ラインシステム
HOME > モニターカテゴリー 和田昇

モニター釣行記

1 / 11
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年07月23日掲載 和田昇氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 和田昇氏からのレポートが届きました。


7月14日 北山チャプター 第4戦 晴れ・大雨 水温27℃

北山チャプター第4戦に参加してきました。
昨年だと梅雨の終わりで、雨の日が多い大会ですが、 7月上旬の梅雨明けでいつもとは大きく違う状況です。
サマーパターンでカバー打ち、テキサスリグ、ネコリグなどで、 プラクティスの時からかなりいいサイズ、700g~1kgまで つれていて、カバーの釣りですが、ちょっとした食わせ方がありパターン をつかんでいました。
大会当日 第1フライト20番
プラクティスではわかっていたのでラッキーと思い前日よかったエリアへ直行
釣り始めようとしたときエレキにいきなりトラブル発生。ワンドの 奥まで流されて、30分ロスタイム。何とか修理をして再開。少し 気持ちが折れそうになるけど、前日やったプラ通り釣りを始める。
北湖のアウトサイドのカバーから立て続けに3匹キープ ウェイトこそ、1300g台だったけどいい調子。場所を本命ポイント 水道エリアに移動。9時半くらいから天気が変化、突然の大雨で パターンが一変、カバーから岬周りのベイトフィッシュにリンクする 魚に代わり、周りの人も釣れ出す。何度も入れ替えをして1500g くらいまで上げて帰着。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

周りの人の話を聞くと大雨の時、 ウェイトが上がったとのこと 変化できなかった自分に 少し後悔。ウェインは3匹1490g 48人中16位
大会中20匹くらいつってもウェイトが上がらないとダメだと感じた 大会でした。 次回大分チャプターがんばります。
ちなみに、写真の子供は大熊あおい君 小学一年生 バスプロになりたいそうです。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
mark スピニング6.3
ベイトフィネス6.9
mark ツインパワー2500
アルファス
G7 3Lb
G7 8Lb
その他 ●使用仕掛

GTテールサタンワーム エビミソ
カットテール4 ネコリグ
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年06月28日掲載 和田昇氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 和田昇氏からのレポートが届きました。


平成25年6月22日(土) 北山ダムトーナメントの復習

6月22日(土) 北山ダムにK.Wと二人で先週のNBC北山トーナメントの復習に行ってきました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

1週間前より4%減水、当日、放水は全くない状態。
水道エリアからチェック。立て続けに3本400~450g
続いて奥南のカバーエリア、先週良かったそうですが、水の動きが 無いのとベイトが入ってないようなので、アウトサイドにある コンクリート岸壁を中心に狙っていき、ポツポツとダウンショット、 ネコリグ、ジグヘッドを数を重ねて行きました。

株式会社ラインシステム 釣行写真

昼を過ぎた位に、再度、水道エリアに移動、ダウンショット でチェック立て続けに、500gUPがヒット、その後50cm UPを目で確認しましたがノーバイト。時間も14:00を まわったのでスロープ前の土管エリアで10匹ほど釣り 納竿。サイズは良いのが出ませんでしたが、数は2名で 30匹近く釣りました。7月のトーナメントに向けていいぷらが出来ました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真
mark 6.3フィートスピニング
6.1フィートスピニング
mark レアンウム2500
ツインパワー2500
G7フロロ4Lb
その他 ●使用仕掛

リ グ:ダウンショット
ワーム:Gテールサタンワーム
リ グ:ネコリグ1.3g
ワーム:イールクローラー4.8
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年06月19日掲載 和田昇氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 和田昇氏からのレポートが届きました。


NBC北山湖チャプター第3戦デュエルカップに参加してきました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

約2ヶ月ぶりの北山ダム、前情報では満水100%から少しずつ水を減らして現在88%。2週間前までは良く釣れていたという事で、カバーと水とお市のいいエリアをメインに考えていました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

スタートは当日参加の為、第3フライトでしたが第3フライトの1番、参加者は49名、四分の三以上が南湖、北湖のインレット付近に行っていると思い、あまり人がいない本湖の岬周りからチェックする事にしました。
ダウンショット・ジグヘッド、開始1時間でキーパー3本でも3本で900gちょっと、小さなバス、ブルーギルは、何匹も釣れるのですがキッカーフィッシュが取れない。考え方を変えスモールラバジグに変え岩盤エリアへ、カバー奥から700gを引き釣り出し思った通りの展開へ
似たようなヘビーカバーをチェック、木が茂ってややこしいところへキャスト、その時、思っていない様な所でヒット、フッキングが甘く、ばらしましたが間違いなく今以上のビッグフィッシュを逃してしまい少しブルー。気を取り直し、ダウンショットで10g~20gの入れ替え、時間も帰着時間近くになり収量。3本合計、1390g、17位。 2位から17位まで、近差、あの1本がと大変悔やまれる大会でした。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

