ラインシステム
HOME > 6月

ユーザー釣行記

1 / 11
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月27日掲載  西山 様からレポートが届きました!

西山 様からレポートが届きました!


皆さんこんにちは、 高知の西山です。

今回は高知県幡多郡大月町柏島へ釣行に行きました。

いつもお世話になっている、いのうえ渡船さんに乗船し出船したのが朝の4時30分、今回降りた場所は地磯廻りのウスバエに渡礁、

海が凪の時にしか上がれないとても貴重な磯場で、潮はゆっくりと左から右に流れています。

まずはBのウキにがん玉Bをセット、タナは3ヒロからスタートしましたが、さっそく釣れたのは20センチほどの尾長グレ、そのあとも

連続で小さいグレがヒットしてきます。海の中は小さなエサ取りが多い様子、、、

すぐにタックルを00のウキに変更、エサ取り用のマキエを手前に多く打ち、本命のエサは15m沖に流します。

ゆっくりとウキが沈み込みラインに張りを入れながら深いタナまで入れ込むと、バチバチバチとラインが走りこみます!

上がってきたのは丸々と肥えたイサギ40センチ以上はあります!次のあたりもイサギの連発!!

さらに深くタックルを入れ込むと今までとは違う魚の引き!上がってきたのはシマアジ!

しっかりとエサ取りと本命のマキエを分けることが出来ると面白いようにイサギ、グレ、シマアジがヒットしてきます。

そのあともヒットが連続し納竿までにクーラーを満タンにすることが出来ました。

ラインを見ながらの釣りとなった為、視認性の良い磯フカセサスペンドにはいつも助けられています。

mark 6月11日(日)
mark 高知県幡多郡大月町柏島  磯場 地磯廻り ウスバエ
mark 朝5時~14時00分
晴れ
mark シマノベイシス 5.0m 1.5号
mark シマノBB-Ⅹ テクニウム
磯フカセサスペンド 1.75号
磯フカセハリス 1.75号
生エビ、集魚剤
その他 ウキ00、誘導1m、3ヒロ
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月27日掲載  でぐりん 様からレポートが届きました!

パン鯉


今回は雨の止み間にイーヴルかつケミカルな
パン鯉に行ってきました。
僕の地元では家で食べなくなったパンを
鯉にあげておられる方が多く
(たぶん何処の地域にも居てますよね?笑)
水面を覗くと餌を貰えると思い怖ろしいくらいに
鯉が寄ってきます。
今回行ったポイントは足場も良く
魚影も濃い自分の中での1級ポイント。
ベイトモデルの8ftのシーバスロッドに
鯰 PE X8の3号にリーダーは
SHOCK LEADER NLの25LBと強気のセッティング。
針はヘラスレの10号をリーダーに外掛け結びで
直結、針先には食パン。
パクパクと水面から口を出している鯉の
鼻先に餌を落とし込むと1撃で喰ってきます。
サイズはこの辺りのアベレージサイズでしたが
良く引き、強めのロッドも絞り込んでくれ
短時間でしたが愉しめました。
偶にはこう云う釣りも良いですね。

釣果・・・ 鯉

mark 2017年6月25日(日)
mark 近畿某所
mark ZENAQ
PLASIR ANSWER PA-B80 SOPMOD
mark DAIWA
CATALINA BJ 200SH-L改
LINESYSTEM
鯰 PE X8 3号
LINESYSTEM
SHOCK LEADER NL 25LB
食パン
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月12日掲載  でぐりん 様からレポートが届きました!

県外湿地遠征


今回は県外の湿地へライギョ釣りへ。
植物の成長具合や湿地全体の確認も
兼ねて幾つかのポイントを周ってきました。

状況はかなり厳しかったですが
なんとか70cmクラスを1匹釣ることが出来ました。

使用したラインは昨年に引き続き
『雷魚 BRITZ PE X8 100LB』のイエローを
使用しました。
この釣りが何時までも続けられます様に・・・

釣果・・・ ライギョ(カムルチー)

mark 2017年6月10日(土)
mark 県外湿地
晴れ
mark whiplash factory
SERPENT RISING RETRIBUTION
XSR705SX-R The AddictionⅡ
mark DAIWA
RYOGA SHRAPNEL C3000HL
LINESYSTEM
雷魚 BRITZ PE X8 100LB(イエロー)
whiplash factory
F.O.R
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月03日掲載  ぶっち 様からレポートが届きました!

家島開幕


5/27 クラブの釣行会で家島へ釣行しました。
8名参加し各筏に2名づつ分かれての釣行でした。

朝からアジがエサトリとなりなかなかうるさいエサトリとなりました。
同乗者の方は、ぽつぽつとチヌの当たりを捕らえられていました!

僕は、15時頃までアジに翻弄されてなかなかチヌの当たりを出せませんでしたが
15時を過ぎると激熱タイム到来!

当たりを捕らえてまずは、40オーバーをゲット!

次はタンゴから抜けてかなりたってからもぞもぞとした当たり

重いがチヌの引きではない!

あがってきたのは、丸々と太った分厚い鰈でした。

その後チヌ二枚鰈1枚を追加して納竿となりました。

釣果・・・ チヌ3枚
鰈2枚

mark 2017.5.27
mark 家島諸島
mark 夕方
晴れ
mark NSR ASRA160M
mark 黒鯛工房 アスリートラガー
マークワン 1.75号
オキアミ
mark
1 / 11

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.