ラインシステム
HOME > ユーザー釣行記投稿完了
ユーザー釣行記の投稿が完了いたしました。
ありがとうございました。

ユーザー釣行記

1 / 11
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2019年04月19日掲載  西山敏明 様からレポートが届きました!

西山敏明 様からレポートが届きました!


お世話になります、ラインシステム所属、西山敏明です。
釣果レポートを記載していますので宜しくお願い致します。
今回向かったフィールドは高知県幡多郡大月町柏島。
地元の釣りメンバーと一緒に釣行し、降りた磯は幸島の
ヒナダン!正面から北向きの爆風が吹き、時折波シブキ
を浴びながらタックル準備、潮は風とは逆の下り潮。
ターゲットは口太グレなので比較的細い仕掛けで準備、
道糸、ハリス共に1.75号、準備が整い一投目、風が強
くマキエとサシエが同調しない。ウキをB~3Bに変更し、
重めのタックルで試すと、ウキがスーッと入って行きます。
合わせるとズンッと竿に重量感!タモに納まったのは45
センチの口太グレ、丸々肥えていていかにも美味しそうな
グレ、その後もコンスタントにヒットが続き納竿前までには
クーラー満タン!久しぶりのクーラー満タンにはテンション
が上がりました!ラインシステムの磯フカセサスペンドは
程よく海面下に漂い強風にもラインがとられにくく、とても
重宝しています。

mark 磯竿1.5号 5.3m
mark LBリール
ラインシステム磯フカセサスペンド1.75号
ラインシステム磯フカセハリス1.75号
その他 国見ウキB、3B
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2019年03月07日掲載  黒河 直登 様からレポートが届きました!

清水釣行レポート


真冬に盛期を迎える清水港へ釣行してきました。
私の入ったポイントは東燃というポイントで水深は10〜12メートル。
釣れるサイズは中型から大型まで、潮もよく動くという話を聞いたので私はコンペティション1.2号をチョイス。
前回の釣行の際も張り気味のテンションで釣りをしないとアタリすら出さない。
アタリが出ても穂先にはっきり出るような当たりも少ない状況では高感度のラインが断然有利になります。
高比重ならではの高感度、穂先には何も変化が無いのに手元にはシグナルを送ってくれる。
このラインのおかげで今回も最高の釣果に恵まれました。
2月現在、最盛期を迎えている清水港で皆さんも戦略的なラインチョイスで挑戦してみては如何でしょうか。
今までは出会えなかった1枚に出会えるかも。

タックル
STAR CRAFT ASRA175-F2

釣果・・・ チヌ 30〜51センチ 12枚

mark 2月16日
BLACK See Bream 筏コンペティション1.2号
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2019年01月17日掲載  様からレポートが届きました!

西山敏明 様からレポートが届きました!


今回向かったフィールドは私の地元、高知県宿毛市藻津港。
ターゲットは口太グレ!このところ釣果が好調との情報を頂き
早速釣行に行きました、降りた磯はワタリ小島と言う磯、船着き場
から船で5分程度の場所です。早速準備に取り掛かり一投目!
するとラインにに当たりがあり合わせるとズンッと竿に重量感!
タモに納まったのは42センチの口太グレ、朝一からテンションが
上がります!朝のタックルが見えにくい中、鮮明に見えるライン
には感謝!しかしその後はコッパグレの猛攻に遭います。
釣れるのは手のひらサイズばかり、それでも撒きエサでコッパグレ
と型の良いグレを分けながら納竿までにはクーラー満タンになりました!
海の恵みに感謝!!

mark 磯竿1.5号 5.3m
mark LBリール
ラインシステム磯フカセサスペンド2号
ラインシステム磯フカセハリス2号
その他 国見ウキB
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2019年01月17日掲載  黒河 直登 様からレポートが届きました!

1月7日清水釣行レポート


静岡県清水港の山本釣り船店さんへニシダモニターと行ってきました。
この日のポイントは軽金筋、水深は6~7メートルで岸壁が近く根は荒い印象。
しかも航路沿いなので大きな船が通るとカセがよく揺れる。
この様な状況では海中でラインのよれをできるだけ出さず、尚且つ張り気味のテンションで展開したいと思い、
私が選んだラインはBLACKSeeBreem筏コンペディション1.2号
ニシダモニターは大きなチヌがきても安心して取り込めて尚且つ操作性重視ということで、BLACKSeeBreem筏テクニカル1.5号を使用
両者が違うイメージで釣りをスタート
お互いにダンゴ釣りと広角釣りのバランスを考えながらポツポツ拾っていく感じでした。
結果は二人で8枚とまずまずの釣果。
ラインチョイスの違いで釣り方が大きく変わることを実感できました。
コンペディションやテクニカルのようにコンセプトの全く違うラインがあるのはBLACKSeeBreemだけ。
冬の清水港はこれから最盛期を迎えます。
皆さんもBLCKSeeBreemのラインを巻いて挑戦してみてはいかがでしょうか。

BLACKSeeBreem 黒河 直登

株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2018年06月04日掲載  黒河直登 様からレポートが届きました!