上位の人とエリアは同じような所で、自分が考えていたエリア、釣り方が会っていたと思い。次につなげていきたいと思いました。

株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年05月09日掲載 和田昇氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 和田昇氏からのレポートが届きました。


平成25年5月5日 NBC大分第1戦 松原ダムレポート

NBC大分チャプター第1戦に参加してきました。5月4日から前プラ に入り久しぶりの松原ダム、15年前にトーナメントに出た 以来。バスが入ってからは20年以上たつ急深のリザーバー 5月にしては、貯水率90%くらいと、平年よりかなり 多い状況、バスの居場所が絞りづらく大変難しい大会でした。
5月4日少し遅めに松原ダムに着き、湖全体を見て回りました。
水が多く思っていた感じと違う、他のプラをしている人は、回遊する バスを待っているのか、岬周りをやっている人が多い。タイミングで釣る トーナメントは時間が掛かり過ぎる。自分が考えていたプランは、 何カ所かあるインサイドのフラットに絡む、立木・オダ・冠水植物 の周りにいるだろうバスをどう食わす事ができるか?を考えました。
ワーム、シンカー、リグを変え、たどり着いた答えが重めのシンカー を使い、テキサス、ネコリグで冠水植物に当ててリアクションで釣るというやり方 スリューシンカー2.2gが1番良かったと思います。また、 ワームチューブを使用すると、ルアーのロストが少なくなり、カバーも攻略できました。
前日プラの結果は、3本リゾット 50cmUPをまぜて、約3K半くらいのウェイトで、 明日も変わらなければいけると感じていました。

5月5日 大会当日 8:00スタート
フライトは、1番フライトの10番。いいスタートを切り、自分が思っていた杖立筋の 中流インサイドにある前日良かった冠水植物に思った通り入る事が出来ました。
前日良かった重めのネコリグに数投目に反応 ストラクチャーに当てリアクション直後にヒット、40cmを超える 1kUPのバス、立て続けにヒット。開始1時間を絶たずリミットメイク 思った通りの展開にテンションが上がりました。
そのシャローフラットを2度流すも数は釣れつのですが、サイズが 20g~30gの入れ替え、7度くらいやりましたが、1600gくらい 思っていた3kは程遠くこれでも駄目だと似たような所をランガン 周りのトーナメンターを見ても釣れていない様子。自分はポツ、ポツ 釣れるもののサイズが上がらず、時間12時半をまわり残り1時間半 スタート会場近くのインレットで、最後の入れ替えに成功最終ウェイトは 1,725g検量用紙の記入ミスを指定してしまい200gマイナス 1,525gで7位。記入ミスをしていなければ、5位だったのにとかなり後悔しました。
次回5月19日第2戦があります。次は・・・

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真
mark 平成25年5月5日
mark 松原ダム
mark 6.3フィート ベイトフィネス
6.6フィートデストロイヤー
mark アルファス
スコーピオンDC
G7フロロ 8Lb
G7フロロ16lb
Gテールサタンワーム
(ウォーターメロン)
シンカー スクリューシンカー2.2g
エリートクロー(グリパン)
シンカー テキサスシンカー7g、10g
株式会社ラインシステム テスター釣行記

2013年04月16日掲載 和田昇氏からのレポートが届きました。

Fishing Reporter 和田昇氏からのレポートが届きました。


4月7日日曜日、グルバーズバンド第2戦に 行ってきました。当日は土曜日からの爆弾低気圧の 影響で大変な大変になりました。
気温5℃~7℃と急激な冷え込みに加え 雨交じり、時折表が降ってくる事態。心が 折れそうになりながらも続けました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

大会参加者中、魚をキープできたのは、15人。しかも5匹 揃えたのはたった1人。ここ最近の北山ダムは厳しい。
自分の成績は、1匹、810gで10位 維持の1本に終わりました。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真

ちなみに、写真の鯉は、プラクティスの時友人が釣った90cm UP ダウンショット G7フロロの3Lbです。
来週のNBC北山チャプターがあります。また来週頑張ります。

4月14日日曜日
NBC北山第2戦、気合を入れて挑んだのですが、先週と ほぼ同じで参加者53名中19人、ウェイン、34名がノーフィッシュ
大変厳しい大会でした。自分もノーフィッシュでしたが、 G7のトーナメントシャツで参加、周りには好評だったと思います。

株式会社ラインシステム 釣行写真 株式会社ラインシステム 釣行写真
株式会社ラインシステム 釣行写真
mark 平成25年4月7日
mark グルバーズバンド第2戦
mark ブラックバス 810g
鯉 90UP
G7フロロ 3Lb
1 / 11

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.