ラインシステム
HOME > 釣り用語辞典

釣り用語辞典

釣り用語辞典

青物(あおもの) アジ、サバ、ブリなど背中が青い魚。体型は紡錘型で遊泳力が強く、たいていは群れている。 一般的に青物狙いといえば、アジやイワシの小型魚ではなく、ブリ、ヒラマサ、カツオなどの大型魚を狙う釣りを指す。
赤潮(あかしお) プランクトンが大量発生し海水が赤くなる現象。海水中の酸素を大量に消費し海を酸欠状態にするため、逃げ足の遅い小魚や磯魚が大量に死ぬこともある。潮が比較的とろく、プランクトンにとって養分となるリンや窒素などが大量に含まれた生活排水が流れ込むような湾内で発生することが多い。
上げ潮(あげしお) 月の引力により満ちてくる海水。満ち潮。魚の動きが活発化する。
アタリ(あたり) 「魚信」とも書く。道糸を伝わり竿あるいはウキが動いて魚がエサや疑似餌に食いついたこと指す。動きや振動。
穴場(あなば) 一般に知られずに、よい釣果が望める場所。現実にはあまり存在しない場所。
アミエビ(あみえび) 磯釣りや波止釣り、船釣りなどでコマセとして利用するエビに似たプランクトン。ファミリーフィッシングで人気のサビキ釣りなどでは冷凍をブロック上にカットしたもの使うが、その外見から「レンガ」とも呼ばれている。
荒食い(あらぐい) 乗っ込みや産卵前などで魚の喰いが非常によいときに見られる現象。
アワセ切れ(あわせぎれ) 使っている糸の破断強度よりも大きな力を加えて合わせてしまい、糸を切ってしまうこと。竿と糸、あるいは道糸とハリスとの強度バランスが崩れているときにも発生しやすい。
阿波釣法(あわちょうほう) 徳島県の磯釣り名人が唱える釣り方のひとつ。徳島県出身の釣り師がトーナメントにおいてこの釣り方で多数の結果をだしたことからこの言葉が全国的に拡がった。

釣り用語辞典

居食い(いぐい) 釣り人にアタリを明確に感じさせないまま魚がエサを食う状態。エサを食っていてもあまり移動しないときに起こりやすい現象。
石ゴカイ(いしごかい) 一般にゴカイと呼ばれる環形動物。青イソメよりは一回り小さい虫エサ。全体に赤身を帯びておりポピュラーなエサ。キスやハゼなど小魚を狙うときに使う。
石突き(いしつき) 竿のもっとも後ろの部分。地面や岩場等に竿を置く際に破損しないよう竿尻を保護する役割を持つ。現在軽量化が進む竿においてはあまり見られなくなりつつある。
磯釣り(いそづり) 海岸の岩礁帯で釣る釣りのこと。陸伝いでポイントまでいける磯を地磯、渡船などでしか行けない磯を沖磯という。
一荷(いっか) 複数ハリがついた仕掛に一度に2匹かかること。
一束(いっそく) 魚100尾を1束として数える単位 のこと。地域によっては100匹オーバーの釣果を束釣り(たばつり)ともいう。
居着き(いつき) 回遊性の魚が何らかの理由で一定の磯や波止ですごしている固体をいう。スズキやチヌ、青物などで使われるによく使われる。冬場でも撒き餌の絶えない磯や発電所の温排水口では、居着きが釣れる傾向が強い。
糸フケ(いとふけ) 潮や風に押されて必要以上の糸が出ている状態。また、投げ釣りなどではオモリが海底について、釣り糸がたるんでいる状態を指す。
糸ヨレ(いとよれ) 糸に必要以上のねじれが加わりよれてしまうこと。
入れ食い(いれいぐい) 魚の活性が高い、あるいは釣り人の技術が高い場合などで仕掛けを入れる度に次々に釣れる状態のことをいう。
岩イソメ(いわいそめ) カレイ狙いの投げ釣りなどで多用される餌。関西ではマムシとかホンムシと呼ぶ。また、マダイ釣りやチヌ釣りにもよく使われる。

