ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 永易啓裕

モニター釣行記

1 / 11
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年12月11日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

ラインシステムTV Vol.8 「永易流秋の河口攻略 Part.2」


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年12月11日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

ラインシステムTV Vol.8 「永易流秋の河口攻略 Part.1」


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年05月27日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

永易流紀州釣りノッコミ黒鯛攻略 part2


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2015年05月01日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

永易流紀州釣りノッコミ黒鯛攻略」part1


株式会社ラインシステム テスター釣行記

2011年10月11日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

Fishing Instructor 永易啓裕氏からのレポートが届きました。


皆さんもよくご存知の紀州釣りの名手永易啓裕さんと岸和田の一文字に紀州釣りに同行させていただきましたのでご報告します。

さて、私のわがままで乗船は7時30分と超重役出勤になりましたが、、、山田渡船さんから乗船し岸和田の一文字に上がりました。
この場所は永易さんは取材、大会などで熟知した場所で『まあ幾らでも釣れますよ』と、超リラックスムード。平日と言うこともあり何かのんびりムード漂うスタートとなりました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
ダンゴは紀州マッハ1袋、をメインに
波止ダンゴ1/3袋さなぎ細引き400cc
ムギ100cc アミエビ200cc 海水500ccで
アミエビ、海水のダマがなくなるまで混ぜて下さい、
最後にまとまりを良くする為に
チヌパワー200ccで締めます。
さすがへら釣りでも相当な腕前の名人は
200ccの軽量カップを見事に使いこなしてました。
これが仕上がりのダンゴ、
若干しっかり目でしたがエエ感じです。
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
相変わらず、綺麗にまとめられたダンゴ、
いつも綺麗なまん丸のダンゴには関心します。
本日はダンゴ剤をいじらず、
ダンゴの握り具合で微調整しました。
シマノさんのBBX高い~リールですが、
それに巻かれた紀州釣りサスペンド色の
バランスがしっくりしますね。

一文字に着くと『外向き、内向き?永易さんどっちがエエんですか?』って聞くと、、『外向きは直ぐに反応がありますよ、内向きは寄せるのし少し時間は掛かりますけど、釣りやすいですよ。』とのこと。で、内向きで始めることになりました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
本日のスターとは永易ウキSサイズを使用。
あまり潮が動かない波がないような
状況下ではエエですね。
紀州釣りサスペンドよう見えます。
波止の先端まで人影が見えませんね。
秋晴れの一日のんびりと釣りが楽しめました。

1,2投すると直ぐに魚信が、、、でも本命のチヌではなく、、、ボラ、フグ、、、、。
そこで永易さんはすかさず『外向きに変えましょう。』気が付くと外向きでダンゴの投入。さすがにこの辺の段取りも超一流であると感心する間も無く、本日1匹目の本命をゲット。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
外向きに変わって、、スイッチの入れ替えが、、
見事に的中。
さすがの一言。
永易さんのダンゴを握る姿、、、さまになりますな~。
無駄な力が入ってなくて、空中分解しないしっかり
したダンゴを握ってます。
我なんか若輩者は腕がパンパン。

その後は一定のリズムで一定の作業?を繰り返しながら、2桁の釣果でまとめ上げたのはさすがの一言。

この日は潮も風も安定して釣り易い状況の中、釣果(型は小さいとは言え)も安定していたようには見えましたが、外道対策に刺餌をオキアミ、ボケ、コーン、さなぎと状況に応じて的確に変え、ウキもスタートは永易ウキSサイズでしたが、餌抜けが早くウキが安定しなくなるとSSに変えたり、潮が動き出すと永易氏プロデュースの『超ねウキ』に変えたり一連の操作がまるで台本に書かれているように的確に作業している姿に改めて名人の凄さを実感。

その対応が見事に一つ一つ改善され好釣果に繋げていくあたりまさしく名人たる所以か。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
さあ永易劇場の始まり、始まり。
釣れ出してからほぼ同じようなリズムで
釣り続けていました。
サイズはさすがにちょっと?
やけに手が大きい?
チヌが小さい?結果でした。

永易さんとしては若干不満(サイズが小さかったので)が残る結果でしたが私はチヌは釣れるし大満足。
秋の一日のんびりと紀州釣りに出かけてはいかがですか。

ちょっとここで新製品紹介を、、、、、。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
これは糸屋が企画、開発したプライヤーです。
手の平にすっぽり収まります。超マイクロプライヤー。
このプライヤーちびですけど、、
これがなかなかの優れもの。
針結びのハリスの締めの切れ込みがあり、
ラインカッター機能付き、
おまけにガン玉の取り付けに、、
また先がガン玉ハズシの機能付き
これが最高に便利です。
今月下旬の発売です。
あれ??なにやら、物騒ですが、、、ナイフです。
何かカッコイイですね。これステンレス製のナイフ。
これプロトタイプですけど、、、
刃の部分は塗装を施し、ロゴも入ります。
ちょうど永易さんが持っている所にス
ナップが付いててベルトなどに付けれて、、
これまた便利。年内の発売予定です。
mark 10月4日
mark 岸和田旧一文字
晴れ時々曇り
mark 釣武者 『ダブリングスペシャル モデルNO.515』
mark シマノ BBX テクニウムMg 2500
紀州釣り サスペンド 2号
チヌハリス 1.2号
餌(ダンゴ) : 紀州マッハ 攻め深場 、波止ダンゴ チヌ、チヌパワー、さなぎ細びき、ムギ
餌(刺餌) : オキアミ L 、小ボケ、コーン
mark 竿1本半で微調整
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2010年09月01日掲載 永易啓裕氏からのレポートが届きました。

Fishing Instructor 永易啓裕氏からのレポートが届きました。


今回の釣行は今春発売予定の「紀州釣り深棚・遠投タイプ(仮称)」のテストを和歌山県某所にて行いました。

 

1

 

 

当日は南からの強風が吹いており非常に釣りづらい状況でした。

釣行開始から約1時間30分後の午前8時30分にこの日初となるアタリを捉え見事な45cmのキビレを釣り上げました。

 

2

3

 

このチヌはテスト中の糸の特性である深棚での抜群の潮なじみの良さがこの魚をもたらしました。

 

4

 

その後も終了までに40cm~52cmまでを納竿までに10匹釣り上げこの日のテスト釣行を終了しました。

mark 2010.02.25.
mark 和歌山県某所
mark 7:00~17:00
くもり時々晴れ 19℃
1 / 11

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.