勝山かかり釣りセンター釣行


先日、初めての関東遠征へ行ってきました。
訪れた渡船屋さんは千葉県にある勝山かかり釣りセンターさん。
現地の方の情報だと4月いっぱいが乗っ込み最盛期とのこと。
僕たちが釣行したのは5月中過ぎ・・・。
まぁ、釣れるでしょ!といざポイントへ。
この日のタックルはASRA165-F2にBLACK see bream筏コンペティション1.2号
アベレージサイズを聞くと40センチ前後でたまに年無しが釣れるとのことなので迷わずコンペの1.2号
強度には絶大な信用を置いているラインです。
それに付け加え高比重というメリットがありますから迷わずチョイスします。
潮は2枚潮でややこしく動きその流れに任せて釣りをしていたらラインがよれてアタリすら出ない状況。
そんな状況で武器になるラインがコンペティションです。
潮馴染みが良いのに海中でラインを立たせる事ができるのがコンペティションの最大の特徴です。
この日はまさにそんな状況でした。
ダンゴが割れてからある程度馴染むまでラインを出していき、そこから張っていくとコツンとアタリが出て釣れる。
どちらかというと張り気味の釣りなんですがエサが浮かないギリギリのところで流していくイメージです。
他メーカーのラインでは限界からさらに向こうへエサを浮かさず流す事ができるのがコンペティションです。
さらに高比重のおかげで高感度ですから使わない手はないですよね。

この日は時期を外したにも関わらず3人で48センチまでを20枚と当日の渡船店トップの釣果でした。
皆さんにも一度使って実感してほしいと思います。

BLACK see bream 黒河直登

mark STAR CRAFT ASRA165-F2
BLACK see bream 筏コンペティション 1.2号
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2018年04月16日掲載  黒河 直登 様からレポートが届きました!

レンタルボート清家釣行


4月11日
愛媛県宇和島市は北灘湾
そろそろ乗っ込みも本番かと思いレンタルボート清家さんへ行ってきました。

掛けたポイントは湾口の水深約36メートル
潮もややこしく動き海中はブイを固定するためのロープだらけ。
潮の動きを考えると細いラインが有利なんですがロープ等に擦れる事を考えると太めのライン。
そこでチョイスしたのが深場ではお馴染みMARK1の1.75号と2号。

朝からややこしく潮が動いていたので1.75号から使用
ダンゴ釣りで何投かしているとサイトマーカーが少し走ったように感じたので少し張っていくとモゾモゾとしたアタリ。
食い込まないので今度は緩めていくとまたもやサイトマーカーが走ったので合わせを入れるとチヌ独特の引き。
巻き上げてる途中で何度かロープに擦れた感じはありましたが、それでも難なくタモに納まったのは46センチの良型チヌ!

この日はアタリも渋くなかなか食い込まないという状況でした。
だからこそアタッてきたチヌは確実に釣りたい。
そんな時にこそMARK1のピンクのサイトマーカーが威力を発揮します。
未だに色の付いたラインで釣れるのかという話を耳にします。
一度使えば分かります!
他社のラインでは取れなかったチヌが取れるようになります!
今回の釣行で改めてMARK1の強度、操作性、視認性、深場での釣りでこのラインに勝るものは無いと再確認できた釣行でした。

mark 4月11日
mark 愛媛県宇和島市北灘湾
mark STAR CRAFT ASRA175F5
STAR CRAFT ASRA165D1
LINE SYSTEM BLACK sea bream MARK1 1.75号
LINE SYSTEM BLACH sea bream MARK1 2号
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2018年01月30日掲載  黒河 直登 様からレポートが届きました!

清水港釣行


1月27日
静岡県清水港
山本釣り船さんへ釣行してきました。

僕の入ったポイントは「へこみ」というポイント。
写真にあるように壁に向かって釣りをします。
水深は6~7メートルで障害物だらけ、太いラインを使いたいけど潮がややこしそうなので筏コンペディションの1.2号をチョイス。
朝一は全く気配無くダンゴの打ち返し。
程なくして当たりが出始めるも中々食い込まない状況。
テンションを緩めていくと当たりすら出ないのでエサが浮かないぎりぎりのラインテンションをキープ。
すると当たりが出て少しだけ緩めると穂先が少し入るので今度は張っていくと綺麗に穂先が入るので合わせる。
殆どがこの釣り方で計10枚の釣果でした。
このポイントは船が通ると目の前の壁に波が当たって返ってくるので結構なウネリが入りますが、そこは高比重ならではの高感度で当たりが手元にはっきり伝わってきますので次のアクションまでが容易になります。
コンペの高比重をフルに活かしての釣果に大満足です。
他のメーカーには無いコンペシリーズの高比重は食い渋るチヌに口を使わせる武器になると実感しました。

mark 1月27日
mark 静岡県清水港
mark STAR CRAFT ASRA175F2
STAR CRAFT ASRA155F4
LINE SYSTEM 筏コンペディション 1.2号
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月27日掲載  西山 様からレポートが届きました!