釣り用語辞典

ウキ (うき) 海、淡水を問わずアタリをはじめとする魚の反応や仕掛の状態を把握するための目印。発泡スチロールや木材、鳥の羽根、プラスティックなどの樹脂などが素材に使われ、蛍光色が塗られ見やすいものが多い。対象魚だけでなく釣り方に応じて細分化されている。
浮き桟橋(うきさんばし) 箱型や樽型の浮力材に平坦になるような足場を載せたような構造桟橋。潮の満ち引き差の大きい場所や水位の変動が大きいダム湖などでよく見られる。
ウキ釣り(うきづり) ウキを道糸に取り付け、一定の深さ(タナ)にエサを沈めて釣る釣り方。
打ち返し(うちかえし) 仕掛けを回収してから再び投入する動作で、手返しともいう。
打ち込み(うちこみ) 仕掛けをポイントへ投入すること動作のこと。
うねり 低気圧の影響などで大きく起伏する波のことを指す。磯や低い波止では要注意。また、大型タンカーなどが接近している際も注意が必要だ。
上潮(うわじお) 海面から浅い層の海流を指す。一般的に上げ潮の時は底潮が動き、下げ潮の時は上潮が動くとされている。
上物(うわもの) 磯や波止などで上層で釣れる魚。主にグレを指す。一般に上物(グレ)を専門に釣る釣り師を「上物師」という。

釣り用語辞典

餌木(えぎ) アオリイカなどのイカ漁で用いる疑似バリの一種。もとは地方独特の釣法だったが、近年のアオリイカ釣りブームで爆発的なブームになっている。小魚をかたどった木片にさまざまな色の布地を巻き付けた和製ルアー。九州山川地方が発祥の地とされ、山川型などというタイプのものもある。
エサ取り(えさとり) 上物釣りなどで多く見られる小魚。エサを上手にかすめ取り、そのくせなかなかハリに掛からない外道(目的外の魚)のこと。代表的な魚種にフグ、カワハギ、ベラ、ハオコゼ、スズメダイなど。水温の高い時期はエサに群らがるため対応に苦慮する。エサ取りのような小魚のことをジャミといい、エサ取りとコツコツしたアタリをジャミアタリと呼ぶ。
エダス(えだす) 道糸からつながる幹糸から、枝状に伸びているハリ先までの糸。ハリスのことだが、枝状に出ているからエダスと呼ぶ。エサを取るのがうまい魚に対しては比較的短いハリスを用いる。
エラ洗い(えらあらい) 魚がハリガカリし、やり取りの最中に海面にジャンプしハリから逃れようとする動作のことをいう。海の魚ならスズキ、淡水魚ならばブラックバスなどでよく見られる。

釣り用語辞典

追い食い(おいぐい) サビキ釣りなどでは、一尾掛けた後に続けてハリ掛かりさせること。追い食いさせることができれば数釣りが望める。
大潮(おおしお) 新月または満月前後の4日間に起こる潮差の最も大きな潮。魚の動きが活発になるとされている。しかし夜釣りでは、満月の夜は夜でも明るいことから夜間に捕食が行われるため昼間の食いがあまりよくなく漁に出ても良い結果が得られないため漁師も休むとされている。逆に闇夜の大潮は絶好の釣り日和となる。
陸釣り(おかづり) 陸地から釣ること。おかっぱりともいう。
オキアミ(おきあみ) 一般的に南極オキアミのことを指す。エビに似た3cm前後のプランクトンで、極めて高蛋白で栄養に冨んだ海釣りの定番エサ。安価なためマキエとしても常用される。
置き竿(おきざお) 竿を置いたままアタリを待つ釣りスタイルで、投げ釣りや船釣りでは一般的。
沖釣り(おきづり) 船釣りのこと。
送り込む(おくりこむ) 魚がエサをくわえた時(アタリ)に、竿先を下げたり道糸を繰り出して、魚に違和感を与えないようにする動作。アタリがあってもなかなか食い込まない喰いの渋い日には、じわり穂先を送り込み、最適なタイミングで喰わすこのテクニックが必要。
オデコ(おでこ) 魚が一尾も釣れなかったことで、主に関東圏でよく使われる。また、ボウズともいう。
オマツリ(おまつり) 仕掛けや道糸が他の釣り人の仕掛に絡んでしまうこと。
オモリ(おもり) 小さなものをシズやビシと呼ぶ。エサや仕掛けをタナまで落とす役割と、仕掛けを水中で安定させる役割がある。用途に応じて様々な目方、形状のものが作られている。

