ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 守田成希

モニター釣行記

1 / 41234
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年06月20日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

大サバ釣行レポート


5月下旬から釣れ始めた大サバを釣りに

職場の武庫川一文字に仕事終わりに行きました。

 

 

少し南西の風が強かったですが、足元サビキで

底を狙うと開始15分で本命の大サバ!

 

 

磯竿2号が根元から曲がります。道糸が右に左に走り回ります。

タモ無しで来たので一気に抜き上げるとかなりのサイズ

 

 

43cmの大きなマサバでした。

 

仕掛けはハヤブサの蓄光サビキ10号ハリス3号 この仕掛けに勝てる仕掛けはあり
ません!

道糸は『磯投げ4号イエロー』視認性が良くトラブルの少ない扱い易いラインです。

 

 

堤防釣りにはオールマイテーに使えるラインです。是非ご利用下さい。

 

 

その後、先輩の浜内船長も42cmのデカサバ船長は、サバよりメクリアジ狙い

このアジめっちゃ美味しいアジで脂が乗って臭みの全く無い美味しいアジ

 

 

釣りライターの射手矢さんと一緒にサバにメクリアジにワイワイ言いながら

大人が本気になるサビキ釣りを堪能しました。

 

武庫川渡船  06-6430-6519

http://www.amagyo.com/index-tosen.html
mark 磯竿 2号 5.3m
mark 中型スピニングリール
磯投げ 4号イエロー
エサ   アミエビ
その他 仕掛け  蓄光サビキ 10号
カゴ   鉄カゴ  15号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年06月13日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

タコ釣り釣行レポート


ブランドマダコが食べたくて毎年恒例の明石の船に行って来ました。

水深は浅目の8m~15mの釣り場を狙います。

 

 

 

 

石がゴロゴロしている様なポイントです。

テンヤとエギの両方で狙ってみます。

 

 

 

早朝は潮が動きテンヤで狙うのがいいよと船長からのアドバイスを頂き指先に神経を集中して

いるとヌ~~という違和感

 

 

 

すかさずアワセを入れるもスバリ・・・

もう少ししっかり抱かせてからアワセをいれなぁ~~と船頭に怒られました!

 

 

 

今季一発目感を取り戻すのに時間が掛かりそうです!

 

 

潮が緩み始め船長からエギで真下を狙って叩いて誘って狙ってみて!

とアドバイスもらいました。

 

 

 

先ほどよりコトコトと石を感じるのがゆっくりになっています。

その時に竿先がニュ~と水面に入っていきます。

 

 

少し竿先をゆすりしっかり抱かせます。

おもいっきりアワセを入れるとずっしりとした重量感

リールのハンドルを巻くのが必至になります。

 

上がって来たのは、800g前後の美味しいサイズです!

その後も潮が動いた時間にバタバタと釣る事が出来楽しめました。

 

 

 

武庫川渡船 守田

mark 船竿 30号240
mark 中型両軸リール
蛸PE X8 10号
エギ    蛸用エギ
エサ    カシワ
その他 手釣り   極太
テンヤ   50号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年06月13日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

アジ釣行レポート


今年は、数年ぶりに大きな40cmを超えるサバが釣れ始めました。

その後に大阪湾で初夏に釣れるアジ脂の乗ったアジ『メクリアジ』釣れています!

 

 

夕方仕事終わりに職場である武庫川渡船で一文字に渡りました。

2番外向きで釣座を構えました。

 

 

底まで約10Mで底周辺を狙います。

仕掛けは10号とアジのバラシを減らす為に蓄光サビキ10号を使います

 

 

エサのアミエビを撒き続け16時前に待望のアタリ

磯竿 2号が大きくしなります。

 

 

23CMの体高のあるメクリアジが釣れました!!

釣友の東さんとガンガン撒きエサを切らさない様に撒きまくります。

 

 

2人の周りは入れ喰いモードに入り

19時の船で帰るまでずっと釣れ続きました!

