ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 守田成希

モニター釣行記

1 / 212
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年08月26日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

船タコ


明石のブランドダコを釣りに釣友と息子と3人で釣りに行きました!
息子は船釣り初挑戦で手釣りのタコやや難易度の高い釣りですがやる気満々です。

ポイントは二見の人工島周辺でした。ポイントに着くと船長は今日のテンヤを出してくれました。
今日は、かしわ(鶏肉)でした。

集魚のキラキラテープを付けタコにアピールです。
image001

一番最初に釣ったのは、

image002

初挑戦の息子です。
んっなんか重いと言いながら、ぎこちない糸捌きで必死に手繰り寄せます!
500gのアベレージサイズを釣り上げご機嫌です!

蛸 手釣り20号極太を使います。

アタリは独特のぬっ~という根掛りの様な重みのあるアタリです。
潮が緩み始めポイントに入り更に大物を狙います。

続々とアタリが出始め

image003

竿釣りにもヒット!
釣友の久徳さんの竿を奪い取りゴリ巻きしている息子

参ったもんです!

おにぎりを食べ終わるとテンヤの横で爆睡
忙しい息子です。
image004

船長から大型狙いに行くから根掛り気を付けてよ!というアドバイスに
テンションが上がります。

竿先を抑え込むアタリ少し待ち
テンヤをしっかり抱かせます。

一気に竿を立てアワセを入れた後
ゴリ巻きします。

上がって来たのは2.5kgオーバーの大物でした。
気温がグングンと上昇し

34度少し疲れてきた時 釣友からのサプライズ
スイカでした!

image006

クーラーBOXの中でキンキンに冷えた最高に美味しいスイカでした。

船長も一緒に休憩タイム
味も最高でしたが、雰囲気もあり今シーズン食べたスイカで一番美味しいスイカでした。

蛸手釣りですが、指先にビンビンと底の地形が伝わり
船長も愛用のラインだそうです!

是非一度お使い下さい。

手釣り タコ手釣り 極太

テンヤ 船長オリジナルテンヤ40号
エサ  鶏肉

〈竿釣り〉

竿    船竿50号 7:3調子
リール  両軸リール
道糸   船PE 5号
集魚テープ
テンヤ  40号
エサ   イワシ

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年08月06日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 守田氏からのレポートが届きました。


8月3日(水)夏休み中の悪ガキ7人を連れて武庫川一文字に遊びに行きました!
今年はサビキ釣りに釣果は絶好調

足元の安全な内向きでもアジが入れ喰い状態になりました!
外向きでは、25cmクラスのサバが釣れており、1匹掛かると右に左にと暴れまわり、子供達は大はしゃぎです!

しかし、2匹3匹掛かると仕掛けはグチャグチャ再起不能に・・・・

元気なサッカー少年7人衆は
『5連掛けする!』『魚釣り楽しすぎる~アジにキスする!』『サバヤバイ!!』
テンションMAXでした!

初めてサビキ釣りをする子もいましたが、昨年出たサビキ専用ライン  『サビキNL3号』は
モツレなどトラブルが少なく釣る事が出来ました。

糸付きリールを購入し、一度も糸を巻き直していない方には、低価格でとてもオススメです。
尼崎釣公園でも大人気で販売中です!

是非一度お試し下さい!

竿コンパクトロッドセット180
道糸  サビキNL3号 イエロー
仕掛け 武庫川渡船オリジナルサビキ 4号
エサ アミレンガ

武庫川渡船
http://www.amagyo.com/

06-64360-6519

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年05月18日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 守田氏からのレポートが届きました。


平成28517日(火) 新緑の綺麗な奈良県 天川村にアマゴを釣りに釣友小松さんと行きました。
昨晩の大雨で川もやや増水し、いい感じの濁りが入っています。夕方の大阪の降り方だともっと増水しているかと思いましたが、川も対岸に渡れる程度の増水でした。

魚にとっては、大きな増水、上流から餌が流れて来るので必死になって喰らいついてきます。
渇水時は警戒心が強かった魚も少々ハリスが太くても一気に喰らいつきます。

大きな淵の流心から少し流れ緩やかになった場所へ仕掛けを流すと『コン』と力強い目印のアタリ
アワセを入れると重量感のある引き!!
一気に流心に突っ込みます。慎重にやり取りして手前に引き寄せると綺麗なアマゴでした。

先週も同じ場所を釣りましたが、全く反応が無かった場所

魚は隠れているんですねぇ~今日は
みたらい渓谷周辺で竿を出しました。秋からやっている、管理釣り場のの居残りニジマスが竿をひったくって行きます!!