釣り用語辞典

ガイド(がいど) 竿に付いている糸を通すための金具やセラミック製の部品。固定するタイプと遊動するタイプなどがある。
回遊魚(かいゆうぎょ) 適温の場所を求めて移動する魚のこと。ほとんどが群れで移動しており、一般的にはアジやカツオなどの青物が代表。浅場と深場を往復するスズキやチヌも、回遊魚の一種である。
カエシ(かえし) ハリのアゴ、銛状に加工された部分を指す。これがあるため簡単にハリが外れず、無事に魚を取り込むことができる。ヘラブナ釣りや一部他の釣りでもカエシのない「スレバリ」を使う釣りもある。
かかり釣り(かかりづり) イカリやロープで船を止めて固定して釣ること。チヌの筏釣りもかかり釣りと称される。
隠れ根(かくれね) 根とは岩礁のことで、隠れ根は海面下にあり、目視できない岩礁のことで、好ポイントであることが多い。
カケアガリ(かけあがり) 水底の深いところから浅場へ向かう急な斜面。好ポイントであることが多い。
カゴ(かご) 金属やナイロンで作られたコマセを入れるカゴ上の道具。素材だけでなく、サイズや形状も多岐にわたる。
カゴ釣り(かごづり) 青物やイサギ、グレ、チヌ狙いなどでオキアミなどのコマセをナイロンカゴや反転カゴに入れ沖へ遠投して狙う釣り。
型(かた) 魚の大きさの表現。標準以上の魚体を良型という。魚の釣れる釣れないを「型を見る・見ない」などとも表現する。
空合わせ(からあわせ) アタリがないときでも合わせるような竿の操作をすること。アタリが明確に出ない釣り物などでよく行う。居食いでアタリの小さな魚の時に効果がある。
ガン玉(がんだま) 球形の小さな割りビシのこと。カミツブシなどともいう。
干潮(かんちょう) 潮が引き水位が下がった状態で潮流れも止まることが多い。
カンヌキ(かんぬき) 魚の口の合わせ目のこと。

釣り用語辞典

聞きアワセ(ききあわせ) ゆっくりサオを立てて魚が食っているかどうかを判断してから合わせることをいう。
疑似餌(ぎじえ) 小魚やエビなど魚のエサを模して作った人工のエサ。日本古来からあるイカを対象とした餌木やカッタクリ、バケや海外のルアーなど非常に多くの種類がある。
汽水域(きすいいき) 川の淡水と海水が入り交じるところ。真水が海水に混ざる場所はプランクトンの発生がよく、食物連鎖の関係で小魚やそれを捕食する大型の魚も集まるので好ポイントになりやすい。
キャスト(きゃすと) 仕掛けやルアーなどをポイントに向けて投げること。キャスティングには投げ釣りとか、投げる方法という意味がある。
魚影(ぎょえい) その場所に存在するであろう魚の数。魚影が濃い(たくさんいる)、薄い(あまりいない)という。
漁礁(ぎょしょう) 海底の岩などが複雑で変化に富み、魚が集まりやすくなった地形。テトラポッドや廃バスなどを利用して人工的に作られたものを人工漁礁と呼ぶ。
魚拓(ぎょたく) 釣り上げた魚に墨を塗り、和紙や布に転写したもの。

釣り用語辞典

食い上げ(くいあげ) エサをくわえた魚がオモリよりも上に異動したため竿やウキに負荷がかからなくなり、竿に仕掛の重みを感じなくなったりウキが倒れるなどの状態が見られた場合食い上げと判断する。
食い渋り(くいしぶり) 水温の急な変動、水位の急変動、人為的なプレッシャーや釣り荒れなどが原因で魚がエサを食わずアタリを出さない状態のこと。
食いが立つ(くいがたつ) 撒餌の効果や潮回りがよくなる、マヅメ時になるなどして魚の食いがとてもよくなること。
口を使う(くちをつかう) 魚がエサを食うことをいう。
食わせ餌(くわせえさ) ハリに付けたエサ。
黒潮(くろしお) 日本の太平洋沿岸を北上する暖流。黒っぽい色をした潮流。

釣り用語辞典

消し込み(けしこみ) 一気に水中へウキを引き込む強いアタリのことをいう。
ケーソン(けーそん) 鉄筋コンクリートでつくった箱状または円筒状の波止。
外道(げどう) 狙った本命の魚種以外の魚。
ケン付き鈎(けんつきばり) エサがハリから落ちるのを防ぐために軸に突起(カエシ)がついているハリ。

釣り用語辞典

小潮(こしお) 大潮の反対。月が半月になる時分(上弦・下弦)の4日間の潮回りをいう。潮位差がもっとも小さくなり、潮の動きが弱くなる。
コスリ釣り(こすりづり) 防波堤の壁面を短竿を使ってこするように釣る関西のチヌ釣法。落とし込みがエサを落とし込んで行くのに対して、タナを決めてエサを潮下側に流すようにして探っていく。主に夜釣りで行われる。
木葉(こっぱ) 小さな魚を木の葉にたとえて表現している言葉。木葉ガレイや木葉グレといった使い方をする。
コマセ(こませ) 魚を集めるための寄せエサ。マキエ。
五目釣り(ごもくづり) 一度の釣行で複数の魚種を釣ること。
ゴロタ石(ごろたいし) 大きな丸い石のことをいう。ゴロタ石で形成された浜辺をゴロタ浜という。