西山 様からレポートが届きました!


皆さんこんにちは、 高知の西山です。

今回は高知県幡多郡大月町柏島へ釣行に行きました。

いつもお世話になっている、いのうえ渡船さんに乗船し出船したのが朝の4時30分、今回降りた場所は地磯廻りのウスバエに渡礁、

海が凪の時にしか上がれないとても貴重な磯場で、潮はゆっくりと左から右に流れています。

まずはBのウキにがん玉Bをセット、タナは3ヒロからスタートしましたが、さっそく釣れたのは20センチほどの尾長グレ、そのあとも

連続で小さいグレがヒットしてきます。海の中は小さなエサ取りが多い様子、、、

すぐにタックルを00のウキに変更、エサ取り用のマキエを手前に多く打ち、本命のエサは15m沖に流します。

ゆっくりとウキが沈み込みラインに張りを入れながら深いタナまで入れ込むと、バチバチバチとラインが走りこみます!

上がってきたのは丸々と肥えたイサギ40センチ以上はあります!次のあたりもイサギの連発!!

さらに深くタックルを入れ込むと今までとは違う魚の引き!上がってきたのはシマアジ!

しっかりとエサ取りと本命のマキエを分けることが出来ると面白いようにイサギ、グレ、シマアジがヒットしてきます。

そのあともヒットが連続し納竿までにクーラーを満タンにすることが出来ました。

ラインを見ながらの釣りとなった為、視認性の良い磯フカセサスペンドにはいつも助けられています。

mark 6月11日(日)
mark 高知県幡多郡大月町柏島  磯場 地磯廻り ウスバエ
mark 朝5時~14時00分
晴れ
mark シマノベイシス 5.0m 1.5号
mark シマノBB-Ⅹ テクニウム
磯フカセサスペンド 1.75号
磯フカセハリス 1.75号
生エビ、集魚剤
その他 ウキ00、誘導1m、3ヒロ
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月27日掲載  でぐりん 様からレポートが届きました!

パン鯉


今回は雨の止み間にイーヴルかつケミカルな
パン鯉に行ってきました。
僕の地元では家で食べなくなったパンを
鯉にあげておられる方が多く
(たぶん何処の地域にも居てますよね?笑)
水面を覗くと餌を貰えると思い怖ろしいくらいに
鯉が寄ってきます。
今回行ったポイントは足場も良く
魚影も濃い自分の中での1級ポイント。
ベイトモデルの8ftのシーバスロッドに
鯰 PE X8の3号にリーダーは
SHOCK LEADER NLの25LBと強気のセッティング。
針はヘラスレの10号をリーダーに外掛け結びで
直結、針先には食パン。
パクパクと水面から口を出している鯉の
鼻先に餌を落とし込むと1撃で喰ってきます。
サイズはこの辺りのアベレージサイズでしたが
良く引き、強めのロッドも絞り込んでくれ
短時間でしたが愉しめました。
偶にはこう云う釣りも良いですね。

釣果・・・ 鯉

mark 2017年6月25日(日)
mark 近畿某所
mark ZENAQ
PLASIR ANSWER PA-B80 SOPMOD
mark DAIWA
CATALINA BJ 200SH-L改
LINESYSTEM
鯰 PE X8 3号
LINESYSTEM
SHOCK LEADER NL 25LB
食パン
株式会社ラインシステム ユーザー釣行記

2017年06月12日掲載  でぐりん 様からレポートが届きました!

県外湿地遠征


今回は県外の湿地へライギョ釣りへ。
植物の成長具合や湿地全体の確認も
兼ねて幾つかのポイントを周ってきました。

状況はかなり厳しかったですが
なんとか70cmクラスを1匹釣ることが出来ました。

使用したラインは昨年に引き続き
『雷魚 BRITZ PE X8 100LB』のイエローを
使用しました。
この釣りが何時までも続けられます様に・・・

釣果・・・ ライギョ(カムルチー)

mark 2017年6月10日(土)
mark 県外湿地
晴れ
mark whiplash factory
SERPENT RISING RETRIBUTION
XSR705SX-R The AddictionⅡ
mark DAIWA
RYOGA SHRAPNEL C3000HL
LINESYSTEM
雷魚 BRITZ PE X8 100LB(イエロー)
whiplash factory
F.O.R
1 / 1612345...10...最後 »

新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.