01日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


明石の船タコに行ってきました🎵

夏が過ぎ、ここにきて釣果が盛り返してきているという情報でしたので、非常に気になっていました✨

今回も、西海丸さんを利用、
台風接近⚡🌀☔というのに、お客さんは満席。

しかし、二見沖に浮いてる遊漁船は、まばらです。

ポイントに着き、1投目より、隣の友人が即ヒット!

続くように、あちこちの釣り座で、竿が曲がりだします‼

そして私にも、あの重量感が‼😁

夏の最盛期に比べ、確実に型は良くなっています‼

ポイントを移動しながら、釣果は、10杯、20杯とカウントしていきます。

さすがに、雨が強くなってきたので、11時での早上がり。

それでも多い人は、80杯の釣果です😨

船頭さんによると、このまま正月までは、釣れ続くそうですよ。

釣って良し、食べて良しの、明石のタコ。
まだまだ行きたいです😉

mark タコ専用ロッド
mark 船用両軸リール
ラインシステムボートライトゲームPE 2号
タコエギ、タコテンヤ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年09月13日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


船からの、タチウオのテンヤ釣りに行ってきました!

今回は大阪泉佐野 漁幸丸さんにお世話になりまして、釣り場は淡路島の洲本冲です。

シーズン突入とあって、タチウオ狙いの船が、数多く浮かんでいます。
水深は100メートル程で、テンヤにイワシを巻いて、底まで投入します。

この時期特有の、強烈な二枚潮で、難儀しますが、8本編みのPE ライン、ボートライトゲームX 8は、より真円に近い為、潮の抵抗も受けにくく、着底もスピーディーですね!

底からしゃくりながら10メートルほど巻き上げると、コツコツと前アタリが、
そしてガツンと、竿先が水面に突き刺さります‼
大きく合わせて、フッキング。

巻き上げの途中でも、ギュンギュンと締め込み、シルバーメタリックの、魚体が姿を見せます。

その後も、よくあたり、仕掛け回収時でも、喰い付いてくるほどです!

この日は、ドラゴンサイズこそ出ませんでしたが、1メートル程が、十数本の釣果でした。

シーズンも始まったばかりなので、今後に期待して、又、通いたいと思います\(^-^)/

mark タチウオテンヤ専用1.7
mark 電動リール
PE ボートライトゲーム2号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2017年09月06日掲載 古澤英二氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 古澤英二氏からのレポートが届きました。


磯釣り後半戦の、第1弾は
小豆島の磯で行われた、SFC近畿大会に参戦してきました。

9月といっても、日中は、まだまだ気温が高く、
もちろん水温も、最高レベルでしょう。
餌捕り、木っ端グレも超元気!

その包囲網を突破し、
少しでも型を上げるべく、挿し餌のローテ、仕掛けの投入ポイント、タイミング等を意識して、打ち続けると、ポツリポツリと、型が上がってくるように🎵

やり始めのハリスは、ラインシステムのストラテジックフィネスの3lb でしたが、型が上がるにつれ、磯フカセハリスの1.2号にチェンジ。
これで良型グレがきても、強気でやり取り出来るでしょう!

まずまずのグレが、規定の5枚揃ったので、港での検量に持ち込みました。

結果は2080グラムで、準優勝です‼\(^-^)/

磯運が良かったのと、ラインシステムの細くても強度の有るハリスに、助けられました‼

磯トーナメント後半戦も、開幕しました。
今回もラインシステムのラインと共に頑張っていきます‼

mark 磯竿1-53
mark LB 2500スピニング
磯フカセサスペンド1.5号
磯フカセハリス1.2号
ストラテジックフィネス3lb 
1 / 3123

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.