釣り用語辞典

竿一本(さおいっぽん) 竿の長さ程度の深さのタナを表す言葉。5m前後の水深を指す。
竿かけ(さおかけ) 磯、砂浜、船などで竿を置き竿にするときに掛けておく道具。
竿尻(さおじり) 釣り竿の手元の端のこと。
竿立て(さおたて) 竿を立てておくための道具。
先糸(さきいと) 道糸の先に付ける糸。一般的に海釣りではハリスと考えればよい。
先調子(さきちょうし) サオの曲がる支点が竿の先側にある調子を指す。穂先部分のブレが比較的少なく操作性がいい。
探り釣り(さぐりづり) 竿から伝わる魚信で釣る釣り方。典型的なのがチヌの落とし込みやヘチ釣り。比較的手軽なので波止釣りでは人気がある。
下げ潮(さげしお) 満潮から干潮に向かう潮で、引いていく潮のことをいう。
下げ止り(さげどまり) 下げ潮が止まって干潮になり、潮の動きが止まること。
ささ濁り(ささにごり) 川の水や海水に少し濁りが混ざっている状態。概ね良い釣りができることが多い。
刺し餌(さしえ) ハリにつけるエサ。
誘い(さそい) 竿を操作して糸を引き、エサを動かして魚の食い気を誘うこと。
叉長(さちょう) 魚の頭の先端から尾ヒレの中心に至る長さ。
サナギ(さなぎ) カイコのサナギのこと。独特の匂いやアミノ酸を含んでいるため集魚効果が高い。すりつぶしたりミンチにしたものは集魚材として、海釣りだけでなく淡水の釣りにも広く使われている。
サビキ釣り(さびきづり) カワハギやウナギなどの魚皮を使った疑似餌鈎を数多く付けた仕掛けで釣る釣り方。防波堤などでアジやサバ釣りに用いられる。
サミング(さみんぐ) ルアーや仕掛などをキャストした際に糸の出を指で調整する行為。ベイトキャスティングリールでは親指(サム)を使うところからこの名が付いた。スピニングリールでは人差し指を使う人が多い。
サラシ(さらし) 波が磯や防波堤に当り砕けて白い泡となって払い出している状態のこと。
サルカン(さるかん) 釣り糸のヨレないような構造をした金具。スイベル、ヨリモドシなどとも呼ばれる。
桟橋(さんばし) 船を係留するために陸から突き出した構造物。

釣り用語辞典

時合い(じあい) 魚が食ってくるタイミングのこと。潮の変わりばなやマズメ時は魚の活性が高まる傾向が強くなり釣り餌に反応を示すことが多い。
地磯(じいそ) 陸続きの磯のこと。
ジェットテンビン
(じぇっとてんびん)
投げ釣りで使われる、遠投に向いた形状のテンビン型のオモリ。巻き上げの再に水流を受けやすい形をしているため浮き上がりやすくネガカリが比較的すくない。
潮当り(しおあたり) 釣りをしている位置に向かってぶつかるように流れてくる潮の流れのこと。
潮表(しおおもて) 潮の流れがぶつかる場所のことをいう。波やサラシが立ちやすく酸素の供給や身の安全を確保できるため魚が集まりやすく好ポイントとなりやすい。
潮上(しおがみ) 潮が流れてくる方向を指す。流れていく方向は潮下となる。
潮がわり(しおがわり) 満潮から干潮、干潮から満潮に移るタイミングのこと。また、もう少し小規模なもので、目前の潮が反対方向に流れ出したときにも使う。流れの変化により魚の活性が高まることが多いので概ねチャンスとしてとらえられている。
潮だるみ(しおだるみ) 干潮や満潮の頂点に達した際に潮がほとんど動かなくなること。魚の活性が極めて低くなり魚は釣りずらい。潮止まりともいう。
潮通し(しおどおし) 潮の流れの状態。一般的に潮の通りがいい場所が好ポイントになる。
潮見表(しおみひょう) 一年間を通じ、各地域の潮周りや水位の高さを予測した計算表のこと。
潮目(しおめ) 複雑に入り組んでいる複数の潮流が接しているところでは速度差などで境界が発生する。その特性からプランクトンがたまりやすいため小魚の餌場になることが多い。食物連鎖の関係でそれを追う大型魚が集ま好ポイントとなりやすい。
仕掛け(しかけ) 釣り場の環境や対象魚の習性を踏まえ、効率的に釣り上げるために道糸、ハリス、ウキ、小物、鈎などを組み合わせて作ったもの。
時化(しけ) 低気圧の接近などで海が荒れること。
沈み瀬(しずみせ) 干潮時で海上に露出しない岩礁のこと。潮が当たりやすいためか周辺に魚がよく集まり好ポイントとなることが多い。
仕立て船(したてふね) 釣り船を借り切って釣りをさせる船。
七三調子(しちさんちょうし) 竿の全体に対して先端部の三割程度の位置で曲がる調子のこと。
シモリ(しもり) 海中にある岩礁のこと。隠れ根といったりもする。海面を見渡して黒っぽくなっているところがそれにあたることが多く、潮の通りも良いことが多く魚が住み着く好ポイントになる場合が多い。
ジャリメ(じゃりめ) 石ゴカイ。
出世魚(しゅっせうお) 成長につれて呼び名が変わる魚のこと。ボラやブリ、スズキが一般的で、地方によって呼び名がかわることがある。
消波ブロック
(しょうはぶろっく)
主に三角形をしたコンクリート製の大型ブロックを指す。防波堤などで直接波の影響を受けないように積み上げるが隙間があるので根魚の着き場にもなる。
新子(しんこ) 魚の幼魚の名称。