活性の高いアマゴは 渓流FC0.8号通しでもガンガン釣れました。
オモリも底の流れにしっかりと入れる為に3
Bを使いました。

渓流釣りは他の釣りと比べ危険が多い釣りです。必ず複数での釣行をオススメ致します。

mark 〈シマノ〉 渓峰 硬調53
〈クルージャン〉ヘラ道糸PET0.8~1.2号
〈ラインシステム〉 渓流FC 0.3~0.8号
イクラ
その他 オモリ     〈ヤマワ〉ガン玉 B~3B
針       〈ガマカツ〉ハイパー渓流 6~7号
              一刀ヤマメ王 7~8号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年04月15日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 守田氏からのレポートが届きました。


4月9日から再開しました。武庫川渡船の武庫川河口のカセ釣りに試し釣りに行きました。
1日の日は息子と二人で釣行  釣り方はブッコミ釣りと超シンプルな釣りとなっています。

竿はカセ釣りなので少し短めで180~270までの食い込みが良い竿がお勧めです。竿の種類はメバリングロッド・バスロッドなどでオッケーです。
道糸も当日はナイロンとPEと両方で釣りました

道糸 と磯ふかせサスペンド 3号     PEライン シーバスX8DAY GAME1.5号を使用しました。
キス天秤に錘6号 ハリスはフカセハリスの2~3号を使用

軽く20m位ちょい投げ仕掛けを張ってすぐにアタリ!
竿先がコツ    コツ カンカン  グイ!!
綺麗に舞い込みます。

ドラグを出しながらワ~ワ~言いながら息子と楽しめ最大が43CMのキビレでした。

オープン前日も仕事終わりの14時から1人でスタート開始そうそう1投目からアタリ
30CMクラスのやや小さめがアタリっ放し少しアタリが止まると投げる方向を変えると、またアタリが出ます。

2時間アタリっ放しで短時間で10匹の釣果でした

 

 

 

武庫川渡船
http://www.amagyo.com/kibire-hunne.html

mark メバリングロッド 7.0ft
mark 小型スピニングリール
シーバスX8DAY GAME1.5号  と   磯ふかせサスペンド 3号
フカセハリスの2~3号
青コガネ・青イソメ
その他 針      チヌ針3~4号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年04月11日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 守田氏からのレポートが届きました。


平成28年4月5日(火曜日)

春休み中の元気なちびっ子3人と一緒に桜満開の淡路島 じゃのひれフィッシングパークに行ってきました。
貸切マスコースでワイワイと気兼ねなくのんびり楽しみました。

朝一放流前から、居残り魚狙い!ウキ釣りでタナ3ヒロ前後を狙います。
周りのマスからは歓声が春休みで家族連れのお客さんで賑わっています。

2マス貸切にしていたので、もう一つのマスにお引越し!
マスの角を狙います。マルキューさんのイエローマダイダンゴを付け、軽く誘いを掛けると
早速アタリ!ウキがジワッと沈み合わせも決まり息子が必死に撒き上げます。

柔らかめの竿で真鯛の引きを堪能しています。

じいじいと来ていたゆうが君も見事に真鯛を釣り上げシッポをがっつり掴みドヤ顔頂きました!

やや活性が落ちたので釣り方を変えヘチ釣りで竿先のアタリで小さなアタリ狙います。サシエはシラサエビ
ヘチスペシャルでネット際を狙い見事的中!数を伸ばす事が出来ました。

ウキ釣りでも『海上釣堀PE X8マーク1』は 張りがありガイドに巻きつくなどのトラブルが一般的なPEラインより圧倒的に少なく
とても扱い易い道糸です。タナ変えもまーキング付きで解り易いです。

ちびっ子みんなで記念写真
楽しい春休みの思い出が出来ました。

 

 

ウキ釣り

竿     波止竿 360
リール  中型スピニングリール
道糸   海上釣堀PE X8マーク1  3号
ハリス  磯フカセハリス2.5~3号
針     チヌ針2号

へち釣り

竿    ズボ竿 2.1m
リール  小型両軸リール
道糸   海上釣堀 へちスペシャル 2~4号
針     チヌ針 2号

エサ    シラサエビ・イエロー真鯛 剥きエビ・ささみ黄色染め

mark 平成28年4月5日(火曜日)
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2016年03月30日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

渓流釣行レポート


3月15日 火曜日 3月の13日(日)に渓流解禁したばかりの奈良県 天川に行ってきました。
6時頃から釣友の小松さんと鮫島さんとウエダーに着替え今年もシーズンスタートでワクワクで川に入りました。
前日は大阪は雨でしたが、天川では雪が降ったようで山は真っ白でした。

人気の河川の解禁3日目という事もあり渓流ファンでいっぱいです。とりあえず足場の良い場所からスタート
塩エサはイクラとブドウ虫解禁当初は流れの緩やかな魚の溜まりそうなポイントを丁寧に釣り上がります。

大岩のヨレを仕掛けを底いっぱいまでオモリを沈めゆっくり仕掛けを張ると目印がギュン!
引っ手繰っていく元気なアタリ今年の初の魚は成魚放流のアマゴでした。

少し喰いが止まり始めるとイクラを撒きエサで撒くと活性がまた上がり入れ喰いになります。

釣友の鮫島さんも大岩の上から狙い数を伸ばします!
午後からは放流していないアマゴ・イワナを狙いに上流へ移動しました。

上流は水質も抜群で気持ち良いです。
綺麗なパーマークのアマゴを釣り上げた小松さん

天然魚も同じ様なパターンで少し流れの緩やかな淵を狙い
仕掛けが流されない様に少し重い目のオモリ3Bで底の流れに入れ底の流れに仕掛けを馴染ませ流すと目印を
ツッンという気持良いアタリ