 

 

皆さんに少し美味しいアジをお裾分けして帰りました。

『初めてこんな美味しいアジ食べた』というお声も頂きました。

 

 

季節限定のメクリアジ是非釣りにご来店下さい。

 

 

以上

 

 

 

 

武庫川渡船 守田

 

 

武庫川渡船

http://www.amagyo.com/

mark 磯竿 1.5-53M
mark 中型スピニングリール
磯投げ イエロー4号
アミエビ
その他 仕掛け  ハヤブサ 蓄光サビキ10号
カゴ   15号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月20日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

カセ釣り 釣行レポート


3月9日 武庫川渡船の毎年春限定

恒例のカセ釣りを設置したので試し釣りに行きました。

 

 

 

大きなカセで最大10人乗りの大きなカセです。

基本的な狙い物がキビレをメインで狙いますがスズキ・カレイなども釣れます

 

 

今年1匹目の釣果はなんとカレイしかも良型が釣れました

初めてチャレンジしたファミリーさんも大満足でお帰りになられました。

 

私も昼から1時間半前後乗り エサは青コガネで岸向きをねらいました。

開始30分待望のアタリ竿先がコツコツという前アタリ

 

その後一気に胴から入る本アタリ!!

アワセもバッチリと決まり柔らかな喰い込み重視の竿にヒットしたので竿が凄い角度
で曲がります。

体高のある良型キビレでした。

 

ラインは磯投げ 3号を使用しました。

トラブル少なく色んな釣りで使えるオールマイティーなラインです。

 

 http://www.amagyo.com/kibire-hunne.html

以上 

 

武庫川渡船  守田
mark ロックフィッシュロッド7ft
mark 2500番
磯投げ 3号
チヌハリス トリック1.75号
その他 オモリ  6号
針    チヌ針 4号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月20日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

渓流釣行レポート


3月14日 今年2回目の渓流釣り、解禁からかなり早いペースで釣りに行っています。

一度釣りに行くと楽しくワクワクして前日寝れませんでした。 いくつになっても遠足気分になります。

 

 

 

今日もゆっくり釣行奈良県、五條市舟の川に現場に8時そこから、歩いて30分川に入ったのは9時前でした。

釣る気あるのか!?という時間!!でも、のんびりと川を楽しめます。

 

 

山はまだまだ寒く 山は山頂は白く雪が残っていました。

 

 

川を釣り上るも前日に名人が入った後なのか・・・

アタリが遠くテンポを上げて釣ります。ここは絶対にというポイントが出てきたので少し上流にオモリを投げ込み

底まで沈めイメージでは、底の石の上をイクラを転がす感じで流します。

 

 

流れが少し緩くなった場所で目印がカン!!!

本日1発目のアタリ少しサビが出ていましたが、綺麗なヒレの天然アマゴでした。

 

 

同じ溜まりで2匹目今度の魚も朱点パーマークがなんとも言えない綺麗な魚うっとりします。

 

水質が良く川の底が白いので水深が分かり難いですが、深く1m以上あります。

底までしっかり仕掛けを入れ底の流れ流すとコツンという力強いアタリアワセもバッチリ決まると落ち込みに向いて一気に走ります

 

重量感のある引き!!

本日最大の24cmの朱点の少ないアマゴでした。

 

 

半日掛けて沢を上がり無事に車まで戻り、嫁さんの作ったおにぎりを頬張り山を下りました

 

 

渓流釣りは危険を伴う釣りです。必ず複数での釣行で安全に無理をしない釣りを心掛けて下さい。

家族・山を管理している方にも心配を掛けてしまう事になります。

 

 

 

以上

武庫川渡船守田

mark シマノ 渓峰 SX硬調53
LS   渓流FC 0.4~0.6号
塩イクラ
その他 ガン玉     B~3B
針 ガマカツ ハイパー渓流5~7号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年03月07日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

今年渓流は奈良県五條市 舟の川に行きました。


暖冬の影響で今年は、雪も無くポイントに到着出来ました。数年前までは、ホームグ
ランドにしていた川ですが台風の被害で谷が埋まり天川に行っていましたが、のんび
りと釣りがしたく今年は舟の川に行きました。

DSC_0893_resize_20190306_132851

まだまだ、山が崩れた場所など沢山ありますが、水質は抜群に綺麗です。

解禁当初の狙いは水温がまだまだ低い為、活性が低く落ち込み・淵などを狙います。

赤い矢印が川の流れです。白泡の切れ目奥の流れに乗せて反転流で岩戻って来た時に
ヒットしました。

オモリは3Bと重た目です。底の流れに仕掛けを入れる為に重いガン玉を使います。

DSC_0894_resize_20190306_132850
ハリスは、渓流FCの0.3号を使用しました。

摩擦に強く鋭い歯にも負けません。感度も良くしなやかな使い易いラインです。

水温が今年はやや高めの為、天然魚でもサビは出ませんでした。

ここも同じ様に流れが緩やかでエサが溜まりそうなポイントを釣ります。

手前の流れの内側を流し反転流で仕掛けを内側に来た時目印がカツン!!