釣り用語辞典

洲(す) 河川や海水の流れによって砂が一カ所に堆積して露出した部分。
水中ウキ(すいちゅううき) 仕掛を潮の流れに対して自然に流すため、風や二枚潮の影響を軽減させるために、水中に沈めて使うウキ。
スカリ(すかり) 釣った魚を活かしておくための筒状になった網。上部にフロートが付いているので水に浮かせられる。
捨て石(すていし) 波止や護岸のコンクリートを波から守るのを目的として基礎部分の回りに沈められた岩やブロックのこと。
捨て竿(すてざお) 魚が釣れることをあまり期待していないで出す竿。
ストリンガー(すとりんがー) 大型のスナップのような形をしており、釣った魚を生かしてキープしておくための道具。金属やプラスティック製で、以前はルアー釣りでよく使われたが、最近ではクーラーを持たず釣り歩くチヌの落とし込み釣りや、磯の底物釣りに使われている。
素 鈎(すばり) アタリが来てあわせるものの空振りすることをいう。
スプール(すぷーる) リールの糸を巻く部分。
すれ(スレ) 口以外のところに掛かって魚が釣れること。
スレバリ(すればり) カエシのないハリのこと。刺さりがよいので競技に用いられる他、魚体を痛めにくいので、ヘラ釣りなどリリース目的の釣りにも用いられる。バーブレスフック。
すれっからし 釣り人の多い釣り場などで人為的なプレッシャーがかかり、人や仕掛けに対して警戒心を抱いている魚のこと。
スレアタリ(すれたあり) 泳いでいる魚の身体が仕掛に触れ出る動き。当然合わせてもハリには掛からない。

釣り用語辞典

瀬(せ) 沖磯のことを指す。地方によりハエや根ともいう。また川や海で水深が浅くなった箇所という意味もある。

釣り用語辞典

束釣り(そくづり) 束は数の単位で、一束は百尾。
底荒れ(そこあれ) シケで海が荒れ、海底の砂が舞い上がった状態。魚が落ち着かないのか活性が低くあまり釣れないことが多い。
底潮(そこしお) 海底付近を流れる潮。
底立ち(そこだち) オモリが海底に着底した状態のこと。
底タナ(そこたな) タナが、底もしくは底付近にあるということ。
底どり(そこどり) オモリを底につけて水深を測ること。
底物(そこもの) イシダイ、イシガキダイ、クエなどの底で釣れる魚を指す。また、底物専門の釣り師を底物師と呼ぶ。

釣り用語辞典

太公望(たいこうぼう) もともとは中国周の宰相太公望のことだが、宰相太公望が釣り好きだったため釣り人のことを指すようになった。
タイドプール(たいどぷーる) 干潮時、磯のくぼみにできる潮だまり。
高切れ(たかぎれ) 釣りの最中に道糸が切れること。仕掛は通常ハリスが先に切れるようなバランスになっているが、傷やそのほかの要因で道糸の途中で切れてしまうこと。
タタキ(たたき) 釣りバリに結んだ糸がすっぽ抜けないように平たく加工された部分。
タチ(たち) 釣り場の底から水面までの距離、水深のこと。
タックル(たっくる) 竿やリール、道糸など釣り道具全般のこと。
タナ(たな) 狙っている魚の泳層。
タナ取り(たなとり) 魚の泳層に仕掛けを合わせること。釣果を左右するので非常に重要。
タモ(たも) 釣った魚をすくう玉網のこと。タマともいう。
タモ入れ(たもいれ) 掛けた魚をやりとりの後にタモ(玉網)で魚を掬い取ること。
タメる(ためる) 竿の弾力性や粘りで糸を切らずに対応すること。
タラシ(たらし) 投げ釣りなどで仕掛を投げる際にとる穂先とオモリの間の長さ。

