ラインシステム
HOME > 6月

ユーザー釣行記

1 / 11
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2018年06月04日掲載  黒河直登 様からレポートが届きました!

勝山かかり釣りセンター釣行


先日、初めての関東遠征へ行ってきました。
訪れた渡船屋さんは千葉県にある勝山かかり釣りセンターさん。
現地の方の情報だと4月いっぱいが乗っ込み最盛期とのこと。
僕たちが釣行したのは5月中過ぎ・・・。
まぁ、釣れるでしょ!といざポイントへ。
この日のタックルはASRA165-F2にBLACK see bream筏コンペティション1.2号
アベレージサイズを聞くと40センチ前後でたまに年無しが釣れるとのことなので迷わずコンペの1.2号
強度には絶大な信用を置いているラインです。
それに付け加え高比重というメリットがありますから迷わずチョイスします。
潮は2枚潮でややこしく動きその流れに任せて釣りをしていたらラインがよれてアタリすら出ない状況。
そんな状況で武器になるラインがコンペティションです。
潮馴染みが良いのに海中でラインを立たせる事ができるのがコンペティションの最大の特徴です。
この日はまさにそんな状況でした。
ダンゴが割れてからある程度馴染むまでラインを出していき、そこから張っていくとコツンとアタリが出て釣れる。
どちらかというと張り気味の釣りなんですがエサが浮かないギリギリのところで流していくイメージです。
他メーカーのラインでは限界からさらに向こうへエサを浮かさず流す事ができるのがコンペティションです。
さらに高比重のおかげで高感度ですから使わない手はないですよね。

この日は時期を外したにも関わらず3人で48センチまでを20枚と当日の渡船店トップの釣果でした。
皆さんにも一度使って実感してほしいと思います。

BLACK see bream 黒河直登

mark STAR CRAFT ASRA165-F2
BLACK see bream 筏コンペティション 1.2号
1 / 11

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.