DSC_0898_resize_20190306_132831
目の覚めるアタリ!!

上流は水温が低くサビが出ていました。

DSC_0900_resize_20190306_132830
エサはイクラを使用しました。

今年はダイエット兼ねて山を歩きに行こうと思います。

渓流釣りは危険を伴う釣りです。滑落・落石・熊・蛇など必ず2人以上での釣りで安
全に無理せず釣りを楽しんで下さい。

mark 3月6日
mark (シマノ) 渓峰53
天糸 (LS)   クルージャンヘラ道糸PET 0.5号
(LS)   渓流FC 0.3~0.5号
イクラ
その他 ガン玉(ヤマワ) ゴム張りガン玉2B~3B
針  (ガマカツ)ハイパー渓流 5~7号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2019年01月17日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


年末はこれでタチウオもシーズン終了かなぁ~という感じでしたが、

年明けて10日前後から復調の兆し

 

 

慌てて仕舞かけた竿を引っ張り出して釣りに行きました。

勤務終了後、職場の武庫川一文字にいきました。

 

 

タチウオはイメージでは夕マズメというイメージですが

曇っている時は、特に釣れ始める時間が早く14時半に釣れ始めました。

 

 

水温が下がり季節的には底狙い打ちです。

色々な釣り方がタチウオではありますが、関西独特のテンヤ釣りが武庫川一文字では主流です。

 

Unknown Unknown-1

しかも、エサはドジョウ

テンヤに縛りつけます。

季節によってドジョウの針から出る長さを変えアピール重視や、針掛かり重視

など色々調整します。

 

 

 

ラインはPEラインがオススメ

私はエギングスーパーPEX8 0.8~1号を使用しています。

 

リーダーには、タコ用ナイロンがオススメしなやかで摩擦に強く

武庫川渡船に来られる名人殆どがお使いになられています。

Unknown-2

 

冬場の釣り方は、タナが深く底周辺7m~10m前後を着水からカウントして

底をイメージしてシャクってカーブフォールを繰り返しコツンというアタリ、喰い上げのアタリを

待ちます。

 

 

この時にエギングスーパーPEの1mピッチがとても見やすく釣り易いです。

Unknown-3

コツンという小さなアタリでガツンとおもいっきりアワセを入れるので

ストレス解消に最高の釣りです。

Unknown-4

 

指5本・6本クラスのタチウオも釣れています。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年12月07日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

守田成希氏からのレポートが届きました。


11月27日 (火)職場の武庫川渡船に朝一のタチウオを釣りに行って来ました。

今朝も少し早めの4時半に桟橋を出船

絶好調の2番の内向きで竿を出しました。

ここ数日のパターンでは暗い時間帯は底狙いで大型 少し空が明るくなってくると

タチウオのタナが上がり数狙いパターンになります。

最初は底周辺カウント15秒のカーブフォールで狙います。次は、18秒と刻みタナ
を細かく探ります。

初アタリは5時過ぎに底をゆっくり探ると竿先にコツンと喰い上げ

思いっきりアワセバッチリとフッキングが決まり 底から引きずり上げるので重量感
がたまりません!

指4本クラスの90cmオーバーのタチウオでした。

少しずつアタリの数が増え始め、タナが上がり始めガンガン釣れ始めカウント3秒で
テンションフォールでコンコンと竿先にアタリが出ます

サイズは80cmクラスですが、入れ食いモードに突入

足元でもケミホタルが引っ張られていきます。

渡辺名人も凄いペースで釣り上げていきます。初めてのテンヤの松村君も大きなタチ
ウオを釣り上げご満悦

タナが深い時はテンヤも少し重い1/2oz 又はSサイズクラスがオススメですが、タナ
が浅くなる時間帯には、3/8ozやSSサイズなどを使い分ける

とアタリの数が一気に増え釣果が倍増するようです!