釣り用語辞典

力糸(ちからいと) 投げ釣りなどで使用する糸。竿を振り切ったショックで道糸が切れないようオモリと道糸との間につなぐ太い糸。テーパー状になっており、先端に行くほど太くなり、全長15メートル程度ある。
チチワ(ちちわ) 糸と穂先あるいは金具を結ぶために作る輪。
チモト(ちもと) ハリの根元の糸を結ぶ部分。
宙釣り(ちゅうづり) イシダイ釣りなどではウキを使わずに餌をぶら下げるようにして中層を釣ること。アタリは穂先で取る。淡水のヘラブナなどではウキを使用し、水面から底までの間の層を釣ることを宙釣りという。
釣果(ちょうか) 釣った魚の数や大きさなどの成果をいう。
釣行(ちょうこう) 釣りに行くこと。
釣趣(ちょうしゅ) 釣りを楽しむうえでの趣きや味わいを指す。対象魚によって趣は大きく変わることがある。
チョン掛け(ちょんがけ) 虫餌やエビなどのエサを頭からハリに通さないで、エサの一部に引っかけるように付ける付け方。頭部を痛めないことから餌の活きがよい。

釣り用語辞典

ツヌケ(つぬけ) 狙っている魚を10尾以上釣ること。数を読む際に「ひとつ、ふたつ」と一の位までは言葉の最後に「つ」が付くが十の位になると「つ」が付かなくなる。そこで二桁に達した際につぬけという。

釣り用語辞典

手返し(てかえし) エサを付けて振り込み回収するまでの一連の動作をいう。
デキ(でき) その年に生まれた一年魚のこと。いわゆる当歳魚。
テグス(てぐす) 漢字では「天蚕糸」と書く。釣り糸に絹が使われていたことからの続く釣り糸の古い呼び方である。
テトラ(てとら) テトラポッドの略。コンクリート製4脚の消波ブロック。
手の平(てのひら) 手の平程度の魚の大きさを表すとき使われる言葉。
テンビン(てんびん) 絡みを防ぐために、仕掛けと道糸の間に付けるL字状の金具。

釣り用語辞典

当歳魚(とうさいぎょ) その年に生まれた魚。
胴調子(どうちょうし) 竿の調子が全体の胴の部分にあるもの。魚の引きが堪能できるためベテランに好まれる。
胴突き(どうづき) 仕掛け形状の一つ。仕掛の最先端(最も下)にオモリを付け、仕掛の中心となる幹糸から何本も枝のように出る枝ハリスを付けた仕掛け。
トウフ石(とうふいし) 防波堤などの基礎に敷かれている直方体の石をいう。
通し刺し(とおしざし) 虫餌やエビなどのエサを頭からハリに通してつける刺し方。
飛ばしウキ(とばしうき) 木製などで重量があり、仕掛けを遠くに飛ばすためのウキ。
トモ(とも) 船の船尾周辺。反対に船首をミヨシという。
ドラグ(どらぐ) 魚を掛けた後、強い引き込みの際に糸切れを防ぐためスプールが逆転して糸を送り出す機構。糸の出る抵抗力が微調整できるようになっている。
取り込み(とりこみ) 釣った魚を水面から上げること。
鳥山(とりやま) 魚の群れを狙う海鳥が集まっている状態。魚の群に下にはイワシなどの小魚の群れがいて、そこに捕食に来た大物がいることが多い。
トローリング(とろーりんぐ) 船を走らせ船尾から仕掛けについた疑似餌や生餌をを引く釣法。

釣り用語辞典

中潮(なかしお) 大潮と小潮の間の潮。
長潮(ながしお) 小潮回りの最終日。
流し釣り(ながしづり) 潮の流れに任せて仕掛けを流し、自然な状態にして餌を肴に食わせる釣り方。
凪(なぎ) 風も波もないおだやかな海の状態。
中通し竿(なかどうしざお) ガイドの代わりに竿の中に糸を通す竿。最近ではインナーラインと呼ばれる。糸絡みがないなどの特徴があるが調子など好みに合わない場合もある。
ナブラ(なぶら) 大型魚に追われて小魚が逃げ集まり、海面が盛り上がったりざわついた状態。