パターンにハマルと同じ場所で20匹近く釣る事が出来ました。
3人でワーワー言いながら楽しい釣りが出来ました。

渓流釣りは他の釣りと違い危険を伴う釣りです。
必ず山を知っている人と複数で山に入り釣りを楽しんで下さい。

 

竿  本流  (シマノ)銀渓60
道糸          渓流FC 0.5号
針       (がまかつ)ハイパー渓流 6号
オモリ     (ヤマワ)     ゴム張りガン玉B~3B
エサ         イクラ・ブドウ虫

竿 支流  (シマノ)渓峰 53
道糸         渓流FC 0.3号
針       (がまかつ)ハイパー渓流 6・7号
オモリ     (ヤマワ)     ゴム張りガン玉B~5B
エサ         イクラ

 

DSC_0197_resize_20160316_090803DSC_0198_resize_20160316_090803DSC_0209_resize_20160316_090711DSC_0211_resize_20160316_090709DSC_0214_resize_20160316_090643DSC_0218_resize_20160316_090640DSC_0221_resize_20160316_090639DSC_0234_resize_20160315_214547DSC_0237_resize_20160315_214932DSC_0243

mark 3月15日
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年11月13日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

ラインシステムTV Vol.7 「手軽に出来るサビキ釣り」


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年09月11日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

ラインシステムTV Vol. 5「武庫川一文字でお手軽タコ釣り」の巻き


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年08月07日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 守田成希氏からのレポートが届きました。


8月5日水曜日 仕事終わりで武庫川渡船に夏休み中の子供達を連れて行きました♪

元気なサッカー仲間です!

サビキ仕掛けは、渡船、尼崎釣り公園オリジナルサビキを使用します♪

サビキサイズは、2~5号
カゴは、10~15号

釣り場は、2番安全な内向きでスタート
かいし5分で早速爆釣スタート!♪ヽ(´▽`)/

怒涛の入れ食い状態♪(^-^)v
子供達は、プチパニックです!

マアジにサッパ、サバが入れ食いです
特に25cm オーバーのサバが掛かると大騒ぎです!

道糸は、サビキ専用ライン
サビキNL 3号

初めての子供でもトラブル少なく扱い易いラインです!
5人の元気なチビッコ相手も大丈夫でした(^_^)v

帰りに、サビキの釣果200匹以上と
目標達成したので、かき氷を食べて帰りました♪

夏休みの宿題の絵日記は、楽しかったサビキ釣りを書くそうです!

武庫川渡船 06-6430-6519

http://www.amagyo.com/index-tosen.html

武庫川渡船 守田

mark コンパクトロッド180
mark 小型スピニングリール
サビキNL 3号
サビキ仕掛け 1~5号
その他 カゴ    10~15号
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年07月06日掲載 守田成希氏からのレポートが届きました。

奈良天川 渓流釣り


7月2日(木曜日)  奈良県天川村にアマゴを釣りに行って来ました!

早朝4時夜明け前からウエダーに着替えテンションが上がります!

前日の大雨でいい感じの濁りです。後から天川の監視員さんに聞くと前日から40cm水位が上がったそうです。
瀬の釣りは難しそうなので、淵のトロッとした場所を釣り上がります。

大石の裏で流れが緩やかな場所で一気に底までオモリを底まで落とし、ゆっくり竿先を持ち上げると目印がツン1投目からアタリ
すかさず、アワセを入れると深い場所で釣れたのでなかなかの重量感

上がってきたのは、パーマークの美しい19cmのアマゴでした。

同じポイントで入れ食い状態となりました。少し喰いが落ちてきたので、イクラの撒きエサです!
上流に投げ少し待っているとまた、アマゴの活性が上がります。

途中雨が強まり警戒心が薄れたのかガン玉3Bを針上15cm前後に打ち直し流れとヨレの間で仕掛けを止め待っていると
目印がツン小さいアタリ!  アワセを入れると一気に下流に走ります。

岩に突っ込みハリスが岩に当たりましたが、摩擦に強い渓流FC 0.4号(フロロカーボン)で流れから離して引き寄せると本日最大の体高のあるアマゴ25cmが釣れました。

増水の為歩く所も少なく大場所でゆっくり粘って釣りました。

今日は、条件が揃い増水・雨・曇り遅い時間まで開けた場所でも釣る事が出来ました。

渓流釣りは、自然の中で釣る事が出来気持ち良い楽しい釣りですが、他の釣りより大きな事故、危険が多い釣りです。必ず複数での釣行と無理をしない釣りを心掛けて下さい。

mark 7月2日(木曜日)
mark 奈良県天川村
mark シマノ 渓峰 硬調53N
渓流RC 0.3~0.5号  
イクラ(塩イクラ)
その他 ゴム張ガン玉   B~3B  5B
1 / 212

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.