リーダーのオススメは(LS)タコ専用ラインの14号・20号がオススメです。

しなやかで扱い易く、摩擦強度もありタチウオのテンヤにオススメです。

ワイヤーリーダー無しの方には、特にオススメアイテム武庫川渡船の名人も愛用アイ
テムです。

是非、お試し下さい。

mark シーバスロッド 8.6ft
mark セフィア 2500
エギングスーパーキャストX8 0.8号
蛸ナイロン 20号
テンヤ リアルヘッド SS・Sサイズ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月25日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

兵庫県須磨のタイサビキレポート


先日休みを利用して兵庫県 須磨の勢和丸に鯛サビキに行って来ました!
JR須磨駅すぐ横の漁港から出港久しぶりの船釣りにテンションが上がります。

ポイントは淡路島の岩屋沖周辺を40~70mの磯周りを探ります。
船長の指示を聞きながら底を取り探り上げて行きます。

仕掛けは長く6~10mと長い仕掛け始めはやや細めのハリスの物を使いますが
捌きにくくモツレが多発したので、少しハリスの太い3号を使うと扱い易く仕掛けの全長は長くなりましたが
モツレは圧倒的に少なくなりました。

トンと底に着きすぐに巻き上げないとすぐに寝掛かりします。
着底で5~10回転位誘い上げまた底取りを繰り返していると

船長から良い反応出ているとアナウンス
それと同時に竿先にコンコンというアタリ!!

船長から釣りをする前のアドバイスアタリあっても
『巻き続けてよ~~』

これか!!ゆっくり同じペースで撒き続けが喰い込まず
アタリが止まりました

何度もポイントを探し同じラインを流します。
釣り友が先に本日1匹目の明石のブランド真鯛を釣り上げます。
めっちゃ綺麗なピンク アイシャドウのブルーも鮮やかです。

私も負けずと繰り返し続けていると
水深50m竿コンコングッ!!

一気に竿先が入り喰い込んでくれました。
穂先を叩き本命です!

今のアベレージサイズの30後半でした。
その後も13時過ぎまで色ポイント々を変えながら潮の速い時、緩んだ時と船長の引出し全開で
釣らせてくれました!!

小船PE1.5号を使用、高感度で底取りが明確でとても使い易いPEライン
浅場の船釣りにはオールジャンルにオススメです。

竿       船竿 190 30号クラス
リール     小型両軸リール
道糸 (LST)小船 1.5号―150m
仕掛け     市販鯛サビキ仕掛け6~10m6~8本針
オモリ     50号

勢和丸
http://seiwamaru.com/
090-9163-3913

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2018年05月22日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

渓流釣りレポート


奈良県の山奥に渓流釣りに行って来ました。

初めての場所の為少しゆっくりめに到着しよと出発すると

現場にちょうど日の出の時間綺麗な雲海が見れました。

DSC_0679_resize_20180516_041053

数日前に周辺では警報が出る大雨!2日経ち水量も良い感じの濁り程度かと思い釣行
しましたが思った以上に水が出ており

DSC_0690_resize_20180516_041053

沢を登って行くのには、かなり厳しく釣っては林道まで上がり戻って上がりを繰り返
す釣りでした

 

流れが強く大き目の落ち込みの反転流を狙うと目印がツン

心地よいアタリ今シーズン一匹目は可愛いイワナちゃんでした。

掛かりも良かったので直ぐにリリースお帰り頂きました

1527038347850_resize_20180523_101939

同じポイントを流すと目印がキュン!!一気に水中に

白泡に向いて走ります!!

岩に擦れる感触何とか上がって来たのは良型のアマゴでした。

摩擦に強い 渓流FCだから獲る事の出来た一匹でした。

 

今日は水量が多くエサも良く落ちて来ている為か活性は高いです。

魚も楽にエサを捕食出来る場所に隠れています。

落ち込みの反転流に重いオモリ(ガン玉3B2個)を付け底の流れに入れ待つとすぐ
にアタリが出ました!!

渓流釣りは危険がいっぱいの釣りです。

単独で釣行せず、複数で釣り歩いて下さいね!!

1526411397082_resize_20180516_0410121526387462829_resize_20180516_040830

mark (シマノ)渓峰 53N
天上糸  (LS)  クルージャン道糸PET0.6~0.8号 1m
(LS)  渓流FC 0.3~1号
エサ        塩イクラ
その他 ガン玉  (ヤマワ)ゴム張りガン玉 3B~3B×2個

針    (ガマカツ)ハイパー渓流 5~7号 
1 / 41234

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.