釣り用語辞典

二枚潮(にまいじお) 上潮の流れと底潮の流れの方向が違うこと。水中の仕掛がたわみやすくコントロールしづらいので釣りにくい。

釣り用語辞典

根(ね) 海底の岩礁のこと。沈み根、隠れ根を短略した言い方。
根かがり(ねがかり) 根にハリや仕掛けを引っかけること。
根魚(ねざかな) アイナメ、メバル、カサゴ、ハタといった海底の岩礁帯に生息する魚類のこと。
根ズレ(ねずれ) 仕掛けが海底の岩に擦れること。根には鋭い岩や貝殻が付いているので擦れてしまうと瞬時に切れる。
ねむり鈎(ねむりばり) ハリ先が内側に曲げられたハリ。根掛かりが少なく、ハリガカリする際も飲まれにくく口唇あたりにハリが掛かりやすのでハリスに傷が入りにくく魚をバラシにくいという特徴がある。
練り餌(ねりえ) 一般的には粉状の餌と水を混ぜ練り合わせて作る配合餌。磯釣や筏釣などではエサ取りの多い時期に使われる。
年なし(ねんなし) 最大級のサイズとなっていることで歳がわからないという魚を指す言葉。チヌ釣りでよく使われ、としなしと言う場合もある。

釣り用語辞典

納竿(のうかん) 釣りを終えることを指す。
乗っ込み(のっこみ) 産卵期を迎えた魚が深場から浅場へ近寄ること。この時期は産卵に備えて荒食いするため、釣りやすくサイズの良い魚もよく釣れる絶好のタイミングである。
のべ竿(のべざお) 本来は繋がない一本竿のことをいうが、現在では繋ぎ目のある振り出し式や並継ぎの竿でも、ガイドが付いていない竿などを呼ぶときはこう呼ぶ。
乗合い船(のりあいせん) 他人同士が一緒に乗り込む釣船のこと。
乗る(のる) 魚がハリ掛かりしたこと。

釣り用語辞典

場荒れ(ばあれ) 多くの釣り人が一時期に集中して竿を出したことにより乱獲で魚が減ってしまった状態。
ハエ(はえ) 磯の岩や岩礁。
ハエ根(はえね) 磯の先端から沖に張り出した岩。
配合エサ(はいごうえさ) 何種類もの素材を混ぜて作ったエサ。比重やバラケ具合をコントロールしてクワセエサを食わしやすい状態にする。
爆釣(ばくちょう) 予想以上に狙った魚が釣れること。
バース(ばーす) 船を係留する場所。
バッククラッシュ
(ばっくらっしゅ)
キャスティングが可能な両軸受けリールで起こるトラブル。スプールが回りすぎ余分な糸が出て絡むこと。
波止(はと) 防波堤あるいは船着場のことを指す。
早アワセ(はやあわせ) アタリに対していちはやく合わせること。
バラシ(ばらし) いったんハリに掛かった魚を取り逃がすこと。
ハリス(はりす) ハリを結ぶ糸。魚に近いところにあるため透明度が高く道糸よりも細い糸が使われる。
半夜釣り(はんやつり) 夕刻から深夜前までの夜釣りを指す。

釣り用語辞典

PEライン(ぴーいーらいん) 高分子ポリエチレンという非常に引っ張り強度に優れた繊維を編む、あるいは樹脂などでまとめて一定の太さにした糸。極端に伸びが少なく感度に優れているものの熱に弱いので結束時に注意が必要。繊維の編み方が進歩して4本編みや8本編みなどバリエーションが増えている。
引き釣り(ひきづり) 投げ釣りなどで、魚の着き場を探す目的や食い気を促すために、リールや竿を使って道糸をゆっくり巻きながら仕掛けを引いて釣る釣り方。
魚篭(びく) 魚を入れておくためのカゴ。昔は竹で編まれていたが最近では保冷効果のあるものなど様々な形態のビクが使われている。
ビシ(びし) オモリのこと。
ヒロ(ひろ) 両手を左右に広げた長さで、仕掛の長さや水深などでよく使われる単位。1ヒロは約1.5メートル。

釣り用語辞典

フカセ釣り(ふかせづり) ハリ一本で勝負する釣り方。足下から払う潮にコマセを打ち、ウキもオモリも付けていないサシエだけの鈎を流し込んで釣るシンプルな釣り。余分な付加物がなくコマセとサシエが同調しやすい理にかなった釣り。いつの頃からか、磯釣りでは小型の円すいウキを付けた軽い仕掛けで釣る釣りをフカセ釣りというようになった。本来のフカセ釣りの意味とは違うので、こだわる人はウキフカセともいう。特にガン玉を付けない軽い仕掛けを完全フカセと呼び、軽い仕掛けを好むグレ釣りでは多用される。
房掛け(ふさがけ) 一つのハリに虫エサを二~三匹以上つけ房状にハリ付けすること。
ブッ込み(ぶっこみ) 比較的重いオモリを使って足元に投げ込んで釣る方法。投げ釣りの一種。
ブラクリ仕掛(ぶらくりしかけ) 赤いオモリのすぐ下に、ハリが結んであるアイナメ釣に適した専用の仕掛け。
振り込む(ふりこむ) 仕掛けを水中に投げ込む行為のこと。
振り出し竿(ふりだしさお) 竿先から順番に次の太い部分に収納できる竿。

釣り用語辞典

船首(へさき) 船の先端付近のこと。
べた凪(べたなぎ) 波ひとつなく鏡のように穏やかな水面の状態。
ヘチ(へち) 堤防すぐ際や桟橋のもっとも端の部分。よく釣れるポイント。
偏光グラス(へんこうぐらす) 特殊なフィルターを使ったレンズを使ったサングラスで、特定の波長の光をさえぎるため海面の照り返しを抑え角度によっては水中が見られる。

釣り用語辞典

ボウズ(ぼうず) 魚が一匹も釣れないこと。オデコともいう。
穂先(ほさき) 竿の先端部分。
ポンピング(ポンピング) 竿の操作方法。大物が掛かった際に先に竿を立て、その後立てた分の道糸をリールを巻き取り魚を引き寄せてくる方法。

釣り用語辞典

撒き餌(まきえ) 魚を寄せるために撒くエサ。コマセ。
マズメ(まずめ) 日の出と日没前後の時間帯で魚の活性がたかまる時間帯。

釣り用語辞典

ミオ(みお) 海や川で船が通る道の部分。船の底が底に擦れないように水深が深くなっていることが多い。溝状に深くなっていることもあるのでミオ筋と呼ばれることもある。
幹糸(みきいと) 胴突き仕掛けでエダバリを結ぶとき幹となる糸。
水潮(みずしお) 大雨などで大量の真水が海に流れ込んで塩分濃度が下がった潮。コンディションとしてはあまり良いものではない。
ミゾ(みぞ) 付近の海底より一段落ち込んでいる場所。魚の通り道になるため好ポイントである場合が多い。
道糸(みちいと) 竿からハリスまでをつなぐ釣り糸。
見釣り(みづり) 水中の魚が餌を口にする様子を見ながら釣ること。
脈釣り(みゃくづり) ウキを使わい釣り方。人の脈を取るようにアタリを直接手で感じ取る釣り方。
ミヨシ(みよし) 船の先端のこと。船首。船尾はトモ。

釣り用語辞典

藻(も) 水温の下がる冬場から茂みはじめ、春を越えて潮の温む頃からちぎれて消えるケースが多い。

釣り用語辞典

ヤエン(やえん) 和歌山県を中心にアオリイカなどの沿岸部に多い以下を釣る独特の釣り方。道糸の先に味などの活き餌を付けて泳がせ、イカが抱いた後にピアノ線などを使って作られた掛けバリを道糸に掛けて滑り込ませ、イカに達した後に掛けて釣るという独特の釣りで用いられる。
夜光虫(やこうちゅう) 夜の海で緑色に輝くプランクトン。夜光虫が多いときは釣果が芳しくないことが多い。
矢引き(やびき) 手の先から胸あたりまでの長さを指す長さの単位。弓を引いた際の手の位置を指している。一ヒロのおよそ半分。
やり取り(やりとり) 大物や強い引きの魚を掛けたときに、糸が切られないように竿を操作する行為。

釣り用語辞典

夕マズメ(ゆうまずめ) 日没前後から暗くなるまでの時間。朝マズメと並んで釣りのゴールデンタイム。

釣り用語辞典

両軸受けリール
(りょうじくうけりーる)
巻き取るスプールの取り付け方と糸の出る方向が同じ向きのリール。構造上糸のヨレが少ないうえに巻き取り力が強い。また、ドラグの効きがスムーズかつ微調整ができるので引きの強い魚を相手に使うのに適したリールである。

釣り用語辞典

渡し船(わたしぶね) 釣り人を沖磯や堤防へ渡す船のこと。一般的には渡船(とせん)と呼ぶ。
割りビシ(わりびし) 割れ目が入ったオモリで、道糸やハリスに固定しやすくなっている。
ワンド(わんど) 河川や海などで周囲を囲まれるように入り込んだ地形の場所。


新製品情報製品紹介オンラインショップトピックス糸の結び方魚のさばき方モニター釣行記ユーザー釣行記会社情報リンク

Copyright © 2015 LINE SYSTEM. All rights reserved.